DAHON K3、DAHON Dove Plus、DAHON Dove Uno、14インチDAHONそれぞれどんな人にオススメか

R0010399

最近、14インチサイズのコンパクトな折りたたみ自転車が人気らしい。気がつけばDAHONからも3種類の14インチ折りたたみ自転車が発売されている。

  • DAHON K3
  • DAHON Dove Plus
  • DAHON Dove Uno

いったいどれを買えば幸せになれるのか?

 

スポンサーリンク

とにかく14インチでもしっかりと走りたい=DAHON K3

R0031497 2

 

タイヤ径が小さくなればなるほど、走りは不安定になる。スピードも出しづらくなる。

それでも、折りたたんで持ち歩き、出先でもある程度は走りたい!というわがままな要望なら、DAHON K3が良い。

他の2つと明らかに違うのは、DAHON K3だけが3速であるということ。走行状況に応じてギアを変更できるのは大きなポイント。

また、自転車の端から端まで(ホイールベース)が長めで安定しやすい。また、前傾姿勢になりやすい設計でスピードが出やすい。

「コンパクトに折りたためる、でも走るときはしっかりと」という欲張りな人にオススメしたいモデルである。

【試乗レポート】噂の14インチ7.8kgで3速のDAHON K3
【試乗レポート】噂の14インチ7.8kgで3速のDAHON K3
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。 14インチとタイヤが小さいけれど...

 

とにかく1gでも軽量化したい=DAHON Dove Plus

Dahon dove plus  2

 

公称6.97kg+ペダルというDAHONの中でも最も軽量なモデルである。3つの重量を比較したのが次の表。

車種

重量

DAHON K3

7.8kg

DAHON Dove Plus

6.97kg

DAHON Dove Uno

8.8kg

実際はペダルやライトなどを搭載するので、+1kgくらい。それでもDAHON Dove Plusはかなりの軽さで、成人男性なら、片手で苦なく持ち上げることができそうだ。

走行面では、シングルギアなので、坂道で若干の不安があるかもしれない。しかし、車体が軽いので、ちょっとの坂(例えば、歩道橋)ならそんなに気にならずに走ることができる。

車のトランクに収納しっぱなしでも良さそう♪

【試乗レポート】重量わずか6.97kg、DAHON Dove Plusはやっぱりプラス
【試乗レポート】重量わずか6.97kg、DAHON Dove Plusはやっぱりプラス
みんな実は期待していますよね?DAHON史上最軽量6.97kgと軽さをアピールしているあの自転車です。 DAHON Dove Plus  ...

 

とにかく値段を抑えたい=DAHON Dove Uno

R0000214

 

予算が問題ならDAHON Dove Uno。他との値段比較は次の表。

車種

値段

DAHON K3

82,000円

DAHON Dove Plus

78,000円

DAHON Dove Uno

51,000円

*いずれも2018年7月現在。税別。

折りたたみ自転車でコンパクトなものが欲しいが、予算が……という心配ならば、抜きん出て安いのがDAHON Dove Uno。

ただし、走行性能が……とか、重い……とか、あとあと不満を言うのはやめよう。

14インチの小径車DAHON Dove Unoに試乗してみた!
14インチの小径車DAHON Dove Unoに試乗してみた!
2017年モデルからDAHONに登場したモデルがある。それは14インチのDAHON Dove Uno。 私がこのブログで発売をリクエストした...

 

おまけ

DAHONをやめてRenaultという選択肢もある。

Renaultの軽量折りたたみ自転車が7kgらしい
Renaultの軽量折りたたみ自転車が7kgらしい
65,000円+消費税で購入ができる超軽量の折りたたみ自転車があるらしいです。そのブランドは   Renault   多くの人がRenaul...

また、14インチをあきらめて16インチという選択肢もある。

徹底比較!折りたたみ自転車DAHON16インチモデル!Curve D7とPresto SLとEEZZ D3のどれがおすすめ?
徹底比較!折りたたみ自転車DAHON16インチモデル!Curve D7とPresto SLとEEZZ D3のどれがおすすめ?
DAHONの2016年は16インチモデルが充実している!!!3種類もあるのは久しぶりだ。やっぱり贔屓目に、   「DAHON Curve D...

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。これだけ14インチを盛り上げるなら、14インチ専用公式輪行袋があってもよいのでは?と思ってしまう。