【航空会社比較】自転車を飛行機に乗せるときのルールまとめ

R0000816

飛行機に自転車を積んでいこう!そして旅先でサイクリング!

でも、どうやって?どの飛行機会社がいいの?航空会社ごとにルールがどう違うか?追加料金は?などをまとめてみました。

自転車を車に乗せる、つまり6 Wheels。輪行バッグにいれて電車で運ぶ。それ以外のサイクリング方法として「飛行機で運ぶ」に挑戦してみようと思い、主な航空会社の対応を調べてみました。

 

スポンサーリンク

国内線に自転車を乗せる(飛行機輪行)

あらためて確認すると、日本国内を飛んでいる航空会社はたくさんある。こんなにたくさんの飛行機会社があるなんて、知らなかった。飛行機会社ごとにルールも違うので複雑だ。

一般的にどの飛行機会社でも免責ということで書類にサインを求められるらしい。しかし、日本国内の場合は、比較的丁寧に扱ってもらえるようだ。

主な飛行機会社ごとの対応の違いを確認していこう。LCCはアイウエオ順。各会社へのwebリンクもつけているので、必ず公式サイトを確認してほしい。

 

JAL

参考サイト:自転車は預けることはできますか

サイズ:50cm x 60cm x 120cm

重量:20kg

追加料金:無料だけれど、重量オーバーは超過料金となる。

 

ANA

参考サイト:【国内線】自転車を手荷物として預けることはできますか。

サイズ:折りたたみ自転車ならソフトケースでok、3辺の合計が203cm以内

重量:受託手荷物と同じ扱いとする(つまり20kg、または40kg)

追加料金:重量オーバーは超過料金となる。

 

エアアジア(AirAsia)

参考サイト:スポーツ用品

サイズ:サイズについては記載なしだが、こちらのサイトにいろいろと記載があるので要確認

重量:32kg

追加料金:こちらのサイトで要確認だが2,100円〜6,200円

 

ジェットスター(Jetstar)

参考サイト:サイズの大きな手荷物

サイズ:1辺最大2.3m

重量:32kg

追加料金:合計6,000円

備考:Maxプランで重量30kg以内にする=4,000円、自転車=2,000円

 

スカイマークエアラインズ

参考サイト:自転車を手荷物として預けることはできますか。

サイズ:50cm x 60cm x 120cm

重量:32kg

追加料金:なし

備考:規定サイズを超えた場合は貨物室で預かってくれることもあり

 

スターフライヤー

参考サイト:お手荷物のご案内

サイズ:3辺合計203cm以内

重量:20kg

追加料金:なし

備考:webサイトには自転車についての記載なし

 

ソラシドエア

参考サイト:手荷物について

サイズ:3辺合計203cm以内

重量:20kg

追加料金:なし

備考:webサイトには自転車についての記載なし

 

バニラエア

参考サイト:自転車は預けることができますか。

サイズ:3辺合計203cm以内、1辺の長さが120cm以内

重量:20kg

追加料金:なし

備考:コミコミバニラプランでないと有料

 

ピーチ

参考サイト:お預けの手荷物(受託手荷物)に関して

サイズ:3辺合計203cm以内

重量:20kg

追加料金:こちらのサイトで料金確認が必要だが3,140円〜3,740円ぽい

備考:インターネット予約時には申請できない

 

フジドリームエアラインズ(FDA)

参考サイト:スポーツ用自転車搭載サービス

サイズ:幅100cm × 高80cm × 奥行30cm

重量:20kg

追加料金:なし

備考:3日前までの事前連絡で専用ケースを受け取れる 

 

国際線に自転車を乗せる

国際線でも自転車も預かってくれる。しかし、国際線ということは到着地は海外。現地の人が自転車をどのように扱ってくれるかはわからない。現地で日本人のように丁寧な扱いをしてくれる保証なんてどこにもないのだ!

専用のハードケースに入れて運ぶのが最も安全だが、ちょっと値段がかさんでしまうのが難点。

そこで、私が提案したいのが、自転車をバラしてスーツケースに積む方法。スーツケースに詰め込めば、普通の荷物だし、多少投げられてもスーツケース破損だけで、中の自転車は無事で済むと思われる。

R0000805 

↑16インチのDAHON Curve D7を運んだ。チェーンとリアDを外した。内寸法は

 

IMG 3224

↑ワンサイズ小さいスーツケースもなんとかok

折りたたみ自転車DAHON Curve D7をスーツケースに入れてみた!
折りたたみ自転車DAHON Curve D7をスーツケースに入れてみた!
オーストラリアのパースは素晴らしいところだった。ただし、一つだけやり残したことがある。 自分の自転車であの街を走ってみたい!   どんなに...

 

R0000035

↑18インチのTyrell IVEの場合はチェーンガードも外した。鞄はDAHON Curve D7と同じです。

折りたたみ自転車Tyrell IVEで飛行機輪行に挑戦する!【その1:梱包編】
折りたたみ自転車Tyrell IVEで飛行機輪行に挑戦する!【その1:梱包編】
旅先で自転車があれば……!と思ったことありませんか?宿泊先から徒歩では遠くに行くこともできず、車では空気を楽しむことができない。自転車こそが...

 

P1020835 2 

↑20インチのDAHON Speed Pro TTを運んだこともあります。鞄はすでに廃棄しているのでサイズ不明。

 

まとめ

国内線の場合

  • 日本人対応なので、比較的安心。
  • 航空会社によってルールが違う。
  • 重量制限は他の荷物も含む場合あり。

 

国際線の場合

  • 荷物が投げられる可能性あり。
  • ハードケースにいれる。
  • 折りたたみ自転車の利点を生かして、スーツケースに入れてみることを提案。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。飛行機で自転車を運ぶことができれば、まあ新たな自転車ライフを始めることができる!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする