【時代は電動アシスト自転車!】BESV PS1は素晴らしい乗り心地を提供するミニベロ!

R0030390

最近自転車関連のイベントに参加をすると感じることがある。それは、時代は電動アシスト自転車に追い風が吹いているということ。

先日のさいたまサイクルフェスタでも多くのモデルが紹介されていたが、その中でも、ひときわ目立っていたBESV PS1を紹介するよ!

R0030392

 

公式サイトはこちらより

 

スポンサーリンク

BESV PS1の特徴、なんといっても格好いい

BESV PS1はなんといっても格好いい。バッテリーさえもカラフルにして、形も工夫することで、全体デザインに溶け込んでいる。バッテリーを「でん!」と、とりあえず付けた電動アシスト自転車にありがちな雰囲気がない。

R0030400

↑カラーバージョンがあるバッテリー

 

R0030401

↑外してもあまり違和感ないですよね!?

 

BESV PS1のスペック、乗り心地重視!

なんといっても乗り心地重視と感じる。快適な乗り心地はMTBのようだ。

太いタイヤSchwalbe Big Apple

R0030403

自転車が重くても、アシスト性能があるので、ギュンギュンと進む。また、アシスト機能で急発進することも多いので、後輪タイヤには特に負担がかかる。

そこで、太くてしっかりとしたタイヤが採用されている。太いタイヤを選ぶことで乗り心地も快適になっている!

 

ディスクブレーキ

R0030388

電動アシスト自転車はどうしても車体重量が重くなってしまう。しっかり止まることができないと危ない。そこでディスクブレーキの搭載。油圧ブレーキ採用でしっかりと止まることができる。

 

フレーム素材=カーボン

R0030391

少しでも軽量化しようと、そして乗り心地を良くするためにカーボン素材が使われている。試乗コースだけではカーボンの恩恵を感じることができなかったが、長距離走行をしたときに体への負担が少ないはず。

*アルミフレームのモデルもあり

 

前後サスペンション機能

R0030393

前後にサスペンションを備えている。振動を吸収して、乗り心地向上に貢献していると感じる。フレームダメージ軽減もありそうだ。 

 

BESV PS1の弱点=折りたためない

格好いいBESV PS1の弱点は折りたためないミニベロであるということ。折りたためない、そしてホイールベースも長いので、車輪行(6 wheels)でさえもやりづらい。17kg以上あるので、電車輪行するには重すぎる。

自宅スタート&自宅ゴールが基本的な利用方法となってしまう。

関係者の話だと、折りたたみ機能が欲しいという需要は多いとのことなので、もしかしたら開発されるかも!??

R0030396

↑シートポストを下げることはできるが

 

R0030397

↑ハンドルポストは下げることができない

 

BESV PS1の想定される利用

電動アシスト自転車で格好いい!ということを活かした利用が良いと思う。

家族や友人などでいつも自転車に乗らない人とのサイクリングで貸し出すというのはどうだろう?

日頃から走っている人と、普通の人では体力が違う。結果として一緒に走ることは困難となってしまうが、電動アシストがその力量差を埋めてくれる!自分は通常のスポーツバイクで懸命に走り、連れはBESV PS1でオシャレに走る。きっと楽しいサイクリングになるよ♪

 

まとめ

  • BESV PS1は格好いい
  • BESV PS1はよく考えられたスペックで乗り心地抜群!
  • でも折りたためない
  • 貸し出し用自転車として利用しては?

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。電動アシスト自転車の本命としてBROMPTONの日本モデルを待ち望んでいる!

電動アシスト式BROMPTON (ブロンプトン)が発表されました!日本対応が待ち遠しい
電動アシスト式BROMPTON (ブロンプトン)が発表されました!日本対応が待ち遠しい
BROMPTONに憧れる。定期的に「購入したい!」という強い思いが湧き上がってくるのだが、今回も興奮するニュースがイギリスよりもたらされた。...