サイクリストはなぜ一周することが好きなのか?

Go around

暇さえあればgoogle mapsを見つめながら、周回ルートを考えていませんか?そういう自転車乗りは多いよね!?

私もその中の一人。今まで多くの一周に挑戦してきた。なぜ一周が好きなのか?一周するのに必要な準備、今まで挑戦して来た一周などをまとめてみた。

 

スポンサーリンク

なぜ一周が好きなのか?

もうこの答えは至極単純明快。


同じ道を走りたくないから。

 

行きと帰りが同じ道だとしよう。たとえば、目標としているゴールがある場合。行きはゴールを目指して必死に走る。ゴールで休憩。ここで終わりではない。休息した後に「今きた道を引き返すのか……。」と絶望に浸るのだ。

この絶望感のためにサイクリングの楽しみは半減していると言えないか?ゴール地点と思っていた場所は折り返し地点なのだ!

ゴール(折り返し地点)での達成感は偽りだ。ビールも飲めない。だって今日のサイクリングは終わっていないから。

ゴール地点を決めていない場合はさらに悪い。気持ちよく前に進みながらも心の中で

「進んだ分だけ戻らないと……。」

と引っかかっているものがある。

このような『ゴール=実は折り返し地点』問題は周回ルートとすることで、解決ができるのだ!コロンブスの卵のような発想!?(と自画自賛してみる)

 

一周をするのに必要な準備

入念な下調べをすること。湖などの一周はそんなに難しくはないが、〇〇市一周などは周到な準備がいる。

市境界線が道路や川で綺麗に分けられているとは限らないのだ。時には道がないので、隣接市を走ったり、階段を登ったりする必要がある。

さらに、あまりにも馬鹿げた迂回をする必要があるときもあるので、『だいたい一周』という妥協も必要になる。

何度も自転車を止めてgoogle mapsを確認ばかりしていると、つまらなくなってしまうので、ぜひ、しっかりと準備をして臨みたい。

R0000128 

↑時には階段を上ることもある。船橋市一周をしたとき。

 

今まで挑戦&達成した一周コース

大なり小なり様々な一周コースに挑戦した。ここではオススメベスト3を紹介したい。

皇居一周

わずかに5kmくらいのコースだが、都会の真ん中でみんなで集合しやすいですよね!?

オススメしたいのが日曜日に走ること。理由の一つは都内の交通量が減るからだ。会社の多くが休みなので、都内は閑散としている。

さらに、パレスサイクリングが実施されるのだ。車の交通規制が行われ、自転車専用道路になるのだ!

R0000229

↑パレスサイクリングのお知らせ

 

ぜひ、一度訪れてほしい!

折りたたみ自転車で皇居一周サイクリングをするときの4つのコツ
折りたたみ自転車で皇居一周サイクリングをするときの4つのコツ

 

手賀沼一周

R0010129 2

千葉県北西部に位置する沼。昔は干拓地だった。最近までは日本一汚い湖だった。しかし、ここにきて整備が進み、今や都会から最も近いサイクリングコースと思われる。

南側10kmは広いサイクリングロード。

北東部は遊歩道で都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな時間が流れている。

北西部はCafe Garden Hasegawaがある。コースは一部車道だが、広い路肩になっている。

一周すると20kmくらいだから、サイクリングを始めたばかりの人にピッタリ。

もちろん物足りない人はもう一周してもok。または、東に伸びる手賀川から利根川に出ることもできる!

 

房総半島先端だけを一周

DSC 2508

千葉県の南、館山をスタートして海辺を走りながらぐるっと走るコース。

オススメの理由は

  • 千葉県最南端と千葉県最西端の両方にいくことができる
  • 起伏がほとんどない平坦路&車もほとんどない
  • 海が綺麗
  • 冬でも割と暖かい
  • 道の駅がいくつもあり、休息しやすい

とオススメする点がたくさんある。くわしくは↓

折りたたみ自転車DAHONで輪行サイクリング!【房総半島の館山編その2】
折りたたみ自転車DAHONで輪行サイクリング!【房総半島の館山編その2】

 

挑戦したけれどフィニッシュできなかった一周コース

山手線一周

都内をぐるっと走る山手線に沿ってサイクリングをする。自分は東京駅スタート左回りで、神田、秋葉原、御徒町、上野……と進んで行き、新宿の手前で挫折した。簡単に言えば、上半分しか走れなかった。

失敗原因は、ビンディングシューズだったこと。都内は信号が多い。すべての駅で撮影というノルマを課していたのだが、結果的にSPDシューズをなんども外す必要があって、このSPDをつける&外す動作に疲れてしまった。

また都会の喧騒を走り回るのは辛い。排気ガスまみれになって気持ち悪かったというのもある。いつも都会で走っていると気がつかないかもしれないが、たまに都会に出る田舎者(=私)にとって、東京=排気ガスで辛い場所である。

DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【山手線1周編その1】
DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【山手線1周編その1】

 

千葉県一周

東京ディズニーランドを起点とすると

  • 浦安→関宿(江戸川サイクリングロード)60km
  • 関宿→銚子(利根川サイクリングロード)120km
  • 銚子→勝浦(ほぼ海岸沿い)100km
  • 勝浦→館山(ほぼ海岸沿いだが、多少の起伏はある)90km
  • 館山→木更津(国道125号で狭い箇所あり)60km
  • 木更津→浦安(国道16号&357号でトラックと格闘)60km

という感じで490kmとなる。ルートによっては550kmくらいにもなるみたい。

前半はほとんどがサイクリングロード。追い風なら楽勝だが、じわりじわりと体力を奪われる。中盤で少しだけ坂道。そして疲労した後半でトラックと格闘になる(^_^;) 

このコースに挑戦したのは2015年夏のことだった。前夜は興奮してあまりしっかりとした睡眠をとることができなかった。そして3日目に熱中症でダウンして、鴨川で終了したのだった。

いつかまた挑戦したいと思っているのだが……。

 

というわけで、一周サイクリングは楽しいよ♪という話でした。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。まずは地元を一周しよう。話はそれからだ。

コメント

  1. アカバナ より:

    大小さまざまな一周、楽しそうです♪♪
    自分もやってみます‼︎

    • Kay より:

      コメントありがとうございます。近々、一周カテゴリを設けようかと思っています!素敵なコースがありましたら教えてください。