【試乗レポート】Tyrellの公式カスタマイズモデルTyrell IVE Sports Completeとは?

R0030628

サイクルモード2017で発表されてからずっと気になっていたTyrell IVE Sports Complete。いつも愛用している折りたたみ自転車Tyrell IVE。


そのカスタムモデルをTyrell自らが発売するとは!

 

縁あって、横浜にあるオシャレ自転車屋『グリーンサイクルステーション』さんで試乗する機会に恵まれたので、体験レポートをさっそくお届け♪

 

スポンサーリンク

そもそもTyrell IVE Sports Completeとは?

R0030626

愛用のTyrell IVEは、いままでスポーツバイクに乗ったことのない人でも気楽にサイクリングができるように開発されている(と思われる)。

ロードバイクのような前傾姿勢が求められることもなく、快適な姿勢で乗ることができる自転車。そして折りたたみ自転車とは思えないしっかりとした走り。

しかし、その『快適』がストレスとなってしまうこともある。もっとスポーテイーに前傾姿勢で走りたくても、なかなかかなわない。

スポーツライドをこなせる性能があるのだから、それを生かして、さらに軽快でスポーツ性を持たせた走行を楽しめるようにできないか?

グリーンサイクルステーションさんの公式サイトより

そんな思いから開発がはじまったのが、Tyrell IVE Sports Complete!

 

標準のTyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い

実際どのような点が特別モデルなのだろうか。主な違いは8つある。

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その1:ハンドルポスト

何よりも大きな違いはハンドルポストにある。ハンドルポストが前に倒れているので、乗車時に前傾姿勢になる!

前傾姿勢がスポーツモデルにふさわしい仕様だといえる。

標準のTyrell IVEでもステム追加することで、ハンドル位置を前にすることができる。しかし、ステム追加=重量増となってしまう。

その点で言えば、このハンドルポストを利用すれば、ステムなしで前傾姿勢を取ることが可能だ!

画期的なように聞こえるが、デメリットもある。ハンドルポストだけが前に傾いているので、シートポストと並行ではない。逆ハの字になっている!

これが見た目のデザインを損なっていると感じるのだが……。(個人意見です)

R0030632 2

↑逆ハの字

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その2:シートポスト

R0030631

シートポストが軽量化されている。350gくらいと思われるシートポストは異様な軽さで、ダンシング(立ち漕ぎ)したときに体感できる。

これだけ別途購入すると15,000円くらいする涙

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その3:サスペンション

R0030629

サスペンションがエラストマーからスプリングに変更されている。

ちょっと乗っただけでは(鈍感な)私は違いを理解できない。しかし、30kmくらいを走ると、明らかに疲労感がちがってくる!(はず)

これも別途購入可。13,000円くらい。

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その4:タイヤ

Schwalbe Kojakを使用している。このタイヤを選択するだけで別次元の走りになるのはすでに体感済み。スポーツモデルということであれば、妥当な選択だ!

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その5:ホイール

走りの違いに大きく繋がるホイール。ホイールがグレードアップしている。高速走行での安定味につながって走りやすくなっている(と思われるが鈍感な私はわからない涙)

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その6:チェーンリング

R0030633

より高速走行ができるように、チェーンリングが52T→56Tとなっている。私のような貧脚だと52Tで困ったことない……(^_^;)

きっと若いパワフルな人はガンガン踏めるのかな!?

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その7:フェンダー

スポーツモデルにフェンダー(泥除け)など不要だぜぃ!と意気込んでいるのか、フェンダーが付いていない。結果としてすっきりとした見た目&軽量化となっている。

雨上がりなどは汚れますよ( ̄ー ̄) 黒だから汚れ目立ちますよ( ̄ー ̄)

でもフェンダーないと格好いいよなー!(ちょっと僻んでいる)

 

Tyrell IVEとTyrell IVE Sports Completeの違い、その8:価格

パーツ変更に伴い定価に違いがある。

  • Tyrell IVE = 148,000円+税
  • Tyrell IVE Sports Complete = 165,000円+税

Tyrell IVEの標準モデルをカスタマイズするよりは安い。

 

Tyrell IVE Sports Completeの走行性能

スポーツモデルの名にふさわしく、スピードに乗った走りをする。軽量化していて無駄な肉を削ぎ落としたアスリート。しかし、快適性を損なうことないバネなどの配慮。

実に快適さに磨きがかかった自転車と言える!

値段差があっても、スポーティーな走りを楽しみたいなら十分選択肢にいれてよいと思う。

(危ないけれど)両手離しをしても安定して走る。

 

R0030635

↑もちろん折りたたみ可能です♪

 

まとめ

値段差を考えると、十分メリットの大きいモデル。さすが公式カスタマイズモデル!

しかし、ハンドルポストの角度変更だけは個人的な好みとは外れてしまうなぁ〜。ハンドルポスト選択できるようにしませんか?

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。そういえばTyrell IVE SEというのが発表されていましたね。発売が待ち遠しい♪

試乗の機会をご提供いただいた関係者の皆様、ありがとうございます!