2016年モデルでDAHON Presto SLがパワーアップして復活!

いよいよDAHON 2016年モデルの詳細が明らかになってきた。

今回の注目はやっぱりPresto SLの復活だ。

因縁の自転車だ!!

実を言うと、DAHON Curve D7を購入する直前までDAHON Presto SLを購入するつもりだった。しかし、決断がわずかに遅くて売り切れてしまったのだ涙

 

スポンサーリンク

DAHON Presto SLとは

 

↑30周年記念モデルで復刻してすぐに消えてしまったPresto SL

 

DAHON Curve D7と同じ16インチ(305)の自転車、変速機を備えていないで軽量化とコンパクトに重点を置いているモデル。重さは2013年モデルは8.2kg(ペダルなし)だった。

今回の2016年モデルはさらなる軽量化をはかり8.1kgとなっている!!

もちろん、リアDを装着させるための純正オプションパーツなども従来通り、発売されている。カスタマイズ好きな人にも好かれる自転車だ!

Presto SLがパワーアップして帰ってきたのだ!!!

 

2016年モデルDAHON Presto SLの変更点その1:色

一目見てわかる通り、色が違う。マットブラック。

↑マットブラック 格好いいかどうかは実物をみてみないとなんとも。

 

個人的にはシルバーの30周年記念モデルの色が好きだw(身も蓋もない)ロゴがダサいのか!?w

 

2016年モデルDAHON Presto SLの変更点その2:シートポスト

今回のモデルより上位モデルではシートポストにKCNCの軽量シートポストを使用している。これが軽量化に大きく貢献していると思われる!

カーボンシートポストを止めたのはやっぱりいろいろと問題があったからだろうと推測している。

 

【参考】

DAHON のカーボンシートポストが下がる件【橋輪Blog】

DAHON のカーボンシートポストが下がる件【橋輪Blog】 : 橋輪

 

ただし、そのKCNCシートポストが従来から販売されているものと同じだと、個人的にはちょっと……。

このシートポストは550mmと短いのだ。短いのにシートポストの最低固定の位置が上方についている。よってシートポストを長くして使うことができない。

自分の場合にはシートポストが短くて適切な高さにできなかった。

 

【参考】

DAHON Curve D7のシートポストを比較した結果LiteProを購入した

DAHON Curve D7のシートポストを変更しようと悩んでLitePro製にした話
DAHON Curve D7のシートポストを変更しようと悩んでLitePro製にした話
DAHON Curve D7のシートポストを変更したい。さあどれを選ぼう!?選ぶ基準は次の3つ。 オリジナルより軽い DAHON対応の直径...

 

2016年モデルDAHON Presto SLの変更点その3:お値段

やっぱり最近のDAHONは高いですよね涙 DAHON Presto SLのお値段の推移を見ると

2013年 89,000円

2014年 98,000円

2015年 販売なし

2016年 116,000円

着実に値上げされておりますね……(-_-#)

 

まとめ

  • 色がかわった(前が良かった)
  • シートポストがかわった(短い)
  • 値段が変わった(高くなった)

 

わかっていますよ。すごい羨ましいんです。僻んでいるだけですよw

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。街の自転車屋さん「believe」では試乗車を用意してくれるらしい。行くしかないでしょ! 

【参考】believe report

街の自転車屋さんbelieve・BROMPTONをはじめ折りたたみ自転車、ミニベロ、ロードバイク、自転車修理もお任せください!
浦安の自転車屋「believe」はTYRELLやBROMPTON、DAHONの認定ディーラーです。新車購入からメンテナンスまでお気軽にご用命下さい。

 

【2015年10月28日追記】DAHON Presto SLの試乗レポートを書きました。

注目の軽量小径車DAHON Presto SLの徹底レビューその1:詳細スペック編

注目の軽量小径車DAHON Presto SLの徹底レビューその1:詳細スペック編
注目の軽量小径車DAHON Presto SLの徹底レビューその1:詳細スペック編
DAHONの2016年モデルで目下注目といえば、DAHON Presto SL。16インチの小径車で変速なしだが、わずか8.1kgというその...