全車種を飾りたい、Tyrell(タイレル)折りたたみ自転車全6種類の紹介!

R0000171

私が愛してやまないブランドTyrell。何と言ってもクール。格好いい。そんなTyrellも様々なモデルがあるので、ここで一度整理をしておきたいと思う。

今回はTyrellの中でも折りたたみ自転車限定の話。Tyrellで発売されている全ての折りたたみ自転車を紹介!

 

スポンサーリンク

Tyrell XF、それは最高級の折りたたみ自転車

R0000169

いきなり高嶺の華となっているモデルから紹介。試乗車でしか見たことがないTyrell最高級のモデル。それもそのはず、Tyrell誕生10周年記念に世界限定50台で生産された、それがTyrell XF。

チタンフレームにカーボンパーツ、Dura-Ace Di2で構成されたコンポーネント、そもそも電動コンポしか搭載できない仕様(^_^;)

なによりも驚きなのが、その値段。1,250,000円というビックリな折りたたみ自転車。いつか部屋に飾りたいw

試乗レポートは以前に書きましたよ♪

その値段はなんと1,250,000円!クレイジーな折り畳み自転車Tyrell XFに試乗しましたぁーー!!
その値段はなんと1,250,000円!クレイジーな折り畳み自転車Tyrell XFに試乗しましたぁーー!!
私はTyrellのファンである。Tyrell IVE、Tyrell FX、Tyrell CXなどは長期利用レポートを書いている。メーカーの人...

 

Tyrell FSX、高級なスーパーカー

R0000193

折りたたみ自転車とは思えない軽さ、コンポやホイールの選択次第で8kgくらいのモデルとなる、軽量アルミフレーム。フレーム単体販売もされていて180,000円。

三角形状のフレームはとてもエレガントであり、ついつい眺めてしまう。その不思議な魅力はなぜだろう???どうしても惹きつけられてしまうモデル!

上記のXFが限定モデルなので、FSXが事実上の最高級モデルといえる。

 

詳細は、標準モデルのFXとの比較記事を参照のこと

Tyrell FXとTyrell FSXってそっくりなんですけれど何が違うんですか?
Tyrell FXとTyrell FSXってそっくりなんですけれど何が違うんですか?
走行性能が素晴らしいミニベロ&折りたたみ自転車といえば、Tyrellでしょ!Tyrellには折りたたみ自転車が5種類ある。つまり Tyre...

 

Tyrell FX ベストセラーモデルだけある素晴らしい走り!

R0030069

Tyrell初の折りたたみ自転車として、2011年の発売以来大ベストセラーとなった!折りたたみ自転車なのに標準で8.9kgを実現し、ちょっと高級パーツを利用すればすぐに8kgくらいにすることができる。

こちらのモデルもフレーム単体販売がある。

フラットハンドルで休日に軽快サイクリングを楽しむもよし。ドロップハンドルで100km以上を走るもよし。楽しみ方はいろいろだ!

私はこの自転車で35,000kmくらいは走っているのではないだろうか?富士山を登ったり東京湾を一周したりとロードバイク並な扱いをしている。

発売から随分と立っているので、いくつかのバージョンがある。例えば

Rev1: キックスタンドを装着することができずシルバーフレーム&赤フォークのみ

Rev2: キックスタンド装着可能で、複数カラー選択可能

現行: 回転ステム変更、フレームのアルミ素材変更、シートポストレバー2つ、サドル変更

と改訂が繰り返されているようだ。現行モデルに至るまでも複数のバージョンがあると思われる。つまり、改良に改良が重ねられている。

折りたたみフォークの調子が悪くなっても、修理依頼をすることも可能だ!

さらなる詳細はこちらから

ミニベロに30,000kmくらい乗った自分が折りたたみ自転車「Tyrell FX」のレビューを好き勝手にするよ(その1)
ミニベロに30,000kmくらい乗った自分が折りたたみ自転車「Tyrell FX」のレビューを好き勝手にするよ(その1)
今まで私が所有してきた折りたたみ自転車は4台になる。最速のミニベロDAHON Speed Pro TT、Capreo搭載DAHON Curv...

 

Tyrell IVE 折りたたみとは思えない安定走行

R0030298

Tyrellの中でも最も重い、そして最も安い。そういうと、「あーあ、廉価版」と思うかもしれないが、一度乗ってみると信じられない安定した走り!

「おいおい、折りたたみ自転車でこんなに安定しているのか!?」

タイヤ変えただけで、激変???なにこれ!?」

というような感想を抱く。確かに重い、でも快適。その秘密はフレーム素材がクロモリであること。そして、ママチャリしか乗ったことない人でも快適に走れるような設計がされている。

スポーツバイクにしては前傾姿勢にならないのだ!しかし、カスタマイズでステムを搭載して前傾姿勢にすることも可能だし、バネのようなサスペンションを入れることも可能。

標準でも快適なのに、さらにカスタマイズの余地が残されているのだ!

150,000円くらいで購入できるだろうが、本当に満足感の高い一台!

 

Tyrell IVE SE スペシャルにして快適さを維持して軽量化したらこうなる

R0000224

Tyrell IVEの見た目や走り心地に大満足。しかし、重量が唯一のネックという人にはこのモデルをお勧めしたい。

ステンレスを素材としたフレームで、走りやすさ、快適さ、軽量化の全てを盛り込んだ印象である。なかなか製品発売とならないのが大きなネック。

試乗会などには登場することがあるので、一度乗ってみるとよい。その快適な乗り心地とスピードのために思わず、「え?」と発してしまうはず。

Tyrell IVE SEに試乗した話はこちらから

Tyrell IVE SEの走行性能が文字通りスペシャルだった話
Tyrell IVE SEの走行性能が文字通りスペシャルだった話
サイクルモードで最も注目を集めていたTyrellの新作Tyrell IVE SE。いったい何がスペシャルなのかは試乗してみなければわからない...

 

Tyrell FCX 伝説になりつつある期待大の限定モデル

R0000136

 

タイヤサイズを少し大きくしても折りたたみ時の負担にならずに走行性能アップ?

フレーム素材をクロモリにすれば快適さアップ

ということで、開発が進んでいるらしいのがTyrell FCX。20インチでも大きめの451サイズで、クロモリフレームというのが特徴。まだ、試乗もできないが、2017年のサイクルモードでは参考展示されていた。

451でクロモリで軽量なんてワクワクしますよね!?

発売が楽しみなモデルだ!(おそらく購入すると思われる)

【サイクルモード2017】驚きの新型ミニベロTyrell FCXも登場します!Tyrellフルパワーのブースをレポート!
【サイクルモード2017】驚きの新型ミニベロTyrell FCXも登場します!Tyrellフルパワーのブースをレポート!
折りたたみ自転車とミニベロ業界でも屈指の格好よさで注目を集めているTyrell。先日のサイクルモードでも素敵なブースを展開していたので、レポ...

 

まとめ

  • Tyrell XF=最高級の限定モデル
  • Tyrell FSX=事実上のフラッグシップモデル
  • Tyrell FX=スタンダードモデル
  • Tyrell IVE=最高の乗り心地
  • Tyrell IVE SE=さらに乗り心地を高めつつ、走行性能向上
  • Tyrell FCX=まだ開発中の451クロモリ

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。輪行バッグも同時購入すると快適ですよ!?

折りたたみ自転車に乗るなら輪行バッグGIZA PRODUCTSしかないでしょ!?
折りたたみ自転車に乗るなら輪行バッグGIZA PRODUCTSしかないでしょ!?
折りたたみ自転車を所有しているのに輪行バッグをもたないのは、スマホを購入したのに電話機能しか使わないのに等しい。輪行バッグがあれば、自転車の...