折りたたみ自転車Tyrell IVEで1年間サイクリングをして決心したこと

Tyrell IVEという新型が発表されてから2年、そして購入をしてから1年が過ぎた。月日が経つのは本当に速い!!!

 

R0000011 

↑Tyrell IVEいいですよ♪

 

1,000kmくらい走った。この1年間の走りを振り返り、決心したことがある!!!それは

 

カスタマイズをしてさらに良い自転車に変えます!

 

ということ。

「え?カスタマイズしないとあれだけ言っていたのに」という読者様の声が聞こえてくる(^_^;)

「やっぱりカスタマイズすることにしたか」というささやき声も聞こえてくるw

なぜ、カスタマイズの決心をしたかを伝えることで、この1年間の長期利用レビューになると思うので記事にしたよ♪

R0000038

 

スポンサーリンク

そもそもTyrell IVEはどのような自転車か?

クロモリフレーム

18インチというBD-1と同じタイヤサイズを利用した折りたたみ自転車。しかし、BD-1のアルミフレームに対して、Tyrell IVEはクロモリフレーム。材質の違いは乗り心地の良さに直結する。

さらに、折りたたみ自転車なのにフレームは三角形でしっかりとした剛性感を提供している。

R0000104 

↑三角フレーム

 

9速

同じクロモリフレームにはBROMPTONがある。しかし、あちらは16インチで内装ギア6速まで。Tyrell IVEは標準で9速、カスタマイズで11速となる!

 

アップライトな乗車姿勢

Tyrellといえば、軽量でスピードがでるスポーツタイプというイメージ。しかし、Tyrell IVEはちょっとちがう。

ハンドル位置は他モデルと比べても手前にあるので、乗車姿勢がアップライトになる。前傾姿勢にならないので、スポーツバイクに乗り慣れていなくても大丈夫だ!

R0000107 

↑サドルを下げれば、140cmくらいの子供から乗ることができます♪

 

値段

しかも150,000円というBD-1やBROMPTONよりも安い価格設定。

 

1年間乗った結果、湧き出て来るカスタマイズ欲求w

前傾姿勢にならずにマッタリと走りやすい自転車。家族みんなが楽しむことができる自転車。満足度は非常に高い!

それでも、1年間乗ると、変更したい箇所がでてくるのだ!

 

変更したい箇所その1:タイヤ

Tyrell IVEの標準タイヤはMAXXIS OverdriveとSchwalbe Marathon Racerの2択があるが、出荷時に自動で決められてしまい選ぶことができない。

私のモデルはMAXXIS Overdriveとなっていて、このタイヤが重いのだ。

MAXXIS Overdrive = 400g

Schwalbe Marathon Racer = 340g

と60g、前後輪合わせると120gもちがう!

走り出してしまえば気にならないが、加速性能に大きな影響を与えていると思われる。

そして、「軽いSchwalbe Marathon Racerならもっと軽快かも……。」と思いながら毎回走るのは精神的に良くない!

R0001683

↑タイヤ重い……。

 

変更したい箇所その2:キックスタンド

希望というよりは不満です!w

停車するたびに、後輪を折りたたむ必要がある。グルン&バン、グルン&バンと折りたたみを何度もするのは辛い。特に長距離を走ると後半で億劫になってくる……。

気軽に多くの人が乗れる自転車というコンセプトで利用しているのに、気軽に停車できないのは辛い。

キックスタンドの発売を期待しているが、なかなか発売されない。それなら自作してしまおう!と考えたわけ。

R0000256 

↑いつもグルンと折りたたんで停車しています(面倒)

 

変更したい箇所その3:コンポ

9速に対して何も不満はない。しかし、折りたたんで&バラして飛行機輪行したりなど、結構ハードに取り扱ってきた。その結果、ブレーキやクランク、BBに痛みを感じている。

 

R0000106

↑調整ボルトが回りづらくなってしまったブレーキ

 

まとめ

  • タイヤに不満(というか別のタイヤを試してみたい)
  • キックスタンドがほしい
  • コンポを一新したい

どうせ変更するなら、じっくりと考えて妄想を楽しみたいと思う♪過去にも妄想しているので、自分の記事の見直しからはじめようw

というわけで、Tyrell IVEをカスタマイズするよ♪という報告でした。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。Tyrell IVEそのものに対する印象は試乗した頃とあまり変わりないです。

コメント

  1. hinamona より:

    初めまして。
    こちらのiveですが、身長185cmだとサイズ的に厳しい感じでしょうか?
    まぁ、ミニベロ自体全滅な気もしますが、印象を教えてもらえますと助かります。
    カスタムの進捗を楽しみにしております。

    • Kei より:

      hinamona様

      コメントいただきありがとうございます。
      Tyrell IVEはステム調整をすることでハンドルまでの距離を変更することができます。
      長めのステムを利用することでハンドルを遠くできますね。

      さらにDAHONと比べてシートクランプの位置が高いです。同じシートポストでも3cmほど余裕があります。
      長めのシートポストに変更して、長くしてクランプすれば、足の長い人にも対応可能でしょう。

      それでも、185cmだと心配されている通り、私も厳しいと感じます。
      しっかりとしたポジションを出すことはできないと思いますが、
      どなたかと共有、セカンドバイクという利用であれば、十分楽しめるかなと思います♪

      あくまでも未体験の私が主観的に記載しています。
      ぜひ、専門店での試乗をしてみてください。
      また、Tyrellに直接問い合わせをしても親切に対応してくれると思いますよ♪

      以上参考になれば幸いです。

  2. hinamona より:

    返信ありがとうございます。他のミニベロよりは可能性がありそうで良かったです。現在はロードバイク歴3年目で、もう少し気軽なポタリングが出来ればとミニベロにも興味を持っています。11月にはサイクルモードもありますし、試乗できれば良いのですが。なかなかTyrell関連のブログ記事なども少なく、こちらの更新を楽しみにしております。(コースエリアも割と近く、参考になります。)

  3. Kei より:

    当ブログにも度々登場している、街の自転車屋さん「believe」にてTyrell IVE試乗車ありますよ♪ コースエリアも割と近いということであれば、浦安にもいきやすいかと?!

    サイクルモードでは試乗コースに限りがありますので、ぜひ実車に一般道路で走ることをお勧めいたします。
    (お節介すいません)