春はすぐそこ、サイクリングの準備をしよう!

三寒四温。その言葉が示す通り、少しずつ暖かくなってきていると感じる。東京では本日も雪が降っているが、それでも、どこか暖かさを感じるのは気のせいか。

北陸や北海道では冬将軍には勝てずにサイクリストも冬眠せざるをえないけれど、それもそろそろ終わり!?
 

「さあ、サイクリングに出かけよう!」

 

と思って久しぶりに走ってトラブルとならないように、下準備についていくつかポイントをあげてみたので、参考になれば。

 

スポンサーリンク

自転車のオーバーホール

IMG 1167

ずっと走っていなかった自転車。最後に走ったのはいつ?という人もいるかもしれない。再スタートする前にいちどオーバーホールをするのがよいのでは?

出発前のABCにしたがって、パンクチェック、ブレーキチェック、チェーン注油は当然として、変速やネジの緩みなども見直しておきたい。

自転車店に持って行きプロの診断を受けるのも良いかもしれない。購入店なら快く引き受けてくれるだろうし、購入していないお店でも、まぁたぶん大丈夫(^_^;)

真冬も走り続けていた人は別として、久しぶりにサイクリングをして大事故にならないように、自転車整備をしよう!

 

自分自身の調整

冬場は寒いので運動量が減っている人は多いのではないだろうか。

「こたつでぬくぬくしている方が快適」

という意見には賛同してしまうw 運動からしばらく遠ざかっていた人が突然に走り始めると、以前とは異なるはずだ。

心肺機能が追いついていなくて、息切れする。

久しぶりの運動で翌朝全身筋肉痛とか。

感覚が狂っていて思わぬ事故とか。

そういうことを防ぐために、復帰するときは10-20kmくらいのショートコースがオススメ。いきなりの山登りや100kmのサイクリングは控えるという大人の判断が欲しい。

『FRAME』でも短距離サイクリングのオススメコースが特集されていた。

特に私のような若者と勘違いしている人が突然復帰すると、大事故につながってしまう!

体幹トレーニングをしてみるとか?

快適なサイクリングのために体幹トレーニングのプランクをはじめてみた
快適なサイクリングのために体幹トレーニングのプランクをはじめてみた

 

目的地を決める

DSC 7907

これは春先での復活に限ったことではないけれど、胸がときめくような目的地を設定したい。ただし、桜を見に行くのはやめた方がよいと考える。

桜見物は、みんなが同じことを考える=混雑必至だから。

川沿いの菜の花とか、ちょっと遠くのカフェなどが妥当だと感じる。

東京&千葉&埼玉の方ならば、千葉県流山市オススメですよ♪

【カフェ tronc】たまには江戸川サイクリングロードから寄り道してみませんか?
【カフェ tronc】たまには江戸川サイクリングロードから寄り道してみませんか?

 

まとめ

自転車の準備

自分自身の準備

目的地は桜を避ける

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。個人的には鬼怒川、小貝川などの関東北部へ挑戦してみようかと企画しているが、情報求む!w