みんなはサイクリングでどうやって荷物を運んでいるの?

サイクリングのとき、皆さんはどうやって荷物を運んでいるだろうか?iPhoneと財布だけというわけにはいかない。ぱっと思いついただけでも

  • iPhone
  • 財布
  • ペットボトル
  • ティッシュ
  • ハンカチ
  • タオル
  • 輪行バッグ
  • パンク修理キット
  • ポンプ
  • チューブ
  • 工具

くらいは最低限必要だ!さらに

  • ウェットタオル
  • iPad
  • 着替え

なども追加すると、もうどうしようもないくらいに荷物が増えてしまう。

そこで、どのような運搬方法があるかを見直すのが今回の趣旨である。

 

スポンサーリンク

その1: カゴやバッグをつける

R0001631

最も簡単な解決策。ママチャリに代表されるようにカゴをつけることで、一気に積載容量が増える。運搬手段としてはこれに勝るものはないだろう。

しかし、フロントハンドル側につけるものはどうしてもバランスが悪くなってしまう。小型のものであっても、ハンドルが重くなってしまう。なによりも

スポーツバイクぽくないので格好悪い(^_^;)

メリット=積載容量アップ

デメリット=バランス悪い、格好悪い

 

その2: メッセンジャーバッグ

0042 xlarge

自転車につけてバランスが悪いなら自分で背負うという発想。メッセンジャーバッグは自転車専用として考案されただけあって、実に便利に作られている。単なるショルダーバッグではないので、ベルト調節したり、前方にカバンを移動できたり、セカンドベルト?を利用することで三点固定することで走行中も邪魔にならない。

とってもお洒落な感じ!

しかし、一つの肩で背負うので、長時間利用をしていると肩が痛くなる。荷物を一つの肩で支えるので、どうしても負担になってしまうのだ。

サイクリングは長時間になりやすい。3時間くらいが限度な気がする。

メリット=カバンは自転車にぴったり、お洒落

デメリット=肩が痛くなる

 

その3: サドルバッグを大きくする

R0000087

オススメしたいのがサドルバッグを大きくする方法。冒頭で述べたものを全て収納することもできる大容量のものがある。Ostrichなどのブランドが有名だが、中華製で良ければ格安の製品を利用することができる。

R0009488

↑泥除け?と思うくらいに大型になる

 

今のところ、大きな弱点を感じていない。出し入れがちょっと面倒なことと、あんまり格好良くないことが弱点か!?

メリット=荷物をかなりつめる

デメリット=ちょっと格好良くない

 

その4: あきらめる

思い切って荷物いろいろを諦めるという方法も選択肢にいれたい。運ぶ方法を書いているのに「運ばない」なんてバカにしたような結論だが、断捨離してもよいのでは?

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとございます。リアキャリアというのがヨーロッパ圏では一般的なようだ。未体験なので、近々試してみようか。