サイクリングは一人でするべきかグループでするべきか

サイクリングは趣味である。だから、どのようなサイクリングをしても他人に多大なる迷惑をかけなければ良い。しかし、ここで大きな疑問が生じる。

 

サイクリングは一人でするべきか?それともグループでするべきか?

 

さあ、どちらが良いか一緒に考えよう♪

 

スポンサーリンク

スピードとペース

一人でサイクリングをすれば、自分にぴったりのスピードで走ることができる。「今日は30km/hでガンガン飛ばそう!」とか「まったり18km/hでいきたい」とか巡航速度を自分で決めることができる。

疲れたら、休める。走りたくなったら走る。自分勝手なペースで進むことができるのも一人の魅力である。遅い彼奴に合わせる必要もないし、速い人に懸命についていく必要もないのだ。

DSC 8032

↑サイクリングは孤独なのだ!

 

ルート選択について

「目的地はxxx!!!」

と、決めたとしても天候や体調で変更したい時もある。一人ならば、気兼ねすることなく変更することもできる。輪行バッグをもっていれば、

「や〜めた!!!」

と思ったところでやめることも可能だ。

サイクリングこそ自由気ままに行われるべきではないか!?

Which route do you prefer

↑Google Mapsを見てルートを考えていると楽しいですよね!?

 

エネルギー消費について

しかしながら、グループで走れば楽である。一人で走るよりも集団で走る方が楽である。空気抵抗を抑えることもできて、体力を蓄えることもできるのだ。人の後ろで走ることは信じられないくらいに楽である。

一人だと、向かい風にも一人で立ち向かう必要があるので孤独な戦いである。

 

DSC 2607

↑空気抵抗は大きい!人についていく方が楽である。

 

コミュニケーションについて

不思議と自転車談義はおもしろいw ちょっとした休息などで同じ趣味を共有するもの同士で語りあう、そうするとなぜか疲労快復も早い気がするのだ。大人になっても、趣味を通じて人と出会えるのは素晴らしいことだと思う。

 

IMG 1756

↑おしゃべりできるサイクリングは最高です♪

 

まとめ

  • 自分のペースで快適に
  • 自分でルート選択
  • 集団だとエネルギー保存
  • 集団でたのしく自転車談義

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。一人と集団、どちらも甲乙つけがたいです。つまるところ、サイクリングは楽しい♪ しかし、万が一に備えて、輪行バッグはしっかりと携帯したい。

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする