35周年記念モデルDAHON Curl i8が発売されるということで歴代の記念モデルを調べてみた

折りたたみ自転車の中でも老舗ブランドとして君臨するDAHON、その35周年記念モデルがいよいよ発売となるようだ。

本家アメリカの公式instagramアカウントfacebookアカウントでその情報が公開されている。

xx周年記念モデルと聞くと、ワクワクしてしまう。限定xxxなどにも弱い(^_^;) 過去にもxx周年記念モデルがあったので、それを調べてみてさらにワクワクしてみようと思うw

 

スポンサーリンク

35周年記念モデルDAHON Curl i8とは

dahon-curl

画像は公式facebookより

今までのDAHONの折りたたみ方法とは大きく異なる折りたたみ方。非常にコンパクトに折りたためるらしい。何よりもあのBROMPTONと同じ(ような)折りたたみ方法で……ゴニョゴニョ。

DAHON本家もBROMPTONをかなり意識しているようで、比較動画を自ら公開している。この動画を参考にしながら以前にも記事を書いた。

DAHON35周年を記念してCurlがついに登場します......!?
DAHON35周年を記念してCurlがついに登場します......!?
以前から噂があったものの、ついにDAHONが35周年を記念して新型の折りたたみ自転車を正式発売するらしい。 (* 写真などはこちらのkick...

そのDAHON Curl i8がいよいよ正式公開となり、35周年記念モデルとして登場することになった。主な特徴をあげると

  • 500台限定のモデルである
  • 記念なので通し番号が刻印されている
  • 希望番号を伝えることで、その希望がかなう(かもしれない)
  • US$1,780(200,000円相当!?)
  • 内装8段ギアで12.5kgくらい(たぶん)

 

7月1日から8月末日まで予約を受け付けているようで、日本でも8月末から販売開始らしい。(橋輪さん情報)

 

予約受付サイトはこちら

 

しかしながら、本家の記事でも8速のシマノ内装ギアと記載れている箇所と7速と記載されている箇所などがあり、混乱しているようだ。

「値段が高い!」とか「私ならBROMPTON本家を買うね」などと予想通りな手厳しいコメントも寄せられている(^_^;)

なにはともあれ、35周年おめでとう!

 

30周年記念モデルDAHON Presto SL

5年前の30周年では復刻モデルとしてPresto SLのシルバーが発売された。本当に格好良くて、私も購入するつもりだったが、あとちょっとのタイミングで売り切れとなってしまったのだ涙

 

presto-sl

↑格好いいよね♪(写真はdahon.jp公式サイトより)

あまりにも好評だったので、その後2016年にマットブラックに変えて継続された。この2016年モデルは徹底レビューをした!!!

注目の軽量小径車DAHON Presto SLの徹底レビューその1:詳細スペック編
注目の軽量小径車DAHON Presto SLの徹底レビューその1:詳細スペック編
DAHONの2016年モデルで目下注目といえば、DAHON Presto SL。16インチの小径車で変速なしだが、わずか8.1kgというその...

 

30周年記念モデルDAHON Anniversary

記事を書いてから冷静になってみたら、30周年記念モデルはPresto SLじゃなくて、別のモデルだった(^_^;) 現在のDAHON Mu Eliteの原型になったモデル。

451ホイールで30速変速。ブルホーンだけれど強引にSTI搭載とか、まぁ無茶苦茶な仕様でしたw

 

dahon-30

↑格好いいよね♪(写真はdahon.jp公式サイトより)

 

25周年記念モデルDAHON Mu XXV

25周年記念モデルは真っ白のMuだった。贅沢にDURA-ACEコンポで組まれていた!!!フレーム素材はマグネシウムで7.5kg、世界限定250台だった。

当時店頭に飾られているのをマジマジと見つめていたことを覚えている。こういうブログを始めることになるならば撮影しておくべきだったぜw

 

mu-xxv

↑めっちゃ格好いい♪(写真は橋輪さんよりいただきました

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。こうして振り返ると、DAHONは結構とんがっていたね。