本当にそんな明るいライトがいるの?CATEYE VOLT800を購入したのでCATEYE VOLT400と比較してみた

冬場のサイクリング。日が落ちるのも早いので、常に自転車ライトは装着しておきたい。

今まではCATEYEのVOLT400を使用していた。全く問題ない十分な明るさをもつライトである。しかし、ちょっとした気まぐれで上位モデルのVOLT800も購入してみた(^_^;)

VOLT400とVOLT800の比較をしてみる。

 

スポンサーリンク

CATEYE VOLT400とCATEYE VOLT800のスペック比較

それぞれ名前の末尾にあるとおり、400ルーメン、800ルーメンで前方を照らすことができるライトである。

重量比較

R0000420

↑恒例の重量計測CATEYE VOLT400は127gだった。

 

R0000422 

↑CATEYE VOLT800はちょっと重めの150g。バッテリが大きいのが原因だと思う。

 

明るさについて

ハンドルにライトをくくりつけて夜道へ繰り出していく。

R0000008

↑ライト装着。

 

400ルーメンと800ルーメンというのは次のような明るさである。

R0000001 

↑400ルーメン

 

R0000003 

↑800ルーメン

 

R0000005

↑ちなみにLezyneのライト、Lezyne Micro Drive 400XL Front Light Y9。これも400ルーメン。

 

こういう明るさを測定するときはカメラの露出設定を固定しないと意味ないです。今回はISO100、シャッタースピード1/13、F2.8で撮影しました。

正直にいって、400でも800でも正面からみれば眩しいことに変わりない。視認してもらうという点では800はオーバースペックだと思う。

800ルーメンなんていりませんねw これだけだとCATEYE VOLT400で十分ということになる。

 

CATEYE VOLT400とCATEYE VOLT800の照射モードについて

両者の照射モードを比較してみよう。最大値比較ではなくて、弱中強それぞれの明るさも確認しておきたい。

CATEYE VOLT400は次の3段階。

  • 400ルーメンで3時間
  • 100ルーメンで8時間
  • 50ルーメンで18時間

 

一方で、CATEYE VOLT800は次の3段階。

  • 800ルーメンで2時間
  • 400ルーメンで3.5時間
  • 200ルーメンで8時間

 

ここでポイントは次の通りだと思う。

  • 400ルーメンで比較するとCATEYE VOLT800の方が1.5時間長持ちする。
  • CATEYE VOLT400は200ルーメンのモードがない。

 

どの明るさを常用するかで選ぶと幸せになれそうだ♪

 

必要な明るさについて

個人的には次のような感覚をもっている。

  • 都内の国道=ライトなくても十分
  • 市内の一般道=200ルーメンくらいがちょうどいい
  • 市内の路地=400ルーメンあると安心
  • 河川敷=800ルーメンでも足りない

 

夜に都内を走ることはほとんどないので、自分には50ルーメンなどのエコモードは必要ない。主に走るのは市内の一般道なので100ルーメンでは物足りず、400ルーメンでは電池が勿体無い。

よって200ルーメンのモードがあるCATEYE VOLT800はとても使い勝手が良いのだ!

普段は200ルーメンで走行して、暗い道に入ったら800に切り替える使い方が良さそうだ。

 

R0000418 

↑ダブルクリックすると、すぐに最大の明るさ800になります。

 

まとめ

必要な明るさを考えてライトを選ぼう。個人的には200ルーメンのあるCATEYE VOLT800をお勧めする。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。衝動買いした後に正当化しているわけではありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする