書いていたらオーストラリア、パースで自転車に乗りたくなってきた!その2:自転車屋さん事情

旅先のオーストラリア、パースの様子を伝えていくシリーズ。前回は素敵すぎる道路状況についてレポートした。

書いていたらオーストラリア、パースで自転車に乗りたくなってきた!その1:素敵な道路状況
書いていたらオーストラリア、パースで自転車に乗りたくなってきた!その1:素敵な道路状況
旅先に行くと、その地で自転車がどのように使われているか気になりますよね!?このブログを見ていただいている皆さんは同調してくれると信じているw...

今回は自転車屋さん。自転車屋さん?私にとって自転車屋さんは観光地そのもの。訪問して、そこにいる人と話をして、写真を撮って……皆さんも同じ思いでしょwww

 

動物園や美術館を散歩しているようなものだ!

 

というわけで、パース自転車屋さんレポート!

 

スポンサーリンク

自転車屋さんの様子(市内)

市内にはアパレル、パーツ専門店があった。会社の昼休みにちょっと購入!みたいな感じなのだろうか。住民にかなり自転車が浸透している印象をうける。

DSC 3190 

↑街のど真ん中に自転車パーツ、アパレル店。表参道の端にお店がある感じ!?

 

DSC 3191 

↑扱う商品はどこの国でも似たり寄ったりやね(^_^;)

 

自転車屋さんの様子(郊外) 

郊外ではウェアハウスのような広々とした空間で自転車を扱っているところが多い。車社会なので、10kmくらいは「すぐそこ」という感覚。その「すぐそこ 」に数件の自転車屋がある。日本でママチャリを扱っている自転車屋と同じくらいの量の(スポーツバイクを扱う)自転車屋さんがある感じ。主な店は

  • The Bicycle Entrepreneur (TBE)
  • The Bike Forum
  • Churchill Cycles

まあ、このあたりが大手であるようだ。セオサイクル、ワイズロードという感じだろうか。

 

DSC 3254 

↑広いフロアに陳列されている(無造作に並ぶ自転車群w)

 

自転車屋さんの様子(個人商店は?) 

さらに、個人商店にも行ってみた。店長一人で切り盛りしているようなお店。ロードバイク、マウンテンバイク、キッズバイクという扱いが多くて、パーツ類は補充パーツが中心という感じだった。数世代前の在庫が残っているところもあり。

 

DSC 3590 

↑個人商店だって観光地♪

 

DSC 3594 

↑まあ、普通の自転車屋さんという感じ?

 

DSC 3592 

↑日本ではありえないSRAMの在庫もあったw

 

ショッピングは楽しくない。だってインターネットが……

ところで、自転車関連のショッピングはいまいち楽しくない(^_^;) まさか自転車そのものを購入するわけにもいかない。わざわざオーストラリアで買って輸入する利点が全くない。そこで


「ちょっと小物でも!?」

 

と考えたが、日本で買えるものとほぼ同じ。自転車屋でおみやげ!というのはちょっと厳しいかもしれない。インターネットのおかげで世界中のものが手に入るようになって、現地で購入可能なものはインターネットで購入可能である。ちょっと残念だ。

 

まとめ

自転車屋さんは観光地。是非訪れてみよう!

 

今日もdahondego.comにお越しいただきまことにありがとうございます。ヘルメット購入します!Karmor良さそうです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする