Tyrell CXで80km走ってみた感想その2:クロモリフレームってそんなものなの?

Tyrell CXになんと試乗する機会を手にいれた!!!持つべきものは友人だよね〜、というのは前回の話。

Tyrell CXで80km走ってみた感想その1:スペックをみてワクワクした
Tyrell CXで80km走ってみた感想その1:スペックをみてワクワクした
私のメインバイクで、最高にお気に入りの自転車=Tyrell FX。走行距離はすでに20,000kmを超えていると思われる。 そんな私が次に考...

その前回はスペックを見直した。今回は実際にサイクリングしてみた最初の印象を書いてみた。 

 

スポンサーリンク

いざ、Tyrell CXで市街地で試乗開始!

DSC 8464

 

公道にて期待で胸を膨らませて、いざペダリングをスタートする。最初は片道2車線の行動を走る。よいしょとペダルを踏む。

 

え……???

 

ハンドルが近すぎる。前傾姿勢が取れない!?このポジションは辛いかも。

それでもさすが10kg以下の車体。ペダルを踏んでスピードにのると軽快に進む!!!

……と思いきや、都心部ではすぐに信号でストップ。

ストップ、加速、シフトアップしてスピードに乗せる、いい感じになりかけたところで信号が変わる、シフトダウンして原則、ストップ、加速、シフトアップして……

ストップ&ゴーばかりやないか!!!

今までミニベロに乗っていて気づかなかったが、やはりタイヤ径が大きいと加速するのが大変なようだ。

 

坂道はどうなの?とTyrell CXで坂道に挑戦!

それなら坂道はどうだ!?斜度8%くらいの坂。すでにスプロケットは最大28Tを選んでいる。ゼエハァ、ゼエハァと息を切らして登っていく。

頂上(といっても市街地なので距離にして100mくらい?)で足をついてしまう。やはり、タイヤが大きいと登りづらいのか?でもロードバイクの大きなタイヤでみんなガンガンと上がっていくよね!?

フラットハンドルが原因なのかな?

ちょっと喉が渇いたそういえば、走行に夢中になっていて水分補給をしていない。気温は推定28度。夏。しっかりと水分補給をしないと熱中症になってしまう。よいしょとフレームに手を伸ばす……。

ってボトルケージつけられないんだった!

 

IMG 3192 2

↑フレームにボトルケージを固定するところがない。

まあ、路面に対して水平なところにボトルをつけると、走行中に落としてしまうからないんだろう。。。でも、あー、これは辛いぞ。ボトルケージ取り付けができない自転車ということは長距離厳しいのでは!!!?

とりあえずサイクリングジャージの背中ポケットにいれて走行することにした。

 

なんだかんだとTyrell CXで15kmくらい走行

15kmくらい走りました。そんなこんなで15kmくらい試乗したら、なんだか手というか腕にとてつもない疲労感が広がっている。体全体で、「もうサイクリング嫌だ」と訴えている感じ。クロモリフレームはしなるから疲労しないと言ったのはどこのどいつだ(-_-#)

クロモリフレームなのにしなっていないのでは???そう思わせるのはフレームの構造だ。ダイヤモンドフレームを横断する2本のパイプ。これがTyrellの特徴なのだが、これのおかげでフレームが硬くなっているのではないか???

IMG 3178

↑赤線を引いたところがあるので、フレームが硬いのでは!?

 

自宅に戻ってwebサイトであらためて値段をチェック

 

Tyrell CX 184,000円。

 

うーむ(-_-#)

 

つづく

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。もう少し、乗ってみると印象が変わってきたのは次回の話♪

なにはともあれ、ボトルはどうしようね……。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする