まさかに備えよう!その2:アウターケーブルをテープで固定してみた

まさかのときに備えて、自分が使用している商品のことをしっかり把握しておくことは大事だとおもう。

前回の「まさかに備えよう!」は携帯用ポンプ利用だった。

 

【参考】まさかに備えよう!その1:携帯用空気入れairboneで空気を入れるのはどのくらい大変か?

まさかに備えよう!その1:携帯用空気入れairboneで空気を入れるのはどのくらい大変か?
まさかに備えよう!その1:携帯用空気入れairboneで空気を入れるのはどのくらい大変か?
  まさかのときに備えて、自分が使用している商品のことをしっかり把握しておくことは大事だとおもう。   利根川でパンクしました。雨が降りそ...

 

メンテ不良で走行中に転倒→大怪我となっては後の祭りなのだ!

そういう視点からフレームを見つめていると、新しい問題点が見えてきましたよ。

 

スポンサーリンク

問題点を発見!

まずは、写真を見てほしい。

20151008 DSC 5203

↑アウターケーブルとクランクがスレスレ

 

今にも走行中になんらかの拍子で、ケーブルにクランクを引っかけてしまいそうだ!そうなったら大事故だ……涙 

本来こういう問題は起きない。しかし、フレームとフォークを残して全てをカスタマイズしている自転車だと有りがちな問題だ。メーカーとしては想定外なので、自己責任で管理するしかないのだ。

自己責任が嫌ならカスタマイズをやめることだ爆

 

20151008 DSC 5209

↑テープでぐるぐる固定、黒いフレームに黒テープなので目立ちません。

 

20151008 DSC 5212

↑テープ固定したら、クリアランスをしっかりと確保♪

 

まとめ

転んで怪我をしてからでは遅い。自分の自転車だから、しっかりとメンテナンスをしたいものだ。

今回はクランクのクリアランスを確保

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。決してネタ切れで細かいことを書いているのではありませんよw wiggleからも小包が届きました!

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする