折りたたみ自転車Tyrell FXのハンドルとステムを分解して清掃してみたよ♪

Tyrell FXの調子が悪い。20,000km以上を走行しているわけだから、そりゃあいろいろなところにトラブルが生じてくるのは当然だ。

今回は、走行しているとハンドルが取られて、タイヤがグニュッとなる違和感。原因はいろいろと考えられるが、まずはハンドルの調整をしてみた。秋雨全線の影響でサイクリングに行くこともできないしね涙

 

スポンサーリンク

掃除開始♪

まずはネジを緩めて、フォークを外してみる。黒くなっているグリスが見える。徹底的に拭いて、グリスを塗り直す。

R0000080

↑黒くなっている

 

Tyrellターンステムの清掃

R0000081 

↑回転ステムもメンテナンス

 

そもそも、このステムが重い。Tyrell FXの弱点じゃあなかろうか。走行中に曲がったりしないのだろうか……と心配になってしまう。ステムには結構な体重がかかっていると思うのだ。走行中にグルリンとステムが動いたら死んでしまう。

「Tyrell ステム 破損」みたいなキーワードでGoogle先生に聞いてみたが、今の所、トラブルがあったことは報告されていない。しかしながら、クイックリリースのみで固定なので、ちょっと心配だ……。

R0000085 

↑ステム分解して掃除

 

さらに清掃を続ける

メンテナンスの基本は分解&洗浄&グリス&締め直すだ!、難しそうな箇所はプロにお願いすればいいし、そうでもないなら自分でどんどんと行おう!

 

R0000086 

↑フレーム側のベアリングも分解清掃

 

R0000087 

↑バラバラにして掃除。

 

R0000091 

↑フレーム側にもグリスを追加

 

R0000092 

↑全部掃除して組み直した。

 

ハンドル清掃を終えて

ハンドルが少し軽くなった気がする。あくまで「気がする」w 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。タイヤがグニュとなる感触は依然として残っているので、タイヤ交換をする必要がやはりありそうだ。