【長期レポート】CATEYE VOLT800を1年以上使ってきて大満足という話

R0020036

 

今回はCATEYE VOLT800の長期使用レポート。

多くの自転車アクセサリを試していいなぁ〜と思ってもすぐに使うのをやめてしまう私(^_^;)

そんな私でも長期に渡って継続使用をしているのがCATEYE VOLT800。気に入りすぎてもう一つ買い足してしまった!

 

CATEYE VOLT800素晴らしいね♪

 

と言いたい。

ベストセラーとなっている自転車フロントライトだが、1年以上利用してきたので、あらためての長期使用レポート。

 

スポンサーリンク

CATEYE VOLT800の明るさと持続時間について

まずは、ライトとしての根幹をなす明るさと持続時間について。最大の明るさは名前の通り800ルーメンだが、もう少し詳細に。

  • ハイ(800ルーメン)=2時間
  • ミドル(400ルーメン)=3.5時間
  • ロー(200ルーメン)=8時間
  • ハイパーコンスタント(200で常時、たまに800でピカッ)=7時間
  • フラッシュ(200でチカチカ)=80時間 

400ルーメンでほぼ大丈夫。よって、基本的にはミドルモード。3.5時間持続するということだが、出先でバッテリー切れは怖いので、余裕をもって充電している。2時間以上使用したら充電しているのだ。

800ルーメンのハイモードも結構使う。夜のサイクリングロード。街頭が少なくて真っ暗な田舎道。地方で街頭少ない国道など、800ルーメンあると安心が高まる。

 

R0009480 

↑房総半島南部を走ったときは800ルーメンで照射した!

 

200ルーメンのモードは滅多に使用しない。バッテリー充電忘れた!でもあと自宅まで15km……。こういう状況下で、バッテリー節約をするために利用することはたまにある。しかし、バッテリー2本所有しているので、こういう間抜けな展開は年に数えるほどである。

点灯でないと日本道路交通法の観点からはダメぽいので、フラッシュモードを使用することはない。またハイパーコンスタントモードというのは記事を書くためにスペックを確認して初めて知ったw 便利そうだなニヤリ

 

CATEYE VOLT800のスペックと使用した感想

ただ明るければ良いわけではない。自転車ライトとして考慮するべき点は他にもあるのだ。

  • サイズ:116.0 x 31.2  x 43.2 mm
  • 重量:140g
  • 充電:micro-USBケーブル、またはバッテリーを専用クレードルに装着
  • 充電時間:5〜9時間
  • 充電回数:300回くらいで70%の性能になる

 

CATEYE VOLT800のサイズ

サイズは正直言うと「大きいな」と感じてしまう。安全とのトレードオフだと思っているので諦めているが、2本をハンドルに取り付けていると、かなりの存在感となってしまう。

R0020025 

↑ハンドルにデーン!という感じ。ガンキャノン風。

 

CATEYE VOLT800の重量

重量は実際のところ150g。結構な重さ。走行中や輪行中に気にしたことはないけれど、折りたたみ自転車利用としては1gでも軽いのが望ましい。100g以下だといいんだが……。

R0000422 

↑ちょっと重いかな!?

 

CATEYE VOLT800の専用クレードルとバッテリー

専用クレードルは持っていないが、特に不自由は感じていない。また、バッテリーが外れせるようになっているが、それも利用したことはない。途中で予備バッテリーと切り替えて使うほど、夜間走行をしたことはない。

バッテリーが外せなくてもいいからそれで軽量化&小型化は測れないかな!?

 

CATEYE VOLT800の充電回数や充電時間

充電時間は全く気にならない。寝る前に充電いておけば朝にはフル充電。

また、充電回数300回ということで、「1年以内にダメになってしまうかなぁ〜!?」と心配していたが、今のところ気になるほどのスペック低下は見られない。

 

CATEYE VOLT800のトラブル

ライトとしては問題ない。充電も大丈夫。ただネジが緩くなってしまった。

R0020032 

↑この小さいネジがゆるくて……。

 

アーレンキー1.5mmで締めるネジで手元になくて、しばらく困った。今はアーレンキー1.5mmを購入して、定期的に締めている。

 

 

CATEYE VOLT800を2本購入

ちょっと大きい&重いということを除けば、素晴らしいライト。ライトそのものとしての性能は全く問題がない。よって先日から2本体制で利用している。

2本装着で通常は1本体制。1本は予備。1つは点灯でもう1つは点滅とか。2本とも点灯して手前と遠くを照らすとか。使い方はいろいろだ。

【安全第一】私が自転車フロントライトを2つ装着する3つの理由
【安全第一】私が自転車フロントライトを2つ装着する3つの理由
自転車フロントライトを2つつけよう!安全第一だから。 いきなり結論を書いてしまったが、今回は「自転車フロントライトを2つつけよう!...

 

比較:CATEYE VOLT400XCやCATEYE VOLT400と比べると?

 

ライトを装着して、実際に照射したのが、次の画像。カメラの設定はISO100、シャッタースピード1/13、絞りf5.6で統一。

R0020019

↑こんな感じで撮影にでかけました。

 

R0020013 

↑CATEYE VOLT800

 

R0020014 

↑CATEYE VOLT800(400ルーメンモード)

 

R0020016 

↑CATEYE VOLT 400XC(照射角度が下すぎた、すいません)

 

R0020017

↑CATEYE VOLT400

 

実際にみると、800ルーメンが最も明るい感じだった。前だけでなく、前方を広く照らしている感じ。

また、同じ400ルーメンでも、明るさに違いがある気がする。

しかしながら、400ルーメンでも一般的な走行なら問題がないと思われる。先に述べたような800ルーメンが活躍するとき、つまり

  • 夜のサイクリングロード
  • 街頭が少なくて真っ暗な田舎道
  • 地方で街頭少ない国道

などを絶対に走らないとわかっていれば、400ルーメンでも問題なし。自分の走行する状況をよく考えて400か800かを決めたいが、大は小を兼ねる。少しでも心配ならCATEYE VOLT800を推奨したい。

手軽に取り付け可能な自転車フロントライトCATEYE VOLT400XCレビュー
手軽に取り付け可能な自転車フロントライトCATEYE VOLT400XCレビュー
↑CATEYE VOLT400 XC   自転車走行時にはフロントライトは不可欠。スポーツバイクを購入した時に同時購入したライトをなんとな...

 

比較:CATEYE VOLT1700やCATEYE VOLT1600

CATEYE VOLT800よりもさらに明るいライト。しかし、サイズがさらに大きくなってしまい重量増。260gくらい。よって、こちらは試していない。今の所、800ルーメンより明るいライトの必要性を感じていないのだ。きっと夜間に峠を走るときに必要なのだろう。町のWeb屋さんも800ルーメンで峠はギリギリだったと報告している。

 

まとめ

普段は400ルーメンで、いざと言うときには800ルーメンと切り替えての利用がオススメ。

特に、2本装着することを強く推奨したい。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。安全第一でサイクリングを楽しみたいですね♪