折りたたみ自転車Tyrell IVEで飛行機輪行に挑戦する!【その1:梱包編】

旅先で自転車があれば……!と思ったことありませんか?宿泊先から徒歩では遠くに行くこともできず、車では空気を楽しむことができない。自転車こそがピッタリだ!

基本的には電車輪行をすれば、どこにでも自転車をもっていける。離島に行くときも飛行機輪行をすれば問題ない。(日本国内は丁寧に荷物を運搬してくれる)

では、海外は?

海外に自転車を持っていく!折りたたみ自転車Tyrell IVEで飛行機輪行に挑戦します!!!

R0000024

↑Tyrell IVE海外へ!

 

スポンサーリンク

飛行機輪行の方法は?

Googleで調べれば、自転車をそのまま空港に持参したり、ダンボール梱包をしたりとさまざまな方法が紹介されている。しかし、その方法は今回採用していない。

そのまま空港に持参しなかった理由

空港までは自転車を持って行く方法がないのだ。空港までサイクリングしていくのか??他の荷物もあるんですよね。

空港までタクシー輪行?いくらかかるのだ……。

ダンボール梱包

これは安全な方法だ。専門の自転車梱包用ダンボールを使えば、安心して運ぶことができる。

しかし、大きなダンボールを空港まで運ぶことができない。自宅→徒歩→最寄駅→電車→空港という経路で大型ダンボールを運ぶのは無理。

また、現地で宿泊先まで運ぶのもほぼ不可能。

そこで、今回はスーツケースに入れることを考えた。スーツケースに入れることさえできれば、通常の荷物として飛行機で運ぶことができる!

 

なぜTyrell IVEを選んだか?

以前にDAHON Curve D7をスーツケースに入れる記事を書いた。16インチの方が18インチよりも小さいので、梱包しやすいはず。

それでも、Tyrell IVEを選んだ。理由?新しいことに挑戦したいからw

Tyrell FXを選ばなかったのは、フレームサイズが大きくて梱包できなかったからw

 

Tyrell IVEの梱包開始

今回用意したのは50cm x 72cm x 36cmのスーツケース。中サイズになるのかな?

R0000025

↑普通のスーツケースです

 

しかし、ただ折りたたむだけでは入らない。まず、次のことを行なった。

  • タイヤ空気を抜く
  • 前後ホイールを外す
  • クイックリリースを外す
  • チェーンを外す
  • リアDを外す
  • ハンドルポストを抜く

 

チェーンはミッシングリンクを利用したものが標準でついていたので、工具なしで外すことができた。

R0000036 

↑ミッシングリンク

 

リアDは負荷がかかると簡単に曲がるので、安全を考えて外す。ワイヤーはそのままなので、現地では取り付けるだけでok

R0000027

↑リアDを外す

 

これ以上は「おりたたみ」のレベルをこえて、「分解」になってしまう。これで梱包終了できればよいのだが……、

R0000029 

↑入らない

 

そこで、さらに次の箇所を分解することにした。

  • 後輪のフェンダー(泥除け)
  • チェーンガード
  • チェーンリング
  • ペダル
  • 輪行で転がすための小さい車輪

 

R0000031

↑出っ張りをなくす

 

なんとか輪行ができた!!!

R0000035 

↑梱包できたよ〜♪

 

あとは、無事に運び現地で組み立てるだけだが……。つづく

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。輪行袋にいれるだけでもいけるのかな〜!?