勇気をだして使ってみよう自転車のSPDペダルSHIMANO PD-A600導入レポート

自転車のペダルと足を固定する。つまり、ペダルから足が離れないようにする。そうすることでスピードアップ!♪

自転車乗りの間では普通のことだが、世間では「勇気のいること」だと思う。

勇気をだしてペダルと足をくっつけてみよう。

スポンサーリンク

SPDペダルとは

ペダルと足をくっつけるには専用の靴と専用のペダルが必要だ。その規格もたくさんあるが、その中で最も有名なもの=SPDペダルである。

SHIMANOがMTB用に開発したペダルだが、手軽に導入できることもあり、もっとも普及していると思う。

↑SPDペダルは専用シューズと併用するとペダルと靴がくっつきます(写真はシマノ公式サイトより)

DSC 7242

↑SPDシューズの例、Mavic

DSC 7244

↑靴底にクリップする金属が付いている

なお、似たようなものにSPD-SLというものがあるが、おなじSHIMANOでも別規格。

SPDペダルの種類

基本的にはSHIMANOから発売されているが、街乗り向きは次の3種類が有名かな!?

↑PD-A520

105グレードで、実売4,000円くらいの格安だが実は2番目に軽いモデル。おすすめ♪

↑PD-A530

こちらも105グレード。片面がフラットペダルで普通のスニーカーでも踏めるようになっている。

オススメしないw 別にフラットじゃなくても問題なくスニーカーで踏めるからw

↑PD-A600

Ultegraグレードで、高級感あり。最軽量モデル285gくらいだ!7000円くらいする高級品。

ここ5年くらいA520を使用してきたが、ついに今回モデルチェンジしてA600を購入することにした。

PD-A600の導入レポート

多くのサイトでレビューされている通り、傷だらけになる。すぐに塗装が剥げてしまった。 しかし、気にしないことにしている。

DSC 7233

↑ご覧のように傷だらけ。

ずっとSPDペダルを利用してきたので、足が固定されるのが怖いとかそういうことはない。ぶっちゃけ

PD-A520と差を感じないw

30g軽い上位モデルを持っている満足感があるということにしておこうw

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。久しぶりに立ちゴケをしました。バランス崩して右側に。怖かった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. LossCut より:

    初めまして、いつも楽しくblogを読ませていただいております、LossCutと申します。
    今、クロスバイクに乗っており、一回あたりの距離も延びてきたので、ビンディングペダルへの交換を考えています。
    立ちゴケが怖いので、街中はスニーカーで走り、サイクリングロードに入ってからビンディングシューズに履き替えようと思っていますが、PDA-520ならスニーカーでも問題なく走れますか?
    サイクリングロードまでの距離は片道15km程度です。
    お手空きの時に教えていただけると、幸甚です。

    • Kei より:

      LossCut様
      いつも当ブログを閲覧していただいているとのこと、誠にありがとうございます。
      ご質問の件ですが、スニーカーでspd特に問題を感じません。
      ただしクリップ箇所の出っ張りが当たってしまい、ソールが薄い靴だと足裏が痛いかもしれません。

      まあ究極的なことを言えばトライアンドエラーw

      • LossCut より:

        早速のご回答、有難うございます。

        まあ、使っているうちに慣れていくでしょうし、近いうちに購入しようと思います。

        お忙しいところ、有難うございました。
        これからも、blogを楽しみにしています。

        • Kei より:

          ブログ拝見しました。江戸川CRでオレンジのバイクをみたら声かけますw(コメントができなかったので。。。)
          PD-A520の使用レポート楽しみにしていますよ♪