徹底分析!!話題のミニベロtern surgeに乗ってみた!

ミニベロに関心がある全員が注目しているtern、そのこだわりのデザインが話題の中心となっている。2017年モデルから、なんと451ホイールのミニベロを発売!!それで、また市場を賑わせている!

今までは20インチ406しかラインアップしていなかったが、突然451ホイールで折りたためないミニベロを発売してきた。そのビジョンはよくわからないが、驚きだったのは事実だ!!!

今回はtern surgeに試乗をしてきたので、その試乗体験をレポートする!!

 

R0000041

↑tern surge

 

スポンサーリンク

tern surgeとは

あらためてポイントを書くと

  • ドロップハンドル
  • 451ホイール
  • 折りたためない
  • 色が独特
  • 89,000円

という挑戦的なモデル。これについては発表時にもレポートしているので参考にして欲しい。

ternから2017年モデルのミニベロが先行発売される!その名もSurge!!!
ternから2017年モデルのミニベロが先行発売される!その名もSurge!!!
ternから折りたためない自転車、つまりミニベロとして新型が発表&先行発売されるとの公式発表があった!   まだ、試乗どころか実物もみてい...

 

tern surgeの写真を撮りました

試乗したのは夜だったので、写真が暗い。それでもポイントは伝わると思う。

キャリパーブレーキ

R0000050 

↑もっとも気になるキャリパーブレーキ

キャリパーブレーキはロングアーチにみえる。なぜ???太いタイヤを履くことも想定しているから??お店の人の話では、

「舟を調整すれば通常のキャリパーブレーキでも大丈夫……かも!?」

まだ試していないらしい(^_^;)

 

人柱募集。正直に言って、ブレーキはちょっと不安だった。

コンポ(キャリパーブレーキ以外)

基本はSHIMANO Clarisを採用している。フロントD、リアD、STIと全てClaris。未確認だがスプロケやチェーンもそのレベル。クランクは他社製。

日頃SHIMANO 105に慣れていると違いを歴然と感じる。変速レバー(STI)が重い。変速を105の感覚で行うと、一発で決まらない。いかにも

「カスタマイズしてください。」

と訴えかけられているような気分だw

R0000035 

↑リアDはClaris

R0000037 

↑フロントDもClaris

R0000028 

↑STIもClaris、この触覚のようなワイヤーが好きになれないです。

 

フレームになぞのボルト

R0000032 

↑フレームにボルトがついている

このボルトの用途はイマイチわからなかったが、どうやらリアキャリア搭載用だと判断した。このミニベロデザインでリアキャリアは「なし」と思うのだが……。

 

R0000045

↑そういえば、シートポストの固定もフレームで直接するタイプだ

 

特徴的なフォーク

フォークは700c用のものを利用している。それによってフレームのダイヤモンドを綺麗に見せている。パーツ共用もしやすいのでコストダウン!?しかし、バランスを取るために、スペーサーコラムを随分とたくさん挟んでいる。うーむ。

R0000057 

↑コラム数多くないですか!?

スペック全体を写真を撮りながら見渡すと100,000円以下にするために工夫されていると感じてしまう。

しかし、そのようなネガティブなコメントも、試乗すると、評価が一変する!!!

 

肝心の走行性能

まずは、駐輪場から車道に出すために

「よいしょ」

と持ち上げると体に電気が走る。ビリリリリリ!

 

なんだこの軽さ!

 

10kgを下回るのは確実!とても軽い車体に感じる。軽いということは加速性能が良いということ。

 

R0000040

↑夜の道へGo!!!

 

いざ、走り出すと、あっさりと25km/hを超えてしまう感じ。グングンと進む感触がある。試乗したところが平坦路ばかりなので、評価は難しいが、きっと坂道でもやっていけると感じた。

フレームサイズも2種類ある。46サイズと50サイズ。私が試乗したのは50サイズのものであるが、46もあるので、小柄な人でも乗ることができそうだ。

R0000042 

↑サイズはしっかり確認しよう♪

一方で気になったのが、ハンドル位置。慣れの問題もあるだろうが、ハンドルはやや手前にありすぎるような気がした。さらに、横幅がとても広いハンドルであることが心配される。

このあたりを再検討してマイナーアップグレードをしていけば、きっと素晴らしい自転車になるはずだろう。おそらく

  • 自転車本体=100,000円
  • コンポ105へ交換=40,000円
  • 自転車ライトと鍵=10,000円

くらいの出費かと思われる。すぐにカスタムを考えてしまうのは(以下略)

 

試乗車に乗ったお店=サンクスサイクルラボ

今回お邪魔したのは、サンクスサイクルラボさん。

 

江戸川区西小岩発のスポーツサイクル専門店

初心者に一番やさしいショップです

 

とwebサイトにも記載されている通り、とても感じの良いお店であった。knogのベルoiを購入するために訪れたのだが、うっかりサイクルウェアやtern surgeを購入したくなるような安心感を与えてくれるお店でした。

 

R0000046 

↑サンクスサイクルラボさん

 

knog oi(自転車ベル)の記事はこちらから

knogの新作ベルoiを装着しました!どこにつけたかわからない♪
knogの新作ベルoiを装着しました!どこにつけたかわからない♪
多くの人(自転車マニア、自転車屋、このブログの読者)が待ち望んでいた高級オシャレな自転車ベルが入荷し始めている。早速購入してきましたよー! ...

 

tern surge発表したときの記事はこちらから

ternから2017年モデルのミニベロが先行発売される!その名もSurge!!!
ternから2017年モデルのミニベロが先行発売される!その名もSurge!!!
ternから折りたためない自転車、つまりミニベロとして新型が発表&先行発売されるとの公式発表があった!   まだ、試乗どころか実物もみてい...

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。tern surgeには上級モデルの限定版が登場している。どの程度違うのだろうか……!?試乗車借りてもいいですよーw