サイクリング中に異音と謎の振動の原因は意外なところだった話

自転車はメカである。使用していれば、いろいろなところに不具合が生じる。いつまでも買った時と同じ状態というのは無理な話で、すこしずつ劣化していくものだ。

愛用しているTyrell IVE。カスタマイズをしよう!と決心した矢先になんだか不具合が……。

 

R0000129

↑Tyrell IVEで秋風の中を気持ちよくサイクリングをしたい

 

スポンサーリンク

サイクリング中に異音がします!

ある日、ペダルをガンガンと回した後になんだか違和感が!右足に一定のリズムでカクッ、カクッと謎の振動が伝わる。よく耳をすませば、異音もするのだ!

ペダルを回すのをやめると鳴り止む。

なんだ、気のせいかと思ってサイクリングを続けると、また鳴り出す(-_-#)

気にしないで、走行していると鳴り止むw なんだやっぱり気のせいかな!?と思っていると突如鳴り出す。

正直ここのところストレスでした……!

自転車屋さんに持って行こう!と思ったが、その前に自分で点検をしてみた。

自転車屋さんメンテナンスは確実だがお金が……(^_^;)

 

点検の前に

点検の前に私以外の人にも乗ってもらった。個人に依存するトラブルなのかどうかが知りたくて。

そうしたら、やはり、異音&違和感あり。音は小さいけれど、確かにヘン!

乗車した人も「ヘン〜〜〜!」と言っていた。

 

原因の特定は仮説をたてるところから

他の人が乗った場合も同じ症状が再現された。つまり、ペダルを回すと鳴り止むので、ドライブに原因があると思われる。

犯人は回転するところ、つまりクランク、BBあたりが怪しい。

 

クランクとボトムブラケットが怪しい!

回転系ということで、クランクとボトムブラケットを疑った。

しかし、クランクは頑丈だから、違うかな!?そうするとボトムブラケットが犯人か!?

R0000139

↑クランクは頑丈でしょう

 

R0000138

↑ボトムブラケットがあやしいぞ

 

犯人の仮説をたてたら、そのパーツを変更してみる。今回はパーツ交換前に清掃した。

一度、バラして、清掃を行うと、ボトムブラケットから謎のゴミがたくさん出てきた。

ゴミが原因かな〜と思いつつ、綺麗にして再度組み立て。これで万全!

……と思いきや、カクッ、カクッと謎の異音と振動が再現される。

清掃で解決しないとすると、根本的な破損かあぁ。

「交換でお金がかかるなぁ〜〜〜」

と思いつつも、カスタマイズの口実ができたぜぃ!と思っている自分がいるw

ニヤリ

 

犯人は意外なパーツ!

クランクとBBを新しくするにはどれがいいかなぁ!?なんて漠然と考えていた。以前にもTyrell IVEカスタマイズ妄想は何度もしたので、イメージは容易に湧いてくるw

しかし、「はっ!」と閃いた!!

もしかしてペダルが原因では!?


R0000137

↑ペダルの軸が不調なのかな!?

 

ペダルも回転している。軸内にあるベアリングが損傷したのかも!?

そう考えて、ペダルを付け替えて走ってみると……、

 

なんとピタリと音が鳴り止んだ!!!

 

犯人はペダルだったようだ。ペダルを交換すれば良いのかぁ〜とおもって問題のペダルをみると


なんとネジが緩んでいる!!!

 

どうやら、走行中になんらかの弾みでネジが緩んで、カタカタと振動していたようだ。わずかに緩いだけなので、ペダルを回すのをやめると音がしないくらいの緩みだったというわけ。

 

R0000125 

↑ネジを締め直す!

 

今回の教訓(まとめ)

故障=カスタマイズのチャンス!と思うのはやめようw

お店に持って行く前に点検はしよう♪

ネジ締めなどという意外な盲点に気をつけよう!

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。以前にも紹介した携帯工具のUNICHE。携帯用とは思えない便利さですので、お勧めです!