自転車の鍵、ライト、空気入れ、どうせ買うならしっかりと検討しよう♪【前編】

いよいよ春ですね〜、ということで自転車購入を考えている人もたくさんいるでしょう。ちょっと良い自転車を購入しようと検討すると、その値段に驚いてしまいますよね。私も10年くらい前は

 

「え?自転車に50,000円も!??ないわ〜〜〜」

 

と考えていました(^_^;)

そういう自転車購入予定者、春のサイクリングを楽しもうとしている人たちに水を差すような店員さんの言葉が

 

「鍵、ライト、空気入れは必須ですよ〜(さらにお金を使ってください)」

 

がーーーん、自転車に50,000円ですでに高いのに、さらに出費を強いるなんて……。

その3つが必須なのは疑う余地はない。もちろん、店員さんは安全性のために言っているのだ!決して売上のために言っているのではない。

しかし、店員さんに言われるがままに、「じゃあ、買います」と買わないでほしい。

自転車購入はブログをみて、どれがいいか吟味している。それなら、鍵、ライト、空気入れも吟味してほしい。それぞれに色々な種類があるのだ!

鍵、ライト、空気入れもよくよく検討して同時購入をしたいものだ♪

そこで、鍵、ライト、空気入れの選び方について買いてみた。

 

スポンサーリンク

自転車購入時に買わないといけない鍵の選び方

ママチャリとは違う鍵

鍵が必要です。ちょっと良い自転車には一般的なママチャリ用の鍵ではダメですよ

R0000003 

↑こういうのはダメ

 

理由はタイヤにある。前輪もしくは後輪だけをロックする鍵では意味をなさないのだ。スポーツバイクの多くは一般的にタイヤを気軽に外せるようになっている。クイックリリースと呼ばれるもので固定されており、簡単に着脱が可能なのだ。

 

DSC 6517 

↑クイックリリースを解除すると簡単にタイヤが外せるようになっている!

 

メンテナンスをするためには便利だが、セキュリティという観点からは不安がある。

よって前輪と後輪を同時にロックできるような鍵を選ぼう。

 

鍵の重さ

しかし、セキュリティ向上のために重すぎる鍵も考えものだ。重い=もちたくない=もたなくなる、となってしまう可能性が高まる。

↑amazon.co.jp広告、こういうゴッツイ鍵は安心が高まるかもしれないが……。

鍵は盗難を恐れてつけるもの。想定される泥棒は次の2種類に大別される。

 

  1. 歩くのが面倒で盗む人
  2. 窃盗のプロ

 

歩くのが面倒で盗む人がいる。そういう人に対しては、目立つ鍵をつけておいてアピールするだけで回避できるはず。

一方で、窃盗のプロに対しては何をしても無駄ではないだろうか。どんなに重くてゴツい鍵をもっていても、専用工具であっさり鍵を壊されて盗難されてしまうはず。

プロに狙われたら諦めることにしよう涙

 

鍵型か暗証番号か

鍵は大きく分けて2種類ある。鍵でロックするタイプと暗証番号タイプ。私は暗証番号タイプを選ぶことにしている。

ダイヤルを回すことで外せてしまうのでセキュリティは落ちる。でも確実に外せるのだ。

鍵タイプは敬遠している。理由は、自分が鍵をなくしてしまうのでw 出先で鍵をかけて無くして終了という展開をおそれているのだ(^_^;)

 

R0000010 

↑暗証番号なら自分も泥棒も外せます(^_^;)

 

鍵選びのポイントまとめ

  • 前輪後輪をロックできる
  • プロ対策は諦めて重いものにしない
  • 暗証番号タイプ

 

↑BB-Boroの鍵は愛用している。おすすめ♪

 

ライト選びと空気入れについては後編へつづく

自転車の鍵、ライト、空気入れ、どうせ買うならしっかりと検討しよう♪【後編】
自転車の鍵、ライト、空気入れ、どうせ買うならしっかりと検討しよう♪【後編】
春の明るい日差しが差し込んでくると、新しいことを始めたくなってくる。そこで、自転車購入を考えている人も多いだろうが、同時に購入するアクセサリ...

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。都会を走るなら危険がいっぱい。駐輪場探しもしっかりと!新宿はここ銀座はここ

自転車通勤をはじめる前に検討したい4つのこと
自転車通勤をはじめる前に検討したい4つのこと
最近、Tyrell FXで通勤をしている。颯爽と赤い自転車で通勤する姿は格好いい(と信じているおじさんがここにいますw) 自転車通勤をはじめ...

 

コメント

  1. ゆきはん より:

    目からうろこですね、
    ◯歩くのが面倒で盗む人
    ◯窃盗のプロ
    の視点は。重い鍵持つの、止めて、軽くて長いケーブル系を複数持つことを検討します。

    • Kei より:

      コメントありがとうございます。記事にもある通り、現状では軽くて長いケーブルがベストだと思っています。技術が進んで、もっと革新的な鍵ができるといいのですが。。。