Tyrell IVEで行きました♪東京からサイクリングスタートして太平洋を見るには!?

太平洋いいですよね♪ 東京湾のような内海ではなくて、外海をみる。なんだか開放感で気分スッキリします♪♪♪

そんな太平洋を見るために、東京都と千葉県の境からサイクリングをした!千葉県をスパッ!と切るような70kmをレポートします!!

 

Chiba split into two

↑千葉県を真っ二つ!

 

スポンサーリンク

千葉県とは?

千葉県は広い。それもそのはず、江戸時代まで遡れば、下総国、上総国、安房国と3つの国だった。ざっくり言うと、その3つが合わさってできたのが千葉県である!

その千葉県をサイクリングで制覇しようとすると、とてつもない距離となる。東京都から太平洋(外海)までサイクリングするとどうなるかレポート!!!

 

最初の30kmくらいは苦行です

東京都から千葉県に入るルートはいくつかあるが、もっとも一般的なルートは市川橋を渡るルートかと思われる。千葉街道(国道14号)、あるいは総武線の横を走る道といえばわかりやすいだろうか。

他にもいくつかの橋があるが、市川橋を渡ったところを起点として考えたい。

市川橋をわたってしばらくは(といっても30kmくらいは)都会のベッドタウンを走ることを強いられる。つまり

  • コンビニがたくさんあるので補給に困らない
  • でも道が細い
  • 道がボコボコな箇所が多い
  • しかし、トラックもビュンビュン

というサイクリングにとっては苦行となる道が続く。千葉街道(国道14号)、成田街道(国道296号)などは基本的に絶望的です。

Chiba north west

↑千葉県北西部はサイクリングに不向きです涙

 

裏道を使うとすると遠回りは否めないし……。

もし、輪行できるなら一気に四街道駅くらいまでワープしたい。

 

 R0000054 2

↑四街道市到着。この辺りまでは道も狭くて車が多い涙

 

R0000059 

↑四街道駅の先、国道51号に入ると車の往来が減って来る。

 

 R0000068

↑八街市に至ると、走りやすくなってくる。

 

70km近い行程で必要なこと

もし四街道駅までワープしないなら、太平洋をみるまで約70kmである。サイクリングロードではないので、排気ガス&危険との戦いになる。

そんな状態、つまり、排気ガスにまみれて、ひたすら70km近くを走り続けるのは辛い。そして、休憩するのはセブンイレブン、ローソン、セブンイレブン、ミニストップ、セブンイレブン……とコンビニばかりでは辛いのだ!(そもそもコンビニさえもあまりないけれどね)

 

R0000044

↑ミニストップは必ずイートインがあるのでオススメだが飽きるw

そこで、東京都から太平洋を目指すときに寄り道するのにオススメな箇所を示しておきたい!癒しのオアシスとなれば幸いである。

 

太平洋まで行く途中で寄り道その1:讃岐うどんのお店『しょうね家』

なぜ千葉県で讃岐うどん???というツッコミはわかる。しかし、『しょうね家』さんの讃岐うどんは、かなり美味しい。平日昼に20席が埋まるくらいに人気である。

確かに讃岐にいけばもっと美味しいお店があるかもしれない。しかし、千葉県で太平洋を目指して走っているサイクリストにとっては、文句のつけようがない讃岐うどんのお店である。

特にかき揚がオススメだ!紅生姜、エビが入っている。さらに古い油を使っている様子もなく、おいしく食べることができた!

R0000074 

↑かき揚うどん、マジ美味しいです♪

 

場所は八街市から富里市に入ってすぐの県道43号沿い。あたりには畑しかないので、見過ごすこともないだろう。

 

R0000082

↑県道43号、しょうね家さん近くでパチリ♪

 

↑しょうね家さん

 

太平洋まで行く途中で寄り道その2:寒菊酒造

しょうね家さんから16kmくらい離れている。つまり、次のチェックポイントとしてはぴったりと思われるのが、寒菊酒造。地元では有名(らしい)酒造。九十九里オーシャンビールという地ビールを生産していることでも知られる。

もちろん日本酒も製造しており、ぜひ立ち寄りたいお店だ!

R0000102 

↑総武本線、太平洋まであと少し♪

 

R0000115

↑寒菊酒造到着♪

 

完全禁煙となっているレストランでは試飲や生ビールを飲むこともできるが、サイクリング途中なので、涙ながらに遠慮をしましょう。

R0000108 

↑ギフトコーナーもあります♪

 

ゴールまであと5kmくらい

寒菊酒造を過ぎれば、ゴールまであと少し。

ひたすら苦行のようなサイクリングに耐えよう。追い風のポカポカ陽気であることを祈っている。私の場合?向かい風にさらされる曇天の中を走りました涙

ゴールまであと少し、がんばれ!

なんども心が折れそうになった。それでも懸命にペダルを回す。クルクルクルクル……。

ようやく70kmを過ぎたあたりで波の音が聞こえてきた。正確には海風が強くなってきた。

 

そして、ついに……

R0000122

↑太平洋到着!!!

 

この高揚感はなんだろう。単に70kmサイクリングして海を見ただけなのに……。車で来るのとはぜんぜん違う、普通の海も輝いて見える。これこそがサイクリングのマジックなのだろうか!?

R0000128 

↑確かに太平洋は輝いている……。

 

感動に浸っていること約3分、あまりの寒さに撤収することにした。見渡す限りの海と砂浜、視界に入る人口は0人。本当に寒かった。

R0000138 

↑撤収します!

 

R0000156

↑帰りは最寄駅(といっても浜辺から5km以上)から輪行

 

R0000171

↑小旅行を振り返りながらの帰り道……。こんな旅行ができるのも輪行サイクリングの魅力である。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。輪行袋は絶対に忘れずに!