サイクリングでサイクルウェアを着なければいけないのか?

春になるから、サイクリングを始めよう!もしくは再開しよう!と考えている人も多いのかな?そこで、誰もが思っている疑問がありますよね!?つまり

 

サイクリングでは、サイクルウェアを着なければいけないのか?

サイクルウェアって

「値段が高い!」

「派手すぎる!」

「薄手すぎる!」

「ピチピチすぎる!」

それぞれについて言及してみよう。

 

スポンサーリンク

値段が高い!

そう、サイクリングジャージは高級品です。お店によくあるシマノ、パールイズミ、カステリなどのブランドから発売されているジャージはどれも良い値段。10,000円くらいする。KapelmuurやRaphaに至ってはびっくりするような高級品。

もちろん高いのにはそれなりの理由がある。発汗性能が良いとか、デザインが工夫されているとかもあるけれど、流通数が少ないから高くなってしまうという事情もあるわけで(^_^;)

インターネット上にはもう少し安いものもある!

↑Santicとかどう?(amazon.co.jpリンク)

 

派手すぎる

私はまさにこれを感じた。はっきりいってサイクリングジャージは派手すぎる。公道での視認性を高めるという理由は理解できるのだが、もう少しなんとかならないか!?

最近は単色や地味目なものもあるので、それでも問題ないと思う。ただし、真っ黒は視認されづらく危険だから、特別な理由がない限り避けたほうがよい。

 

0050 xlarge 

↑なるべく明るい色を選んでいるが派手なのは苦手であり……。

 

薄手すぎる

え?こんな薄いので大丈夫?と思うかもしれない。しかし、スポーツバイクで走ることは運動なので、実に合理的であるということに気づくはず。一般人が考えているよりも圧倒的に汗をかくのがサイクリングだ。

温度と合わせての上着選択については以前にまとめた。

秋冬のサイクリングウェアは4種類で大丈夫です!
秋冬のサイクリングウェアは4種類で大丈夫です!

 

ピチピチすぎる!

え?こんなにスタイルがバレるものなの?と悩みながら、「そういうものだ」と思いながら買う人がいるらしい。私からの助言は

 

無理しなくていい!

 

お腹ぽっこりのサイクリストとか、レストランでタイツ姿のサイクリストとかちょっと違うと感じることがある。弱虫ペダルの影響かどうかはわからないけれど、自転車に乗る=ピチピチのウェアという印象ができつつあるが、そんなに無理しなくてもいいのにと思う。

 

R0000137 

↑私はnarifuriのパンツを愛用している

 

さいごに

サイクルウェアを着てはいけないというわけではない。ただ、無理して着なくてもよいのかな!?スカートというわけにはいかないけれど、自分の好きなウェアでよいのではないかと。 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。