ミニベロに最適か?SHIMANO 105の新モデルR7000が発表されましたよ!

r7000groupset

SHIMANOから待望の新コンポが発表されました!!! キターーーーー!!!予想通り、型番R7000となった新型105。さっそくどんなモデルなのか?折りたたみ自転車(ミニベロ)に向いているのか?レポートをしたいと思う。

*写真は公式サイトより許可を得て掲載。

 

スポンサーリンク

SHIMANO 105 ST-R7000

st-r7000

STIは今回は3種類発表されている。通常のワイヤーでキャリパーブレーキを引くタイプだけでなく、油圧ブレーキを引くモデルがある。

さらに、油圧用は通常サイズと小型のものが用意されているようだ。女性や手の小さな人でも扱いやすいように設計されているということ。

折りたたみ自転車ユーザーとしては油圧を使うことはあまりない。よって、ワイヤーを引く従来のタイプがどの程度軽いかに興味がいく。

5700から5800シリーズにアップグレードしたときは劇的に引きが軽くなったが、今回はどうなのだろう?

 

SHIMANO 105 RD-R7000

rd-r7000

Ultegraと同じようにシャドータイプのリアDとなった。予想通り。ロングとショートの2種類が用意されているのもUltegraと同じ。このデザインは折りたたみ自転車で輪行するときに、ちょっとだけコンパクトになるので便利(と信じている)。

 

SHIMANO 105 CS-R7000

cs-r7000

12-25, 11-28, 11-30, 11-32に加えて、11-34も用意されている。なんと11-34は10速用のホイールに搭載することもできるようだ!

写真で見る限りは材質が表面処理されているようにも見えるが……。

11-25が存在しないのが残念。

 

SHIMANO 105 FC-R7000

fc-r7000

笑ってしまうくらい予想通りのデザインだ!

Fc r7000 maybe

↑予想デザイン、けっこう良い線だった。

160mmという短いアームのクランクも発表されている。これで、子供用の自転車にも105を搭載することが可能。え?

ところで、裏面はどうなのだろう?現行モデルは軽量化を図るために肉抜きされているが、R7000も肉抜きされているのかな?未確認。もし肉抜きされているとすると、掃除面倒だな。

 

SHIMANO 105 BR-R7000

br-r7000 

キャリパーブレーキもUltegraと同じように28cのタイヤに対応した。今までもネジの締め具合を調整することで、28cタイヤの着脱は可能だったが、新型からは、調整しないでも着脱可能だと思われる。28cタイヤを利用することが多い折りたたみ自転車乗りとしては嬉しいポイント。

 

SHIMANO 105 R7000の色

最も嬉しいニュースは黒だけではなくシルバーも用意されていることだ!自転車のフレームによっては黒いパーツよりもシルバーが似合いそうなものがある。

カスタマイズ大好きが多い折りたたみ自転車利用者としては色の選択肢があるのは非常に嬉しい!

 R0030662

↑Tyrell IVEを11速化するなら新型105のシルバーが似合うかも!?

 

SHIMANO 105 R7000をまとめると?

ポイントを簡潔にまとめると次のようになる。

  • DURA-ACE、ULTEGRAで変更された箇所を踏襲
  • 従来通りの黒&シルバーの2色展開
  • 現行モデル5800よりも、ちょっと値下げ(されそう)
  • 材質や重量は未発表 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。重量や日本円価格や材質が発表されたら紹介しますね♪

えふえふぶろぐ』さんでも105 R7000について話題にしている。仕事早いな!

 

コメント

  1. 通りすがりの改造フェチ より:

    105のbr-5800は元々28c対応でしたよ。
    アルテ6800は25cまで対応って言われていて28cとかつけるとアームにタイヤがたまに擦れてましたね。
    5800、6800、8000を3つとも持ってて前に試しました。

    • Kay より:

      通りすがりの改造フェチさん

      コメントありがとうございます!
      実際私も5800で28c使っています。
      でも28c対応は正式ではなかったような?
      キャリパーの横レバーを回すだけで着脱できるようになって正式対応だったと記憶しています。
      間違えていたらごめんなさい。R9100のときにシマノは盛大に28c対応!と言っていた記憶があったもので。