DAHON Speed Pro TTの復活か!?2017年モデルでDAHON Speed D30というソックリ発見!

DAHON史上の最速モデルはDAHON Speed Pro TTだった。60km/hくらいで走行することもできるクレイジーな折りたたみ自転車だった。

【DAHON Speed Pro TTの想い出】折り畳み自転車DAHONを選ぶ理由
【DAHON Speed Pro TTの想い出】折り畳み自転車DAHONを選ぶ理由
初めて購入した折り畳み自転車はDAHON Speed Pro TT (通称スピプロ)。スピプロをなぜ購入したか、きっとこれを読めば折り畳み自...

2010年モデルを最後に廃盤となり、2011年モデルにはVectorとなった。そしてternのVergeシリーズに受け継がれていった。

その最速折りたたみ自転車が2017年モデルで帰ってくる!!

 

その名もDAHON Speed D30


Dahon speed d30

 

スポンサーリンク

DAHON Speed D30とは?

ほとんどSpeed Pro TTのDNAを受け継いでいる感じ。ざっとスペックのポイントをあげると

  • Speedというだけあって直線的なフレーム
  • SRAM Dual Driveを利用した後輪内装型の3段ギア
  • リアDだけはUltegraで、後はTiagraベース
  • STIなのに謎のVブレーキ仕様

 

順番に見ていこう。

 

DAHON Speed D30のフレームはアルミ?

実は、インターネットを30分以上さまよってもフレーム材質がわからない。Speed Pro TTの後継ならアルミだが、Speedならクロモリである。この辺りは正式リリース待ちか?これと合わせて総重量も不明である。

 

DAHON Speed D30とSRAM Dual Drive

後輪のハブに内装された3段ギアがある。これがSRAM Dual Drive。1.36倍、つまり53*1.36=72T相当のフロントに匹敵する重いギアにすることができる。

このギア比によって、折りたたみ自転車とは思えない高速巡航が可能だ!ハンドルバランスを崩してあの世に昇天できそうなスピードが出せる。

若い頃はそういう高速にあこがれていましたよw

【DAHON Speed Pro TTの想い出】折り畳み自転車DAHONを選ぶ理由
【DAHON Speed Pro TTの想い出】折り畳み自転車DAHONを選ぶ理由
初めて購入した折り畳み自転車はDAHON Speed Pro TT (通称スピプロ)。スピプロをなぜ購入したか、きっとこれを読めば折り畳み自...

 

しかし、いろいろと難点が……。

  • 後輪からちょっと変わった音がする。
  • 重量が増えてしまって折りたたみの手軽さを失われる。
  • メンテナンスにはコツがいる。
  • そもそも後輪にクイックリリースが使えないので15mmのスパナを携帯。
  • 車軸に入れるシャフトが曲がりやすいので、特殊パーツを予備にストックしておく。

などのマイナス点があった。

Dahon speed d30 3

↑SRAM Dual Driveの調整は結構面倒(~_~;)

 

DAHON Speed D30に標準でUltegraだって!?

なぜかリアDだけがUltegraで後はTiagraというのもSpeed Pro TTと同じ。リアDだけですよ!?見せびらかしたいだけですか?よくわからないです。まあ、この意味不明な仕様がDAHON Speed Pro TTの後継ぽいですがw

Dahon speed d30 4

↑リアDだけUltegra。

 

DAHON Speed D30で他に気にしているところ

ちょっと気になるのがフロントにカゴなどをつけるアダプタがある点。これは最終製品版ではなくなるのかな!?Speed Pro TTにカゴとか「ないわ〜」。

後は、フロントホイールのスポークが多いね。DAHON Proなどのホイールで軽量化を測ればよいのに……。と思ってしまう。

Vブレーキ。なぜSTIでVブレーキなのかよくわからない。謎仕様が多いなw

ハンドルはドロップハンドル。Speed Pro TTのようにブルホーンじゃないのは妥当。どちらにしても折りたたみしづらい。

Dahon speed d30 5

↑もしかしてフロントにカゴとかアダプタでつけたりしないですよね!?

 

まとめ

DAHON Speed Pro TTが名前を変えて復活です。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。