【キックスタンド自作!】折りたたみ自転車Tyrell IVE大地に立つ!

折りたたみ自転車のTyrell IVE、その走行性能は素晴らしい。しかし、1年利用してきて改善点も見えてきたので、カスタマイズを始めることにした!

まず、タイヤ交換をした。それは前回の話で、その走行性能レビューは改めてしようと思う。

今回は待望のキックスタンドの話です!

 

スポンサーリンク

Tyrell IVEとキックスタンド

Tyrell IVEを利用して街中をフラフラ走っていると気がつくことだが、キックスタンドが欲しくなる。標準ではキックスタンドが付属していない。そのために、駐車をするときはグルンと後輪を折りたたむ必要があるのだ。

駐輪しようグルン、駐輪しようグルン、駐輪しようグルン……。

だんだんと重くて億劫になってくるのだ(-_-#)

R0000148 

↑このように後輪を折りたたむ必要があり。毎回は面倒だ!

 

そこで、キックスタンドの装着をしようと思ったが、純正オプションパーツは未発売。

初めてTyrell IVEに試乗したときも、購入してすぐに船橋一周をした時も思った。

 

キックスタンド切望!

 

しかし、Tyrellさんから発売される様子はない涙 もう待てない!自作してしまおう!

 

Tyrell IVE専用キックスタンド自作

同じことを考える人は他にもいるようだ。ブログを探し回ると先人の知恵を授かることができる。

ツール ド このへん』さんの記事に励まされたのは事実だが、難しそうだなぁ〜とおもってしまった。

そこで、自分は別の方法をとることにした。

 

(ドラえもんの効果音を鳴らす感じで)クイックリリースキックスタンド〜〜〜!!!

R0000032 

↑クイックリリースキックスタンド

店頭で見つけたGIANT QR Sport Stand+ Alloyというものを選んだ。2,000円なり。amazon.co.jpでは購入できない。

 

クイックリリースキックスタンドとは?

キックスタンドは一般的に次のようなタイプ。たとえば

 

IMG 4125

↑Tyrell FXは専用のキックスタンド。

 

IMG 4124 

↑折りたたみ自転車に多いタイプ。BB横に備付けるタイプ(センタースタンド)もある。

 

今回購入したのは珍しいホイールを固定するクイックリリースで挟むタイプ。

 

R0000028 2 

↑クイックリリースでホイールを固定するときに挟む

 

クイックリリースを利用することでフレームに一切のダメージを与えることもない。

しかし、クイックリリースによる固定は弱いので、定期的に締め直す必要がありそうだ。キックスタンドが緩くなって、ホイールも緩くなってしまうのは避けたい。

さらなる問題として、このタイプのキックスタンドはロードバイク用である。よって、Tyrell IVEのような小径車ではスタンドの長さが長すぎる。

 

長いなら切ればよいでしょ!?

 

ということで、私が考えたのは次のような作戦

  1. キックスタンドを装着
  2. 長い部分を確認
  3. 切断!
  4. キックスタンドを再装着
  5. 折りたたみできることも確認

順番に見ていく。

 

キックスタンドの完成までの手順

キックスタンドを装着

まずは開封して、マニュアルを読みながら装着してみる。マニュアルによると、

スタンドについている銀色の回転止めブロックの固定ボルトを緩め、スタンドのシャフト穴の位置を合わせます。

スタンドの銀色の回転止めブロックがリアエンドの爪の内部に入るようにして、スタンドをハブシャフトに挿入します。

よくわかりません(^_^;) いつものようにトライ&エラーで初めて見ると、感覚的にわかるものだった。

IMG 4127 

↑この銀色の部分がハマるように固定する

 

長い部分を確認

装着したのはよいけれど、やはり長すぎたw 長すぎて自立しない。

 

R0000029 

↑長すぎでしょ!?

 

切断!

工作を開始。パイプカッターを利用して切断を試みるがなかなか切ることができない。

なんと、パイプではなくてアルミ棒だった!

R0000034

↑パイプカッターでは切れませんでした

 

そこで、カッターを諦めて、鉄ノコでギコギコと切ることにした。ギコギコとすること約15分。切断終了。

R0000036 

↑切断!

 

R0000037

↑切断面にヤスリをかける

 

キックスタンドを再装着

ちょっとぐらつくけれど、及第点。無事に装着完了。

R0000045 

↑ゴム脚も移行した。

 

R0000048 

↑恒例の重量計測、切断後は116g。(元の長さだと135g)

 

折りたたみできることも確認

キックスタンドを装着したのはよいけれど、折りたたむことができないのでは本末転倒だ。

ちょっとフレームと接触している気がするが、及第点。

 

R0000047 

↑なんとか折りたたむことができた。

 

R0000039

↑キックスタンドもバッチリ機能しています♪

 

まとめ

キックスタンドがなくてずっーーーと困っていたが、意外と簡単に装着することができた。こんなことなら早く行えばよかったと思う。

決心するまでの時間:1年

購入:20分くらい店頭で考える

説明書を理解しようとした時間:5分

工作時間:15〜20分くらい

ゴム脚の着脱:10分

折りたたみの確認:5分

*撮影時間含む

R0000041

↑駐輪しやすくなりました!Tyrell IVE 大地に立つ!

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。案ずるより産むが易し。