【サイクルモード2017】折りたたみ自転車をたくさん見て来ましたよ♪

幕張メッセで行われたサイクルモード2017。今年も遊びに行って来ましたよ♪

弱虫ペダルの作者が来た!フルームが来た!ピナレロの社長が来た!と賑わいを見せていますが、折りたたみ自転車を中心にミニベロを熱く語っている本ブログとしては


有名人よりも折りたたみ自転車

 

という視点でレポート!(ただ単に人混みがすごくてスピーチを聞けなかっただけです)

R0000233 

↑大賑わいのサイクルモード

 

今回は

  • 20インチなのにスーツケースに収まるCARACLE
  • 軽量で話題をさらうRenaultってどうなの?
  • 中国から押し寄せる軽量自転車
  • 折りたたみ自転車と相性良さそうなもの

などをレポートします!

 

スポンサーリンク

20インチなのにスーツケースに収まるCARACLE

20インチでスーツケースに収まる。しかも分解しないで折りたたむだけ!これは画期的なことではないだろうか。

Tyrell IVEDAHON Curve D7を海外旅行に持ち運んだときは分解をした。しかし、CARACLEなら、折りたたむだけで持っていける!

折りたたみ性能のために走行性能を犠牲にしていないだろうか?以前から興味があった自転車。早速、試乗。

R0000203 

↑これぞ機械美!?

 

試乗コースだけの走行で公道を走っていないので、コメントは難しい。しかし、十分なホイールベースもあり、安定して進む感じ。乗り心地も悪くない。

R0000217 

↑ショックアブソーバーが付いているおかげぽい。

 

折りたたみ方法も教えてもらった。

 

R0000208 

↑ ハンドルの角度と高さを変更

 

 R0000209

↑ハンドルポストを折る

 

R0000210

↑クランク位置を調整

 

R0000211 

↑後ろをグルンと折りたたむ

 

R0000212 

↑フレームを折る

 

R0000214

↑2箇所の固定を外してシートポストを下げて完成!

 

R0000207 

↑マグネット固定を解除するレバーも付いていた!

 

開発に情熱を傾ける社長ともお話しさせていただいた。

わたし「本当にコンパクトになってびっくりです!」

社長「20インチでスーツケースに入る折りたたみ自転車を作ったことを称えてほしい。」

わたし「というと?」

社長「改善点はまだあると思うけれど、旅先でもしっかりと走る自転車を提供したかった」

わたし「工具なし折りたためますものね!」

 

R0000219 

↑さらに18インチの小型版も製作中

 

R0000220 

↑フルカーボンバージョンもあり、軽すぎる7kg以下だった。

 

R0000218

↑もちろん折りたたみ可能

 

軽量で話題をさらうRenault

去年発表されてから軽量&安価ということで注目をされているRenaultにも試乗したよ。

 

R0000166 

↑Renault Ultra Light 7

 

R0000176 

↑片手で持ち上げることもできる

 

しかし、ホイールベースの短さが原因か、それともハンドルが近すぎるのが原因か、ちょっと自分の身長(175cm)には合わない感じだった。

 

R0000181 

↑カーボンモデルもあるみたい

 

中国から押し寄せる軽量自転車

今年目についたものは中国の新興メーカー。軽い!安い!が特徴だが、走行中に壊れないかなぁと心配になる(^_^;)

 

R0000156 

↑CARBON LIGHT

 

R0000159   

↑コンパクトすぎませんか?

 

R0000184 

↑携帯電話で有名なXiaomiがつくるQiCYCLEは展示のみだった

 

R0000185 

↑QiCYCLEを折りたたんだ様子

 

それ以外にも多くの中華系の人がブースにいた。ブース内で食事をしたり、接客中にスマホいじりをしたりするところが異文化を感じる。

 

折りたたみ自転車と相性良さそうなもの

自転車以外にもいろいろなアイテムが紹介されているのがサイクルモードの楽しいところ。

 

R0000191 

↑一度飲んでみたかったんですよ♪アミノバイタル

 

R0000189

↑LOGINというタイのブランド。英語で接客された(^_^;)

 

R0000161

↑Kapelmuur、格好いいな。すっかりお洒落サイクルウェアの大手になった

サイクルイベントでかぶるアパレル。ちょっと買いづらいブランドになってしまった涙

 

R0000198 

↑DUROという激安タイヤ、ミニベロ用もあり

 

R0000200

↑おなじみのPanaracer

 

R0000163 

↑JR東日本がはじめるらしい自転車用の電車

 

R0000164 

↑各観光地も集客に来ていたよ♪

 

さいごに

DAHONとTERNは?→アキボウ勢は参加していません

Birdy(BD-1)は?→パシフィックジャパンも参加していません

BROMPTONは?→時間切れで寄れませんでした(^_^;)

Tyrellは??→次回へつづきます

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。さりげなくブログタイトルを変更した。これからもよろしくお願いします!

 

コメント

  1. ひろにゃん より:

    こんにちは
    自分もサイクルモード行ってきましたよ~
    最終日でしたが、Curve SLで輪行してきました。
    CARACLEのカーボンミニベロを試乗したんですが、折り畳めるのを知って
    メチャ欲しくなりましたw
    他の小径車にも試乗しましたが、改めてCurve SLは良い自転車だなぁ~
    と再認識しました(^-^)

  2. Kei より:

    ひろにゃんさん

    コメントありがとうございます。Curve SLはすでに現行モデルからなくなっていますので大事にしてくださいねー。とても良い自転車だと思いますよ♪

    カーボン折りたたみはCARACLE以外からもたくさんありましたね。ちょっとトレンドみたい。