IKEAが扱う自転車アイテム全13点を紹介します!

「オシャレで安価な家具屋さん」「品質イマイチで日本サイズじゃない家具屋さん」「週末は渋滞する巨大家具屋さん」「ホットドッグが安すぎる家具屋さん」どれもあの家具屋さんを説明するのにピッタリの言葉w

IKEA

 

R0000033

 

スウェーデンを本拠地にする倉庫を開放したような巨大家具屋。家具屋なのに信じられない混雑をしている(^_^;)

そのIKEAになんと自転車コーナーができた!!!

これは早速ブログ記事にしないと!!!と思い、偵察に行きましたwww 家具屋になぜ自転車アイテム???という謎は置いておく。IKEAが扱う全自転車アイテムを網羅します!

 

スポンサーリンク

ヘルメット

なにはともあれ、ヘルメット。「部屋にさりげなくかかっているといい感じ!」だから取り扱い開始なのか!?IKEAらしく激安1,999円 or 3,999円(ファミリメンバー価格)というのが売りである。

ヘルメットなんて所詮は発泡スチロール。基本的にはどれも機能面では同じ

ただし、日本で発売されているヘルメットの多くがJCF公認マークまたは承認マークが貼られているが、IKEAヘルメットにはその表記がなかった。ヨーロッパのCE規格はクリアしているから大丈夫だとは思うが……。

 

IMG 4056

↑SLADDAというシリーズがヘルメット

 

サイズはS, S, M, Lとある。具体的に頭部が

  • S=48-51cm
  • S=50-54cm
  • M=54-61cm
  • L=58-62cm

を想定しているようだ。ここで注意なのが、IKEAはヨーロッパブランドということ。ヨーロッパ系とアジア系は一般的に頭蓋骨の形が違うので、ピッタリと入らないことが多い。案の定、少なくとも私の頭にフィットするのは一つもなかった。

ぜひ、試着してサイズ確認をしてから購入してほしい。

まとめると

  • JCF規格をクリアしていないので安全面に不安
  • サイズが合わない(少なくとも私の場合)
  • 格安で1,999円、MとLは3,999円

 

私は依然としてKarmor一択です。

【ヘルメットの選び方】日本人の頭にピッタリフィットするKarmor feroxにしました!
【ヘルメットの選び方】日本人の頭にピッタリフィットするKarmor feroxにしました!
ヘルメットは3年が寿命!という言葉に脅されて?新しいヘルメットを購入しました。 今回選んだのはKarmor ferox!!   ↑Karmo...

 

カギ

第一印象はゴツい。そして手に持って見ると、ズシリとくる重さ。1.5kgくらいあると思われる。新しい筋トレ用具?それとも自転車の重り!?

ヨーロッパではゴツい鍵が一般的かもしれないが、それにしても重すぎる涙

IMG 4064

↑ズシリと重い。

 

ハンデキャップレースにでるの?と言いたい重さでした……。

 

ツーリング鞄も取り扱っている。キャリアーにフックで引っ掛けるタイプ。

 

R0000023 2 

↑こんな感じで取り付けるイメージの鞄

 

R0000011 2

↑色は3色展開で、黄、紺、黒とある

 

しかし、黒だけは特別機能が備わっている。キャリアーをバックパックとして背負うことができるのだ!!!

 

R0000018

↑背負うことができます(黒のみ)

R0000029

↑とりあえず500mlのペットボトルを入れてみた。すごい収容力。

 

R0000030

↑黒以外は中身も若干違う。

 

R0000032

↑それにしても大きい、持参していた鞄もスッポリ入る。

 

R0000020 2

↑こんな貧弱なフックで重量に耐えられるのか!?

 

帰宅後に調べたら、黒=SLADDA、黄&紺=SOMMARとシリーズが違うらしい。サイズや重さも微妙に違う。紛らわしい。

値段は4,999円(ファミリーメンバー価格)とまたしても格安。一つ騙されたと思って購入してみようか!?

 

ベスト

夜に身につけるとキラキラと光るやつ。工事現場のおじさんが着ていそうなタイプといえば、わかりやすい!?

699円。

正直に言うと、ハデすぎる気もするが、安全性も捨て難いと悩んでしまう。

 

IMG 4066

↑BESKYDDA、高視認性安全ベスト

 

IMG 4067

↑ポケットサイズに収まります

 

なお、光って安全=BESKYDDAシリーズには他にもいろいろとある。

R0000001 3

↑反射板、199円

 

R0000002 2

↑反射板2、199円

 

R0000010 2

↑足に巻いたりする反射材、799円

 

R0000008 2

↑工事現場のおじさんモードになる反射襷

 

ふりかえると

自転車アクセサリとIKEAというのが結びつかない。特に、「おシャレーーー♪」と言いながら、ママが子供用ヘルメットを選ぶと、サイズが合わないで子供が痛がる→装着しないという展開が目に浮かんでしまう。

鞄も大きいので、ポンポンと荷物をいれて、重すぎて壊れてしまうかも。

ベストは羞恥心と安全性の戦いだな(^_^;)

家具でもそうだけれど、現地から直接輸入=日本にサイズ面で適応せずということがままある。購入するときはその点に気をつけたいところだ。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。このブログはSAVASのお試しパックを飲みながら書きました。変な味ですね。