自転車通勤をはじめる前に検討したい4つのこと

最近、Tyrell FXで通勤をしている。颯爽と赤い自転車で通勤する姿は格好いい(と信じているおじさんがここにいますw)

自転車通勤をはじめる場合は次の条件を満たしている必要がある。そんなことを4つにまとめてみた。

 

スポンサーリンク

これがないと自転車通勤は厳しい!その1:雨風を防ぐ駐輪場

日本は砂漠ではない。よって雨が降る。自転車が濡れる。朝は晴れていたが、午後から雨ということもある。夕立などもある。駐輪場がなくては雨を防ぐことはできない。

濡れた自転車は錆びる。そしてボロボロになってしまうのだ。

また、風が強ければ自転車は倒れる。駐輪場で風に吹かれてバターーーンと倒れるということも避けたい。

快適な走行性能を維持したいなら雨風を防ぐことだ。

 

IMG 2466 

↑こういう地下駐輪場があれば完璧なのだが……。

 

Thumb IMG 1279 1024

↑地下駐輪場がなくても折りたたみ自転車なら、大丈夫♪(たぶん)。折りたたんでこっそり置いておけば雨風を防ぐことができますよ。

 

これがないと自転車通勤は厳しい!その2:更衣室

まさかスーツ姿で自転車乗るつもりじゃないですよね!?夏場はいうまでもなく、サイクリングは運動なので、かなり汗をかく。

 

汗臭……。

 

と言われてしまわないように、衣服を着替える環境を確保したい。シャワー室があれば最高だが、更衣室(ロッカールーム)がないとかなり厳しい。

更衣室がないなら、トイレで着替えるか、または汗臭いのを(他人に)我慢してもらうか!?

私は、着替える環境がほしい

 

これがないと自転車通勤は厳しい!その3:程よい距離

私の場合は片道10kmくらいの距離である。この10kmにかかる時間がどれくらいか?最近の記録を確認してみた。

  • 4月23日 29分39秒(23.62km/h)
  • 4月25日 28分49秒(21.70km/h)
  • 4月27日 30分40秒(19.93km/h)
  • 4月30日 29分39秒(19.21km/h)

どれもTyrell FXでの記録だが、信号停止の時間もありだいたい30分くらいを要する。時速20kmで走行している感じ。なお、DAHON Curve D7で通勤すると時速16kmくらいになる。よって、折りたたみ自転車で通勤すると時速16〜20kmくらいで走行することになる。

勤務開始時間にもよるが自分は大体こんな感じ。

通勤時間30分

さらに

  1. ハァ〜と休憩する時間が10分
  2. のんびり着替える時間が10分
  3. 余裕をみて、もう10分w

結局のところ、合計通勤時間は60分となる。都内への通勤だとすると、これ以上速い時速で通勤するのは難しいはず。信号ばかりでロードバイクでもスピードを出し続けることは難しいからだ。

時速20km、追加の30分を加えると、ざっとこんな計算になる。

10km 60分の通勤時間

15km 75分の通勤時間

20km 90分の通勤時間

25km 100分以上の通勤時間

なお、パンクしたので遅刻!というのは避けたい。焦って交通事故というのも避けたい。そうすると、ゆとりある朝のスケジュールが求められるはず。妥当な通勤距離は20kmが限界ではないだろうか?

 

これがないと自転車通勤は厳しい!その4:安全なルートか

車で走っていると気づかない危険な道がある。飛び出しが多い道、車線が狭い道。千葉県に限定して話をすると

  • 千葉街道(国道14号)
  • 木下街道(県道59号)
  • 湾岸道路(国道357号)
  • 市川松戸線(県道1号)
  • 成田街道(国道296号)
  • 国道464号、松戸〜鎌ヶ谷市内

などは絶望的な道である。

家から職場までまっすぐにサイクリングロードがあるなら心配はないが、そういう恵まれた人は少ないだろう。

日曜日に一度走ってみよう♪

というアドバイスをする人がいるが、平日と休日では交通量が全く違う!!!平日に休暇をとって通勤経路を確認したいw

 

まとめ

通勤に自転車を使うなら以上4点を確認しよう。

  • 駐輪場
  • 更衣室
  • 距離
  • 安全

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。通勤では必ず輪行バッグを持ちましょう。何かあったときに荷物にして電車で帰宅することが可能です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする