こうして私は16インチKENDA KSMARTを再度購入することにしました!

DAHON Curve D7といえば、16インチのコンパクトな折りたたみ自転車。問題点はいろいろあるのだが、その中の一つが16インチでタイヤ種類が少ないということ。

現在使用しているタイヤKENDA KSMART。走行距離は1年間で1,000kmちょっと。タイヤは台形で傷もある。もう限界という感じ。

そこでタイヤ交換をしたのだが、またKENDA KSMARTを選びました!

なぜ、もう一度?今回は「16インチタイヤ選択について」という内容です!

R0000068

↑新しいタイヤ、いい感じ〜〜〜♪

 

スポンサーリンク

16インチタイヤの変遷

今回でタイヤ交換をするのは6回目、6種類のタイヤを利用してきた。ここまでの変遷を追う。

 

KENDA Kwest

DSC 7042

↑標準装備

DAHON Curve D7の標準タイヤはKENDA Kwest。まぁ、転がりませんね涙

 

Schwalbe Big Apple

本当に迫力ある大きなタイヤ。径が大きくなってインチサイズもアップしたが、タイヤが重いのが難点。チューブも大きくなってしまうために総重量が増えてしまう。

16インチはその小ささのために、加速性能が良い。しかし、Big Appleを選ぶことによってその加速性能が落ちてしまう。

詳細レビューは過去記事を参考にしてほしい。

 

DSC 7300 

↑太すぎですw

 

Schwalbe Marathon Racer

DAHON Curve D7のタイヤをSchwalbe Marathon Racerに変更しました
DAHON Curve D7のタイヤをSchwalbe Marathon Racerに変更しました
DAHON Curve D7のタイヤはSchwalbe Big Appleが最もふさわしいと思っていたときもありました。いろいろと悩んだ結果...

軽快に走る。Big Appleよりも細いから。

このタイヤの印象はなんといっても耐久性。16インチは小さいので、それだけ磨耗も早い。しかし、3,000kmくらいではダメにならない感じ。とてもバランスの良いタイヤでぜひオススメしたい!

空気圧を変更すると別のタイヤのようになるのもGood♪

http://dahondego.com/2015/08/05/how-much-is-the-best-air-pressure-vol2/
 

Primo Comet

やはり、軽さは正義!さらなる軽さ&細さを求めて、購入した。35mmという細さもあって、素晴らしい加速性能。16インチの利点である加速性能をさらに強調することができる!

スリックタイヤなので、耐久性はイマイチ。2,000kmくらいで交換。しかし、交換しようにも販売終了なのか在庫がない涙

 

KENDA Kwest

一度はSchwalbe Marathon Racerに戻したが、やはりタイヤの軽さからくる加速性能が忘れられない。そんなときに見つけたのが、Kwest。標準のKwestは40mmの太さだったが、これは32mmとなっている!

これで終了と思いきや。。。やっぱりKwestはxxx。

 

KENDA KSMART

Primo Cometよりもさらに軽い180g。軽い=薄いなので、耐久性はない。しかし、その軽さのために、16インチの加速性能の良さを際立たせることができる!!!

購入時に予想した通り、1,500kmくらいでダメになってしまった(^_^;)

16インチ(305)のDAHON Curve D7用に最軽量タイヤ発見か!?KENDA KSMART 32-305を手に入れた!
16インチ(305)のDAHON Curve D7用に最軽量タイヤ発見か!?KENDA KSMART 32-305を手に入れた!
やっぱり自転車カスタムって楽しいですよね〜!?そういえば最近はカスタム記事を書いていないなあ。だってDAHON Curve D7のカスタマイ...

 

KENDA KSMARTで1,500kmくらい走った結果

軽さを優先するあまりに、犠牲にしている耐久性。1,500kmくらい走行した。見事に台形になったタイヤ、触ると平面になっているのがよくわかる。

R0000073

↑新旧比較をすれば一目瞭然

 

R0000002 

↑傷がついている

 

R0000071

↑急ブレーキの痕

 

KENDA KSMARTを再度選んだのはなぜか?

16インチタイヤの利点は加速性能であると思う。スピードを維持するのは苦手。

この加速性能は◯だが、スピード維持は×という特徴は、信号が多い都市部に向く自転車だと思うのだ。

オフロードを行くことはないので、分厚いタイヤよりも軽いスリックタイヤの方が向く。

よって軽量スリックタイヤを選ぶことで、加速性能○という利点がさらに強調される!

耐久性が難点だけれども、ペアで4,000円くらいで手に入るならまあ許せる価格。

以上の理由により今回リピート購入しました♪

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。タイヤは大事ですよ。新品にすると自転車が輝いて見えます♪