極寒の冬日にサイクリングを続けるときに必要な3つの注意点

今日はついに東京地方でも冬日(マイナス気温)を観測した。今朝のサイクリングで、手元の表示はマイナス3度だった……。

 

マイナス3度って……、人がサイクリングする気温じゃないですよね(~_~;)!?

 

しかも、この寒さはまだ続くらしい……涙 例えば、こんな絶望的な予報が出ている。

 

tenki.jp-captured01.png http://www.tenki.jp/forecaster/diary/t_yoshida/2016/01/13/37571-summary.html

 

こんな日にサイクリングするのはドロイドか私のようなヘンタイサイクリストですよ。そこで、サイクリストが考える防寒について書いてみた。

 

スポンサーリンク

1. 装備は耳と手と足を考えよう!

出発前に考えることは、冷えやすい3箇所を対策をしよう。

IMG 1338

↑耳は帽子でカバーする。

 

IMG 1339

↑手は手袋。それも二重にすると調整も出来て良いです。

 

手袋選びについては次の記事も参考にしてほしい。

【参考】冬のサイクリングに欠かせないグローブを選ぶときに注意するたった1つのこと

冬のサイクリングに欠かせないグローブを選ぶときに注意するたった1つのこと
冬のサイクリングに欠かせないグローブを選ぶときに注意するたった1つのこと
いよいよ冬の到来となった。朝サイクリングでは白い息で霜も降りている。 防寒グッズとして是非揃えたい自転車専用グローブ。試着をしたりam...

 

足は……あきらめるw 靴下を2枚履いても、爪先の寒さは変わらない。足の先にホッカイロをすればよいのだが、それは維持費がかかりすぎる。5本指で分かれている靴下にすれば幾分マシとの情報もあるが……。

どなたか対策があれば教えてください。

 

 2. サイクリング中はスタートでがんばるw

サイクリングのスタートでけっこうがんばってペダルを踏んでみよう。

 

最初の1km=「こんな日にサイクリングするんじゃなかった」と後悔する

2km=「もう本当に寒い!」と泣きたくなる

3km=「もう、どうにでもなれ」と自暴自棄

4km=「お、寒くない!?」

 

このように、寒さに体が慣れるのか、運動で体が温まるのか、辛いのは最初だけだ!!!(爪先は除く)


3. ゴールでコーヒーを飲もう。

IMG 1341

↑一杯のコーヒーが体を温めてくれますよ♪

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。暖冬と言ってもいよいよ冬本番。寒さに負けず、サイクリングがんばりましょうw

モンベル(mont-bell) ジオラインLWインナーグローブ ブラック L 1107503

スポンサーリンク

シェアする

フォローする