ついにdahondego.comの最終回!?DAHON Curve D7がご臨終か?その1

DAHON Curve D7をフラットハンドルに替えてからも、実に様々な局面で利用をしてきた。

ちょっとコンビニに行くためにもサッと。

「今日は目的地が遠いなぁ〜」というときは最寄駅からサイクリングするために輪行したり。

行きは雨だけど、帰りは晴れ予報、なんていうときも輪行して行きだけ電車。

などなど、これだけ様々な利用をしていると避けられなかったのが、

 

不慮に自転車を倒してしまう

 

自転車転倒するときは右側、つまりリアDがあるほうに倒れてしまうことが多いんですよ〜涙

で、何度かこういうことを繰り返しているうちに

 

変速の調子が悪い(-_-#)

 

ということになり、メンテナンスを始めた。まさか、大事件であることに気づかずに……。

 

スポンサーリンク

最初にしたこと:リアDの変速調整

リアDの変速調整をした。調整ボルトをクルクルと回して調整をする。私はこれが苦手でいつも膨大な時間をかけてしまう涙

IMG 2031 

↑このボルトをクルクルと回したり、ネジを締めたりする。

 

【参考】【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】リアDの調整に4時間かけてやったことをまとめてみたw

【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】リアDの調整に4時間かけてやったことをまとめてみたw
【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】リアDの調整に4時間かけてやったことをまとめてみたw
どうも変速の調子が悪い。 走行中にカチャとギアを変えると、ガッチャンとギアが変わったり、ガチャガチャガチャ#!@$%^?!とチェーンが悲鳴を...

 

しかし、やっぱりうまく変速しない。

 

次にワイヤー交換をしてみた。

次に、ワイヤー交換をしてみた。

インナーアウター両方ともワイヤー交換をした。

IMG 2004 

↑ワイヤーの張り直し

 

それでも、やっぱりうまくいかない。もしやこれは最悪の展開!?……いやいやそんなことはない。

 

1日落ち着いてもう一度やりなおしてみた

根詰めてしていると、冷静さを失い、見えるべき物が見えないことってありますよね?だから、落ち着いて次の日にやり直してみた。

ぐっすり寝て、コーヒー飲んで再挑戦。

.

..

……

やっぱりダメだ。やはりこれは……リアDの取り付け台座が曲がってしまったかも……。

 

リアDの取り付け台座とは

「リアDの台座?それならディレーラーハンガーを替えればいいじゃん?」

と思う人はDAHONの廉価グレードがわかっていないです。

IMG 2028 

↑なんと、アルミフレームなのにハンガーがない!!!

 

IMG 2035 

↑こちらはTyrell FX、銀色のパーツがディレーラーハンガー

 

先日、Tyrell FXでも同じ問題が起きたが、こちらはハンガーがある。つまり、ハンガー交換で対応可能だ。フレームとリアDの間にリアディレーラーハンガーというパーツが付いているので、倒したりぶつけたりしてもハンガーが曲がるだけで済む。

しかし、DAHON Curve D7の場合はフレームにリアDを直付けをしているので、倒れたりしたときの衝撃をフレームが受ける。フレームが曲がってしまったら、終了だ。

確かに、後方から見ると、リアDが曲がってフレームについている。

 

Omg 

↑ショックすぎて、このときは写真を撮る余裕なし。。。

 

もうこれはプロに頼むしかない。どうなるDAHON Curve D7??これでブログ終了か!?

つづく

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。さようならDAHON Curve D7?

 

コメント

  1. としぼう より:

    ぼくのファルコもハンガー無し!!
    まだ転倒はないけど曲がったらピンチ!!

  2. Kei より:

    コメントありがとうございます。
    speed falcoの場合はクロモリフレーム、アルミと比べて曲げることがしやすいので大丈夫ですよ。たぶん。

  3. としぼう より:

    そう言われればファルコもボードウォークもクロモリのダホンはハンガーありませんね。
    管理人さんのマシーンが気になります。