DAHON Speed D8 StreetとDAHON Speed falcoの違いについて整理した

Dahon speed

何度も書いているけれど、DAHONの日本代理店は2つある。アキボウと武田産業。

代理店が2つ存在することで、同じようでちょっと違うモデルが存在するのだ。

(本当に代理店が2つとかややこしいぜぃ……ブツブツという話は置いといて)


今回取り上げるのはDAHON Speedシリーズ。

 

アキボウから発売のモデルがDAHON Speed falco。そして、武田産業から発売のインターナショナルモデルがDAHON Speed D8 Street。名前だけでは、その違いがわからない。

両代理店から発売されているが、どのような違いがあるのだろうか。

 

スポンサーリンク

DAHON Speed falcoとDAHON Speed D8 Streetの違い、その1:タイヤサイズと種類

性能面において、最も大きな違いはタイヤサイズ。同じ20インチでもDAHON Speed falcoは451サイズという大きいサイズを選択している。

タイヤが大きい分、加速性能は若干劣ると思われるが、走り出してからは速度維持がしやすいと思われる。

一方で、DAHON Speed D8 Streetは標準の406サイズである。こちらは451よりも小さいので加速性能が良いとおもいきや、なんとSchwalbe Big Appleという幅2インチ(50mm相当)の極太のタイヤを標準装備している。

 

R0009942

↑迫力抜群!Schwalbe Big Apple

タイヤが小さいけれど、重い&太いので、加速性能に差は少ないと思う。

タイヤ種類よりも大事なことはタイヤサイズ。将来的にカスタマイズをしようとした時に、406なのか451なのかは大きな違いとなってくる。タイヤの違いは交換できるけれど、タイヤサイズを変更するのは難儀でムリクリとなる。

大きいのがよいか、コンパクトがよいかをよく吟味したいところ。

まさか20インチタイヤにも2種類あるとは!!406とか451とか自転車規格は意味不明ですね!
まさか20インチタイヤにも2種類あるとは!!406とか451とか自転車規格は意味不明ですね!
今日はとってもマニアックな話。20インチの自転車タイヤについてなんだけれど、実は直径が2種類あって互換性がないんですよ!さあ、あなたの感覚は...

 

DAHON Speed falcoとDAHON Speed D8 Streetの違い、その2:シートポストと重量

スペック表を見比べてみると、シートポストに大きな違いがあるようだ。

DAHON Speed falcoはアキボウモデルの上位モデルに搭載されているDahon Super Light Aluminumが利用されている。このパーツを用いることで軽量化を進めているようだ。

また、先に述べたタイヤ種類の違いもある。Schwalbe Big Appleは重いのだ。よって、総合的な重量差は

  • DAHON Speed falco 12.0kg
  • DAHON Speed D8 Street 12.4kg

400gの違いがある。最もこれはカタログでの違いである。パーツ交換をすれば、その差はなくなると思われるが、標準装備で利用するなら400gはかなりの違いだ。

 

DAHON Speed falcoとDAHON Speed D8 Streetの違い、その3:シフターとギア比

R0000273

さらに、カタログを凝視して気がついたことがシフターの違い。

となっていて、DAHON Speed D8 Streetの方が1ランク上のモデルを利用している。

もっとも、グレード差によって体感できるほどの違いはないかもしれない。しっかりメンテナンスをしているかどうかの方が大事なのは間違いない。

また

  • DAHON Speed falco = 11-32T
  • DAHON Speed D8 Street = 11-30T

とDAHON Speed D8 Streetのほうが、わずかばかりだがギア比が小さい。『Street』という名前が示す通り、街中利用が想定されていて、軽いギアは必要ないと判断されているのだろう。

それ以外にも、微妙に利用しているパーツは違うようだが、大差はなさそうだ。

 

DAHON Speed falcoとDAHON Speed D8 Streetの違い、その4:色センス

結局のところ、色が最も大きな違いである!

色は毎日のように目にする。その色が気にいるかどうかは所有欲を掻き立てるかどうかに大きく影響すると思われる。

DAHON Speed D8 Streetのリアフレームは黒で統一されている。つまり、フレームのフロントとリアで色がツートンになっているのだ!

このツートンカラーは格好いい!と思うかどうかは購入の決め手になるだろう。

 

まとめ

タイヤサイズの違いと色だけはカスタマイズではどうにもならない。100,000円近い買い物になる。よく吟味したいところだ。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。定期的に訪れるのが自転車カスタマイズをしたくなる病気。思わずポチポチと購入してしまった。近々レビューしたいと思っている。