折りたたみ自転車Tyrell FXに6年近く乗っているけれど気になるところ

Tyrell FXを購入したのは2011年。もう6年近くも乗り続けている。走行距離は30,000kmくらいになるだろうか!?

100km以上の走行や、筑波山への山登りなど「折りたたみ自転車では普通やらないよね?」という走りをしている。

フレームはver2.0のものなので、現在流通しているものとはフレーム材質が違うなど結構違いがある。

もちろん定期的なメンテナンスは欠かせない。メンテナンスしながら、ここが弱いなぁ?と思っているところがあるので、まとめておきたい。

 

スポンサーリンク

Tyrell FXの弱いところ、その1:フレーム折りたたみ箇所

当たり前だけれど、折りたたみ自転車は可動部分がある。どうしても「折りたたむ→展開をする」を繰り返すので、傷みやすい。また、本来の自転車であれば結合されているところが分離しているので、どうしても強度が落ちてしまう。

Tyrell FXの折りたたみでは可動箇所は次の通り。

 

フレームを分解するところ

R0000089 

↑フレームを分解

 

この箇所はクイックリリースと安全ピンでロックをしている。走行中に振動が走るだけでなく、クイックリリースで固定なので、緩みやすい。

また、クイックリリースの開け閉めを繰り返すので、定期的にグリスアップをしたい。

R0000064 

↑しっかりと洗浄してグリスアップ

 

私のTyrell FXの場合、かなり傷んでしまっている……涙

 

後輪近くの回転箇所

R0000082

↑後輪近く

 

この部分は折りたたむときに動かす。ネジ止めされているだけ。ネジを抜いてグリスアップをすれば良いと思う。

 

ボトムブラケット下でピボットをする回転箇所

この部分も基本はネジ止め。しかし、清掃するには多くのパーツを外さなければいけない。実際の所、私も一度しかバラしたことがない汗

今度オーバーホールするときは、しっかりと掃除しよう♪

R0000080 

↑ボトムブラケット下

 

 

Tyrell FXの弱いところ、その2:フォークの折りたたみ箇所

フォークの付け根が心配です!

R0000084 

↑フォークの付け根

 

初めは、走行中に絶対に折れて死亡してしまうのではないか???と疑がっていました(^_^;)

前方の衝撃が最も集まるところが折りたたみパーツになっているというのはとても怖い。よって常に、ロックを確認している。洗浄&グリスアップも忘れないようにしている。

幸い、今の所はこの箇所でトラブルにあったことはない。筑波山を下山するときも大丈夫だった。

しかし、こちらの記事によると、定期的に確認&修理をすることが薦められているパーツでもあるようだ。

さらにカーボンフォークなので、折りたたみ&輪行での傷が心配である。クラックが入っていないかは目視確認をしている。

 

Tyrell FXの弱いところ、その3:回転式ステム

Tyrell FXのステムはぐるりと回転する。このステムは重い。そして、剛性感に心配がある。

ある日のこと。加速しようと踏みこんだところ、ステムがぐるりと動いてしまった。このときから通常のステムに切り替えて、今は使っていない。

フラットバーハンドルは別として、ドロップハンドルなら回転してもしなくても、折りたたみサイズに差はない。固定式の方が軽くて安全だと思われるので、ドロップハンドルを採用している人は固定するのをお勧めする。

R0000083 

↑現在は3Tのステムを利用している。

 

R0000069 

↑回転式ステム、危険がいっぱいです

 

Tyrell FXの弱いところ、その4:チェーン

チェーン落ちしやすい涙 チェーンストッパーを装着しても、走行中&折りたたみ中に、チェーンが落ちやすい(^_^;)

折りたたみ中はブレーキを踏みながら、折りたためばチェーンが落ちることは滅多にない。コツが必要だ。

 

DSC 6524 

↑ブレーキを踏みながら折りたたむ

 

しかしながら、走行中のチェーン落ちは……、


治らない。

 

スピードを上げようとグッと踏み込む時に落ちやすい。まぁ、そういうもんんだと諦めている(^_^;)

チェーンラインの調整がヘボなのかなぁ〜。この問題の解決策があれば教えて欲しい。

 

Tyrell FXの弱いところ、その5:ボトルフォルダー

フレーム2箇所にボトルフォルダーをとめるネジがある。

 

R0000093 

↑トップチューブ

 

R0000095 

↑ダウンチューブ

 

しかし、この2箇所には難がある。トップチューブにボトルフォルダーを装着することは可能。可能だが、地面と平行であるために、フォルダーの種類によっては衝撃で落ちてしまう!!!

実際、私もサイクリングロードの段差でボトルフォルダーから落ちたボトルを踏んでしまった。結果として、落車をするという惨事にあったことがある。

Tyrell FXで落車しました、今回はボトルをおとして自爆です
Tyrell FXで落車しました、今回はボトルをおとして自爆です
先日サイクリングをしていたら落車しました涙 「また」という感じです。 写真を改めて見ても、悲惨な感じですね……。まあ、写真を撮る余裕があっ...

この事故以来、トップチューブにはボトルフォルダーをつけないことにしている。

ダウンチューブはそもそも狭くてボトルフォルダーの装着ができない。この位置は空気入れくらいしかつけられないが、物によっては折りたたみ時に邪魔となる(^_^;)

 

まとめ

最後に言いたいことは、30,000km近くも乗っている、そのくらい気に入っているということ。それでも気になるのは

  • フレームの折りたたみ箇所
  • フォークの折りたたみ箇所
  • 回転式ステム
  • チェーン
  • ボトルフォルダー

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。Tyrell FXなど20インチ折りたたみ自転車にはGIZA PRODUCTSの輪行バッグをお勧めしますよ♪