DAHON Curve D7のために新しいタイヤKenda K-west 32-305を購入した!【その1購入編】

最近はもっぱら輪行サイクリングの記事が多かった。確かに輪行は自転車の可能性を広げてくれる。

しかし、今回は私たちが大好きなカスタマイズの話だ!購入したのは……、

 

タイヤ!

 

20151213 DSC 6224

↑Kenda K-west 32-305

 

スポンサーリンク

Kenda K-westとは

実は、K-westは標準で搭載されているタイヤだ。大してよくもわからず「どうせ標準のタイヤ」みたいな偏見を抱いていたw 印象は決してよくはなかったが、のらぼうさんのブログを拝見してからフツフツと興味が湧いていた。

 

【参考】Dahon Curve D7のタイヤをKenda Kwest 16×1.25に変更した話

Dahon Curve D7のタイヤをKenda Kwest 16×1.25に変更した話 – のらぼうブログ

 

同じK-westでも幅32mmと細いバージョンである。標準は40mmと太めなのだ。

 

これまで利用した16インチタイヤをざっくりとまとめてみた

今まで、DAHON Curve D7では様々なタイヤを利用してきた。16インチで使えるタイヤほぼ全てと言っても良い!

↓に今まで利用した16インチタイヤの変遷をまとめてみたよ。

メーカー

製品名

タイヤ幅

重さ

備考

Kenda

K-west

40

356g

Curve D7 標準

Schwalbe

Big Apple

50

402g

安定◎、巡行◎、重い、リアDと干渉、チューブも+30g

Schwalbe

Marathon Racer

40

282g

安定◎

Primo

Comet

35

240g

3,500kmで寿命を迎える涙

Schwalbe

Marathon Racer

40

282g

もう一度。おそらく最良な選択肢

Kenda

K-west

32

210g

今ここ

 

振り返ってみれば、Schwalbe Marathon Racerが最もバランスが良いと思う。程よい太さで荒地もいけるし、転がりもスムーズ。おそらくこのタイヤがベストだろう。

ここでみんなから次のようなツッコミが聞こえてくる。

 

「じゃあ、なんでタイヤ交換するのさ!?」

 

Kenda K-west購入に至るまで

「なんだかんだ言って、Marathon Racerだよね♪」という理性が私にもある。

 

しかし……

 

加速性能が良いはず!!

軽さを追求したい!!

スピード!!!

軽さ!!!

ワァー!

 

と理性はどんどんと失われて、気がついたら人柱になる決心ができていたw

 

20151213 DSC 6231 

↑重さも最軽量209g。ちなみに、もう一つは211gだった。

 

20151213 DSC 6245 

↑幅の実測32mm

 

 「早速試乗してみるぜぃ!」と鼻息荒くしていたが……、

 

20151213 DSC 6220 

↑外は雨だった

 

というわけで、試乗体験レポートにつづく(^_^;)

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。きっと硬い乗り心地でぐんぐんと進むのだろう。