折りたたみ自転車DAHON Curve D7でちょっと工夫をしてバッグを装着した話

このブログは世界にひとつだけのDAHON、とりわけDAHON Curve D7を製作する過程を紹介することを目標として始まった。今回は、その原点に帰ります♪

IMG 3994

↑鞄をサドル下、リアブレーキ上に装着しました!

 

IMG 3994 2

↑これですよ♪

 

スポンサーリンク

折りたたみ自転車で鞄の設置に悩む

DAHON Curve D7は16インチといえども結構軽快な走行をすることができる♪ ポジション調整をすることで、ママチャリとは違うスポーツバイクのような走りをすることが可能だ!

鞄を外して軽量化。スピードを出すには荷物を減らして軽量化をはかる必要もある。そのときに、トレードオフとなるのが利便性。

荷物を減らす→スピード出やすいが不便

鞄を追加する→空気抵抗も増す

ということ。そこで、いろいろと試行錯誤をした。

 

サドルバッグを搭載した

最も標準的な鞄を追加する方法はサドルバッグだろう。しかし、DAHON純正のSlip Bag輪行袋を利用するとき、この位置にくくりつけることになる。サドルバッグとSlip Bagの併用は困難だった。

DAHON Slip Bagをシートポストに装着するとサドルバッグは使えない涙

 

R0001363 

↑かぶる(^_^;)

 

カゴをつけてみた

フロントにカゴがあると、とても便利だ。コンビニやスーパーマーケットでの買い物も余裕♪ しかし、とても格好悪いw そして空気抵抗も増えるので、スピードに乗ることが難しくなる。

 

R0000116 

↑現在はTyrell IVEで利用している前かご

 

バックパックを装着

収納力は問題無し! 目的地に到着したら外せば良い! とても便利だが、ちょっとバランスが悪くて、注意しないと自転車が倒れてしまう。旅行なら良いけれど、日帰りサイクリングではちょっと大きすぎる。

 

DSC 2549

2015年夏に千葉県を旅行したときのスタイル。

 

メッセンジャーバッグで荷物を運ぶ! 

R0000004

↑Crumpler Messenger Bag “BARNEY RUSTLE BLANKET”

 

メッセンジャーバッグは自転車用に開発された鞄!それだけに、たくさんの荷物を搭載することができる。

 

R0001142

↑なんでもかんでもポイポイと入れて収納!

 

しかし致命的なのが、

 

「しまった!パンク修理キットを入れてくるのを忘れた!!!」

 

ということが多々あった(^_^;) 自分が気をつければいいのだが、不注意な私はたびたびうっかりしてしまう。

最低限の道具は常に自転車につけておきたい。

 

ハンドルに装着した

妥当な結論なのだが、これにも問題があった。ハンドルが重たくなってしまうとバランスが悪い。特にDAHONの場合はハンドルポストが上に突き出ている感じなので、余計にバランスがわるいのだ。

 

R0000077

↑バランスが良さそうにみえて……。

 

そしてある日、閃いた。

「マッドガード装着用のネジ山も利用することはできないか?」

 

R0001367 2

↑このネジ山が使われないまま……。

 

DAHON Curve D7に横棒を追加しよう!

最低限のサイクリング道具を積むくらいの鞄はベルト通しが付いていることが多い。ベルト通しということは横に長いものにベルクロで固定する感じ。

 

R0000008

↑鞄後方にベルクロが付いていることが多い

 

自転車で横棒というとハンドルくらいしかない。それなら新しく横棒を追加してしまえばよいのでは?

 

 R0001367

↑使っていないネジ山がある。本来はラックやマッドガードを装着するため

 

R0001336

↑まずはネジを入れる。M5のネジ。

 

R0001321

↑ステンレスの棒を購入、太さはお好みで。今回は9mmくらいの細いやつ。

 

R0001322

↑長さを計測する。7cmくらい

 

R0001323

↑パイプカッターで適当な長さに切断。

 

R0001332

↑3分もしないで切断完了!

 

R0001335

↑ヤスリをかけて切断面を綺麗にする

 

R0001338

↑先ほどのネジに引っ掛けて、反対からもネジで固定

 

R0001368

↑ステンレス棒を外すと、構造がわかるかと。

 

 

R0001339

↑これで完成♪

 

棒に何も取り付けていないと、ガタがあるのでカタカタと音がする。しかし、鞄(ある程度の重量があるもの)を取り付けるので、問題無し。

 

実際に鞄を装着してみて

自作アタッチメントを利用して鞄を装着した結果、

  • ハンドル周りがスッキリした♪
  • 鞄が低い位置に装着されたことで重心が低くなり安定した
  • 後輪からの泥で汚れやすくなった

という、結果になった。

 

 

IMG 3995

↑バランスがいい♪

 

IMG 3996

↑ブレーキ干渉もしていない!!

 

IMG 3998

↑雨後に走ったりすると汚れる涙

 

横棒に取り付けるタイプの小型バッグは種類が豊富だ!自転車用ではなくて、カメラ用などを選ぶことができる。選択肢が増えたことで、ぜひ、自分好みの鞄を装着しよう!

 

今回かかった費用や工具

  • M5ネジ*2 = 100円くらい
  • ステンレス棒 = 100円くらい
  • パイプカッター(ダイソー製)
  • ノギス
  • プラスドライバー
  • 炎天下でホームセンターまで通う気力体力

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。ちょっとしたカスタマイズで自分だけの一台にできて嬉しいです♪