ついにdahondego.comの最終回!?DAHON Curve D7がご臨終か?その2

度重なるDAHON Curve D7の(乱暴な)利用で、ついに素人メンテナンスではうまく修復できなくなってしまった。これはフレームが曲がってしまったか?ブログ終了かもしれない??

ということで前回の続きです。

ついにdahondego.comの最終回!?DAHON Curve D7がご臨終か?その1
ついにdahondego.comの最終回!?DAHON Curve D7がご臨終か?その1
DAHON Curve D7をフラットハンドルに替えてからも、実に様々な局面で利用をしてきた。 ちょっとコンビニに行くためにもサッと。 「今...

 

スポンサーリンク

あらすじ

DAHON Curve D7の変速がうまくいかなくなってしまった。

リアDを調整しなおしてもダメ

ワイヤー交換してもダメ

落ち着いてやり直してもダメ

フレーム曲がっているかも?ゲームオーバー?

さあ、どうする???

 

プロを頼るしかない、街の自転車屋さん「believe」へ

もう素人メンテナンスの限界を超えている。ということで、向かう先は街の自転車屋さん「believe」です。

ここまでの経緯を伝えると……

 

「確かに曲がっている感じですねー。でも、フレーム曲がっているというより、リアDが曲がっている感じです♪

 

このときキラ〜ンという素敵な音が聞こえた気がした。

早速、リアDを交換してみる。

そうすると……、


今までのトラブルが嘘のようにスパスパと変速が決まる!!

 

あああ、DAHON Curve D7の復活です!

IMG 2040 

↑プーリーを固定しているパーツが曲がっている

 

今回の事件を振り返って

DAHON Curve D7はコンパクトであることが魅力である。そのコンパクトさをいかして実に輪行がしやすい。

しかし、輪行が多いということはダメージがいきやすい。なんとかディレーラーハンガー搭載モデルにできないだろうか?

DAHON(アキボウモデル)において、アルミフレームなのにディレーラーハンガーなしは

Mist

↑mist

 

Route

↑route

 

Curve

↑Curve

 

の下位モデル3つに限定される。一つ上位のHORIZEだと

Horize

↑ちゃんとハンガー搭載モデルとなる。

(写真はいずれもアキボウより)

 

IMG 2037 

↑Tyrell FXはリアディレーラーハンガーを取り寄せることができる、安心だ♪

 

安い自転車のときはアルミフレームでもハンガーがない。曲がってしまったらフレーム寿命も終了となる。折りたたみ自転車はぶつけたりして曲がる確率が高いだけに、ぜひともハンガー搭載してほしい。

アキボウさんよろしくお願いします!w

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。もう少しだけblogを続けられそうです。ちなみにリアDはRD-5700(amazon.co.jpリンク)を使用することにしました。

 

コメント

  1. としぼう より:

    原因がディレーラーで良かったですね。
    出費も少なくて一安心ですね。
    Blogも延長決定で一安心です。

  2. Kei より:

    コメントありがとうございます
    新しい自転車を購入する機会を逸した気もしていますw