14インチの小径車DAHON Dove Unoに試乗してみた!

2017年モデルからDAHONに登場したモデルがある。それは14インチのDAHON Dove Uno。

私がこのブログで発売をリクエストしたことが関係者の目に止まって、あれよあれよと代理店の会議を通過して発売となった!!!……と妄想しているw

謎に包まれた14インチDAHON Doveなんだが2017年に日本で正式販売しないかな!?
謎に包まれた14インチDAHON Doveなんだが2017年に日本で正式販売しないかな!?
このブログではDAHONの中でも最もコンパクト(だと思われる)16インチのDAHON Curve D7のカスタマイズの模様を報告している。し...

 

今回、DAHON Dove Unoに試乗する機会があったので、じっくりとレポートをしたい。

 

スポンサーリンク

DAHON Dove Unoとは

14インチのDAHON。もう一度

「14インチ」

今までのDAHONは16インチが最小サイズだった。私がコンパクトさに惹かれて愛用しているDAHON Curve D7も16インチである。

それよりもさらにコンパクトな14インチを選ぶということは、走行性能を犠牲にしてでも、コンパクトな折りたたみサイズと軽さを実現しようとしているのだろう。

折りたたんで、車のトランクに乗せておいて、キャンプ先でちょっと走る。

職場に置いておいて、ちょっとコンビニに行くときにサッと走る。

そんな利用方法が想定されていると思う。実際にカタログには次のような記載がある。

コンパクトサイズが魅力の14インチホイールバイク。

サイクルライフもっと身近に、オフィスにもアウトドアにもどこにでも携行したい方のために

サイズと軽さを両立しフォールディングバイクの存在意義を追求した。

 

このようなコンセプトなので、車体重量は8.8kg、シングルギア、フェンダーつきというのが特徴だ。スピードを出してガンガン走ることは絶対にできないだろう。

R0000214 

↑DAHON Dove Uno

 

細かいところが気になります

走行性能を云々言う前に気になるところが多々ある。たとえば

 

R0000232

↑フレームが持ちづらい

チェーンラインの都合なのか、タイヤサイズによるのか、いずれにしてもフレームをもとうとすると、手を汚してしまう涙

ここではない別の場所をもってフレームを持ち上げる必要がある。

 

R0000223 

↑キックスタンド

14インチであるためか、子供用自転車に備え付けられているデザインに見えるのは気のせいだろうか。

 

R0000222 

↑ハンドルポスト上部クランプ

ハンドルをクランプするパーツが2015年モデルで廃止されたタイプ、つまり旧モデルが利用されている。現在のDAHONはクランプ形状が変わって剛性感が増しているはず。

 

DSC 1246

↑現在の主流

 

R0000235 

↑ハンドルポスト

そもそも、ハンドルポストの固定レバーを手動で回すタイプ。これは、中国国内モデルなどで見られるタイプ。

ここで思ったことは、14インチモデルは実験なのではないだろうか?という仮説。

とりあえず、いままでOEMで発売していたモデルをDAHONブランドでも出してみよう♪

しかし開発している時間はないから、名前をDAHONとして、市場調査をしよう♪イエーイイ♪

みたいな感じなのでは?

あきらかに現在発売されている他のモデルとは雰囲気が違う。

R0000228 

↑ホイールにDAHONマークが付いているのはポイント高いが……!?

 

肝心の走行性能

予想どおりだった。ホイールベースが長くないからか、どうもペダルを力強く踏むことができない。バランスを崩して前輪ウイリーをしてしまうことが数回あった。

トップスピード(22km/hくらい?)にすぐたどり着いて、重いギアがほしいなぁと思ってしまう。

これなら同価格帯のDAHON Curve D7を強くお勧めしたい!!!

 

折りたたみサイズ比較

次の表を見てほしい。

車種

タイヤ径

折りたたみサイズ

値段

DAHON Dove Uno

14インチ

W63×H55×D30cm

51,000円

DAHON Curve D7

16インチ

W73×H60×D34cm

68,000円

確かに、スペック上ではDove Unoの方が小さいが、実際はそんなに違和感を感じるほどの差があるとは思えなかった。

R0000237 

↑DAHON Dove Unoを折りたたんでみた。コンパクトなのは疑いの余地がないが。

 

どうしてもコンパクトがほしいならRenaultという選択肢も

どうしても14インチでコンパクトにこだわるなら、Renaultはどうだろう。サイクルモード2016で見つけたのだが、値段と軽さのバランスはRenaultの方が良いように感じる。折りたたみ自転車を常に持ち歩くなら、サイズだけでなく重量も大事になってくる。

 

車種

フレーム材質

重量

値段

DAHON Dove Uno

アルミ

8.8kg

51,000円

Renault Ultra Light 7

アルミ

7.4kg

60,000円

Renault Light 8

アルミ

8.3kg

40,000円

 

おそらく、Renaultの自転車はDAHONのOEMなので、その性能はそんなに差がないはずだ。

 

R0000129

↑Renault Ultra Light 7は圧倒的な軽さで心配になってしまう(^_^;)

 

まとめ

14インチのDAHONがどうしてもほしい人にお勧めしたいDAHON Dove Uno。軽量コンパクトならRenaultがよいのでは?