海外通販サイトwiggleを利用して自分用クリスマスプレゼントを購入した話

やっぱりクリスマスということで、自分用にクリスマスプレゼントを用意したw 今回も自転車通販でおなじみのwiggleを利用しましたよ♪

 

スポンサーリンク

海外通販を利用するメリットとデメリットは!?

インターネットショッピングというと、amazon.co.jp、楽天、ヤフーショッピングなどが有名だが、自転車専門の海外サイトもあるのだ。

海外サイトを利用するメリットは

  • 為替相場の違いで格安になることがある
  • 市場が違うのでそもそも格安なことがある
  • 日本では流通していないものが手にはいることがある

 

というのが挙げられる。一方で、デメリットは

  • amazon.co.jpプライムに慣れていると辛い。商品到着に2-3週間かかる
  • 関税がかかってしまうことがあり、結局高くつくことがある
  • 商品、特にサイクルウェアなどのアパレルはサイズで悩むことがある

 

ということが挙げられる。

 

今回購入したウェアはdhbブランド。これはwiggleのプライベートなので、海外通販でしか購入することができない。「日本では流通していないものが手にはいることがある」というメリットがある一方で、「サイズで悩む」ということになる。

もっとも、wiggleの場合、サイズ表がある。よって、それを参考にすれば概ね大丈夫なことが多い。今回は、それでもちょっとキツめだったが。

R0000020 

↑dhbブランドを愛用しています♪

 

どのような海外通販サイトがあるのか

主な自転車用品を扱う通販サイトをまとめると

日本語サイトがある

  • wiggle(イギリス)
  • Chain Reactions Cycles(アメリカ)
  • Cycling Express(台湾)

 

他に自分が利用したことがある他の海外サイトだと

  • ProBikekit(イギリス)
  • SJS Cycles(イギリス)

などがある。

送料は購入金額が8,000円を超えると無料になるサイトが多い。(全部ではないので要確認)

 

商品到着までの経緯

今回は、サイクルウェアの長袖をwiggleで購入した!!!その入手までの経緯を報告する。

12月4日 寒いのでセール品となっていたウェアを注文

12月4日 即日で梱包が完了したよ♪というメールが届く

12月吉日 待てども待てども商品が届かない。クリスマス商戦で配達が遅れていると言い聞かせる

12月16日 商品到着予定日だが何も届かない涙

12月18日 商品到着、関税をしっかりと取られる。

 

R0000581 

↑wiggleやっと到着したよ……。

 

関税はいくら徴収されるのか

海外から商品を輸入すると、税関で課金されるようだ。課金されることもあれば、されないこともある。また、いろいろなwebサイトの報告をみると、様々な金額が課金されているようだ。結局、税関職員の胸先三寸ということか。

しかし、そんな関税もまとめると

16,666円以下なら課金されない。

16,666円を超えると、8%-10%くらいが課金されるようだ。商品の種類によっても違うようだ。

今回は手数料込みで3,000円も取られてしまった涙

なお、Cycling Expressは関税が発生した場合はポイントで還元する(こともある)というサービスをしているようだ。

 

まとめ

  • 海外通販にはメリットとデメリットがある。
  • 8,000円で送料無料が多い。
  • 16,666円以上だと関税がかかることが多い。

 

今日もdahondego.comにお越し頂きありがとうございます。よく吟味すれば掘り出し物に出会えるかもしれません。

wiggleは日本円で日本語サイトなので、試してみよう♪