サイクリング中に起こりうるトラブル、想定していますか?

サイクリングをしていれば必ず起きるのは走行中のトラブル。もしそれが、利根川サイクリングロードだったりしたら、途方に暮れてしまう。

出発前に自転車点検をすることでトラブルを減らすことは可能だ。

サイクリング前に確認したい3つのこと!ABCと覚えよう♪
サイクリング前に確認したい3つのこと!ABCと覚えよう♪
薫風の中、新緑を抜けてサイクリングをしたくなる陽気だ!さぁ出発だ!と流行る気持ちを抑えて必ず出発前に点検したいポイントが3つある。それが出発...

 

しかし、すべてのトラブルを想定しておくことはできない。そこで、常に想定しておきたいトラブルがいくつかある。

 

スポンサーリンク

想定しているトラブルその1:パンク

まあ、出先でパンクにあったら走れません。パンク修理は確実にできるようになりたいし、そのための工具なども携帯しておきたい。

IMG 2319 

↑チューブをPanaracerにしてから明らかにパンクしやすくなった(^_^;)軽量チューブも考えものだ。

 

想定しているトラブルその2:チェーン落ち

カスタマイズしているミニベロに多い。チェーン落ちしやすいのだ。まあ、すぐに気づくので、ヒョイと治してしまえる。

IMG 2902 

↑あーあ、チェーン落ちてハマったよ

チェーン落ちなんて当然想定内。カバンから軍手を取り出して、カチャカチャッとチェーンをリングにかけていく。こういうことをサッとできてこそ、経験値のあるサイクリストですよ、ムフフ

 

IMG 2899 

↑軍手を用意していれば手を汚さずに元に戻せる

 

想定しているトラブルその3:ネジが緩む

ネジが緩む。意外と起こりうるトラブルなんですよ。とくに折りたたみ箇所の近くが緩みやすい。携帯用工具は持っておきたいところ!

 

↑ こんな感じの工具があると安心♪

 

想定しているトラブルその4:その他

交通事故はさておき、その他どうなるかわからない。バイクトラブルだけでなく熱中症などの自身にもトラブルが発生しうる。そういった場合に備えていつでも離脱できるように準備しておきたい。輪行バッグがあればいつでもリタイヤできる。

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。もしも交通事故にあってしまったら??それはまた別の機会につづく。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. yuki fujimoto より:

    こんにちは

    とある自転車屋ですが、最近パナレーサーのチューブは不良品が多く10本に9本は不良品で、亀裂が入っていたり、髪の毛ほどの切れ目が入っているものが、、、
    すべてタイヤ交換後少し立ったらパンクします。
    こちらでもパナレーサーに問い合わせ中です。
    最近のロットはよくないのかもしれません。

    軽量化チューブに限らず、パナレーサーのチューブすべてです。肉厚のパンクしにくいチューブも同じ原因でパンクしましたし、、、

    今は他のメーカーのチューブを使うのが良いかと思います。

    あとは、リムテープが原因の場合もありますので、交換するのもおすすめです。

    参考にしてください。

    • Kei より:

      yuki fujimotoさん

      コメントいただきありがとうございます!
      パナレーサー品質が悪いんですかね。。。私は2本ほどダメにしたのでこれからはschwalbeにしようと思います。安定していますし♪
      リムテープ交換も検討してみたいと思います。実は購入したまま交換していませんw