「折りたたみ自転車、どれ買えば良いの?」という質問に答えます!

R0030654

 

折りたたみ自転車を買おうかな?と思っている人から質問をよく受ける。少しでも参考になればと思って、そんな人との対話を紹介するよ♪ どんなモデルがあって、それぞれどういう特徴があるのか。どこで買えば良いのか。そういうことに答えます!

 

スポンサーリンク

折りたたみ自転車、予算は19,800円でいいよね?え?

友人「折りたたみ自転車を買おう!と思っているんだ、マニアックなブログを運営している君に相談があるんだが。」

私「おぉー、ついに折りたたみ自転車購入する気になったかー!」

友人「で、何を買えばいいの?」

私「予算は?」

友人「20,000円。」

私「その予算では買うことができないよ。ホームセンターで売っている19,800円!というのを買うと、走行性能も低くて重い。ビミョーすぎる。使い捨てバイクと言っている人もいるくらいだから。」

友人「じゃあ、50,000円でどうよ?」

私「うーん、DAHONの廉価モデル一択となってしまう。もう少し予算なんとかならない?」

 

代表的なのはBROMPTON

友人「それなら予算度外視で、どんなのがあるか教えてくれ。」

私「代表的なのはBROMPTONだ。イギリス製で、折りたたみサイズはコンパクト!よく考えられたデザインだね♪色も豊富にそろっているし、仕上げも丁寧。きっと満足のいく製品だと思うよ♪」

友人「走行性能はどうなの?」

私「意外にもよく走る。クロモリという材質を使っていて、走行中の振動も少なめなんだ。最初はタイヤの小ささ(16インチ)に戸惑うかもしれないが、すぐに慣れる。小径車とは思えないくらい、よく走るよ。」

友人「BROMPTONで決まりだね!」

私「それが、注意点が2つある。ひとつは重いということ。クロモリを使うと、どうしても重くなってしまうんだ。12kg以上あるので、走行中はいいけれど、折りたたんで電車に乗せる(輪行する)にはちょっと重いかも。」

「これは買うしかないでしょ!?」折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想
「これは買うしかないでしょ!?」折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想

友人「もう一つの注意点は?」

私「6速までということ。市街地を走る分には全く問題ないが、ヒルクライムをするのにはちょっと向いていない。」

友人「まあ、折りたたみ自転車でヒルクライムは普通しないでしょ……。」

DSC 6923

↑BROMPTON

 

BROMPTON対抗馬はBirdy

友人「対抗馬はなにがあるの?」

私「Birdy。以前はBD-1と言われていたが、代理店変更に伴って(大人の事情で)呼び名がかわった。この自転車は折りたたみ方法が工夫されてフレームダメージが軽減されるようになっているよ♪」

友人「なんだか、メカメカしいね」

私「それが、人気なんだよね。理系心をくすぐるというか。多くのカスタマイズ愛好家がいるよ」

友人「特徴は?

私「18インチでBROMPTONよりも一回り大きいタイヤ径。最初から20インチに変更できるように設計されている。改良を重ねているので、モノコックフレームと呼ばれているモデルは、走行時の安定味がかなり改善されている。BROMPTONよりも折りたたみサイズは大きいけれど、走行性能は上回るね♪」

友人「値段は?」

私「うーん、安いモデルでも150,000円以上する(^_^;)」

DSC 8443

↑BD-1(Birdy)

 

幅広い価格帯のDAHON

友人「折りたたみ自転車って高いんだな。もっと安いのはないのか?」

私「あるよ。DAHON。DAHONは50,000円くらいから200,000円以上するモデルまで、幅広く対応している。価格が大きな購入ポイントなら検討の余地はある。」

友人「50,000円でいいかなぁ?問題はあるの?」

私「あまりにも普及していることかなぁw 多くのブランドにライセンス提供しているので、ホームセンターの折りたたみ自転車とDAHONが同じ折りたたみ方式&見た目ということが多い。

友人「確かに価格は魅力的だが、人とかぶるのはイヤだなぁ。」

R0030371

↑DAHON

DAHONが考える折りたたみ自転車をおすすめする5つの理由【翻訳】
DAHONが考える折りたたみ自転車をおすすめする5つの理由【翻訳】

 

私「さらに2018年に登場したDAHON K3は注目。14インチモデルで7.8kgと軽量。小さいのに、結構走行性能がいいと話題になっているよ。私も実際に試乗してみたけれど、確かに14インチにしてはよく走ると感じた。」 

【試乗レポート】噂の14インチ7.8kgで3速のDAHON K3
【試乗レポート】噂の14インチ7.8kgで3速のDAHON K3

 

さまざまな折りたたみ自転車ブランド

友人「他の選択肢にはどういうのがあるの?」

私「Tern。Tern Verge N8というのが大ヒットモデルだね。また、Tern Vektron S10という折りたたみ電動アシスト自転車も話題となっているぞ。」

友人「DAHONと似ている?」

私「たしかに。DAHONの創業者の息子が独立して設立したブランドだからね。しかし、現在は結構特徴の違いがあると思うよ。」

DAHONとTernって何が違うの?という疑問を7つにまとめてみた
DAHONとTernって何が違うの?という疑問を7つにまとめてみた

 

オススメは国産ブランドのTyrell

友人「オススメはズバリ!?」

私「Tyrellを強くお勧めしたい。その走行性能は絶対に満足すると思う。なによりも格好いい!」

DSC 8065

↑Tyrell FX

 

私「Tyrellの折りたたみ自転車は全部に試乗した。そのまとめ記事も参考にして欲しい。」 

https://dahondego.com/2018/02/18/folding-bike-tyrell-catalogue/

友人「いろいろあって迷うね。何を基準に選べばいいかわからなくなってきたよ」

私「そういうときは、やっぱり見た目でしょ!見た目が気に入らないならやめるべし!」 

友人「なるほどー。」

私「やっぱり、格好いい!とか可愛い!と思えるものを選ぶべきだと思うなぁ。プロダクトマネージャーの渋谷さんにインタビューをしてから、ますます好きになってしまった。」 

【自転車人へインタビューvol1】Tyrellプロダクトマネージャー渋谷和久氏が語る製品へのこだわり
【自転車人へインタビューvol1】Tyrellプロダクトマネージャー渋谷和久氏が語る製品へのこだわり

 

購入前のアドバイス

私「そして、最後にもう一つアドバイス。」

友人「なに?」

私「実店舗で買うべし。」

友人「amazon.co.jpでポチじゃダメなのか?」

私「自転車は買ってからがスタート。メンテナンスの必要性が絶対にあるから、ちょっと自宅から遠くても信頼できるお店で購入するべし!」

友人「自分でメンテナンスしようかと……。」

私「それでもプロのアドバイスがあったほうが絶対にいい!千葉県なら『橋輪』さんや『街の自転車屋さん「believe」』さんをお勧めするよ♪」

友人「わかった。今度行ってみるよ。」

私「ミニベロの試乗レポートも参考にしてね!w」

【試乗レポート】全部乗りました!ミニベロ折りたたみ自転車全26種!!
【試乗レポート】全部乗りました!ミニベロ折りたたみ自転車全26種!!

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。迷っているのも楽しいですが、買ってからがサイクリングライフのスタートです♪早く買いましょう。

コメント

  1. Mako より:

    Kayさま

    先の質問の際には丁寧かつ判り易く教えて戴きありがとうございました。
    さらに、こちらの記事と“折りたたみ自転車を運ぶ?輪行?何kgなら運べるの?”は大変参考になりました。
    とても参考になる記事を上げて戴いたのにお礼が遅くなりすみません。
    実はいつも仲良くさせてもらっている年の離れた友人にちょっと折り畳み自転車の話をしたんですが、
    友人も買う気になりまして、買うなら一緒に買いに行こうという運びになり、まだ手に入れられてません。
    友人にこちらのブログを紹介したところ、Birdyが気に入ったようです。
    ただ、重さを取るか気に入ったデザインを取るかで迷ってるみたいです。
    重さで取るならFSXだけど、IVEの専用リアキャリア装着画像がデザイン的に気に入ったみたいで…。
    私が最初に買うのはtern VERGE N8に決めましたが、この2種類を同じ日に買って持って帰ることが出来そうな所を探して、スケジュールを合わせて買いに行くつもりです。
    しかし、友人が買う気になったのはちょっと予想していなくて、ちょっと嬉しかったです。
    Kayさまのブログを拝見していて確か、欲しいと思ったらあまり悩まず買ってみる的な
    アドバイスをみて、それだ!と思いましたが、
    折角友人も一緒に折り畳み自転車に興味を持ってくれたので、ここはFSXかIVEかの選択を待って買いに行くつもりです。でも、GW出掛ける先に持って行くつもりなので少し巻きで選んでもらわないと(笑)
    購入する時にメンテナンスなどの話を忘れずに伺いたいと思います。
    買うまえでも十分楽しい気分になれるので、購入が待ち遠しいです。
    それでは、また長く書いてしまったのでこの辺で。
    朝早い時間から失礼しました。

    • Kay より:

      Mako様

      ご丁寧にご連絡いただきありがとうございます。
      また、友人にもご紹介いただいたとのことで、御礼申し上げます。

      Tyrell FSXとIVEでは値段だけでなく、タイプが随分と違いますね。
      FSXはドロップハンドルで利用することが多く、スピード性能を重視したモデルであると感じます。
      一方で、IVEは最初の一台にふさわしく乗車姿勢もアップライトであるために乗りやすいと思いますよ

      購入してすぐに自転車を渡すということは納車整備をしないお店である可能性があります。
      または納車整備済みのものを店頭にならべているなら問題ないのですが。。。

      折りたたみ自転車利用法についてのガイダンスを行なっているかどうかも
      お店を選ぶポイントです。
      購入から納車までの時間を聞いてみてください。お店によっては2時間以上をかけます(ハクセンとかね)

      なお、FSXは色選択によっては購入してすぐに納車とはならないと思います。1ヶ月以上かかるかもしれません。
      また、IVEも店頭在庫がない場合は取り寄せになりますので、
      GW利用を前提としているならば、事前に納期を電話確認しておくのがよいかと思いますよ。

      素敵な自転車と出会えるといいですね!
      いつかどこかでいっしょに走りましょう!