徹底比較!折りたたみ自転車DAHON16インチモデル!Curve D7とPresto SLとEEZZ D3のどれがおすすめ?

DAHONの2016年は16インチモデルが充実している!!!3種類もあるのは久しぶりだ。やっぱり贔屓目に、

 

「DAHON Curve D7が一番だね♪」

 

と言いたいところだが、そのセリフを言う前にしっかりと比較をするべきだな( ̄▽ ̄)

 

スポンサーリンク

2016年DAHON16インチモデルの見た目比較

20150909 12a CurveD7 iv 340s  

↑DAHON Curve D7(dahon.jpより) アイボリーは新色でファイアーレッド、オブシディアンブラックもある

 

 20150909 11a PrestoSL bk 353s

↑DAHON Presto SL

 

20150909 16a EEZZD3 bl 393s

↑DAHON EEZZ D3

 

実物をみていないので、なんとも言えないが、Curve D7は3種類から選べるのは好感度が高い!?

 

2016年DAHON16インチモデルの折りたたみサイズを比較

車種

サイズ

DAHON Curve D7

W73×H60×D34cm

DAHON Presto SL

W75×H60×D31cm

DAHON EEZZ D3

W62×H64×D27cm

折りたたみサイズが小さいことを売りにしている16インチモデル。中でもEEZZ D3はコンパクト。新しい折りたたみ方を採用している効果ですね。

ちなみにBromptonだと

W59×H57×D27cm

とさらに小さい。

【参考】

DAHON Curve D11に乗る私がBROMPTON(ブロンプトン)について妄想してみた

DAHONに乗る私がBROMPTON(ブロンプトン)について妄想してみた
DAHONに乗る私がBROMPTON(ブロンプトン)について妄想してみた
DAHONにばかり乗っている私がBROMPTON(ブロンプトン)を見つめながら、良いところ悪いところを考えてみた。まあ、隣の芝生は青く見える...

 

2016年DAHON16インチモデルの重量を比較

車種

重量

DAHON Curve D7

11.6kg

DAHON Presto SL

8.1kg+ペダル

DAHON EEZZ D3

9.6kg

Presto SLの圧勝!折りたたみ自転車を輪行する場合は軽さこそが大事だ。走行中に100gの差を気にすることはないだろうが、電車ホームで持ち上げて運んでいるときにはズシリと堪えてくる。

Curve D7ではいかに軽量化を図ろうとも、Presto SLには勝てない。

 

【参考】

DAHON Curve D7の新たな改造を考えてわかったDAHON Presto SLの異常な軽さ!

DAHON Curve D7の新たな改造を考えてわかったDAHON Presto SLの異常な軽さ!
DAHON Curve D7の新たな改造を考えてわかったDAHON Presto SLの異常な軽さ!
千葉県1周を途中で挫折してから、DAHON Curve D7に乗れない。トラウマですかね!? 代わりに?分解清掃をしながら次のカスタマイズを...

 

2016年DAHON16インチモデルの走行性能を比較

走行性能比較としてはギア比を比べてみた。

車種

チェーンリング

スプロケ

最大ギア比

ケイデンス90での時速

DAHON Curve D7

52T

11-28T(7速)

4.7

30.2km/h

DAHON Presto SL

53T

13T(シングル)

4.1

26.1km/h

DAHON EEZZ D3

39T

9-13T(3速)

4.3

27.7km/h

7速を有するCurve D7が最も多様性がある。7速であれば、街中の坂道は基本的に登れる。最大ギア比4.7なので、スピードを出すことが可能。

Presto SLはシングルギアなので、坂道が多い局面だと辛いと思われる。車体が軽い分(後述するが8.1kg+ペダル)、加速性能は良さそうだが。多段化することも可能だが、追加費用がかかってしまう。

【参考】

シングルスピード DAHON Presto SL を多段化する 【橋輪Blog】

シングルスピード DAHON Presto SL を多段化する 【橋輪Blog】 : 橋輪

 

EEZZ D3は3速である。スピードには乗りやすいが坂道を登るのは辛そうだ。

 

2016年DAHON16インチ各モデルの特徴

DAHON Curve D7については語り尽くした感があるw ノーマルのままで乗っても楽しいし、カスタマイズをしてSTI装備をすることもできる。

【参考】

DAHON Curve D7とは

DAHON Curve D7とは
DAHON Curve D7とは
DAHON Curve D7とはどんな自転車か? 一言でいえば『7速16インチ折りたたみ自転車。』 もう少し詳しく書いてみると↓な感じ。 ...

 

DAHON Presto SLは憧れの自転車だ。車体重量が軽いのも魅力的だ。ハンドルポストが伸縮できないなどの軽さへの追求も行われている。シングルギアも含めて、いろいろと尖った自転車だといえる。

Capreoを用いて多段化すれば、おそらく最速の16インチとなるはず。

【参考】

DAHON Curve D7を最速にするSHIMANO Capreo(カプレオ)とは?

DAHON Curve D7を最速にするSHIMANO Capreo(カプレオ)とは?
DAHON Curve D7を最速にするSHIMANO Capreo(カプレオ)とは?
DAHON Curve D7をカスタマイズしたDAHON Curve D11は16インチ。ペダルをいくら回しても前に進まない。スピードが出な...

 

DAHON EEZZ D3はコンパクトさが最大の売りだが、そのために拡張性が乏しい。例えば前輪ハブ56mm、後輪ハブ77mmと特殊サイズ。新しい折りたたみ方法のために、カスタマイズはしづらい。専用パーツが多すぎる。よって、この自転車はノーマルのままで乗るほうが楽しめそうだ。

 

2016年DAHON16インチモデルの値段比較

最後は、もっとも大事な値段比較

車種

サイズ

DAHON Curve D7

71,000円

DAHON Presto SL

116,000円

DAHON EEZZ D3

130,000円

相対的に高くなったとはいえ、Curve D7が抜けて安い。差額でかなりのカスタマイズをすることができる。

 

まとめ

軽量化をとことん追求するならDAHON Presto SLがおすすめ!しかし、値段とのバランスを考慮すると、

DAHON Curve D7が一番だね♪

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。16インチ、キュートですよ!