【これがあれば素敵な写真!?】サイクリングするときデジカメに欲しい3つの機能

https://farm1.staticflickr.com/592/20418848248_d120b431d3.jpg

サイクリングをしていると写真撮影をしたいと思う状況が必ずある。きっと次にあげるような3つの状況でシャッターを切りたくなるはず。

  1. 太陽光線がキラキラ輝くような素敵な景色を撮影
  2. 電車や鳥などが突然来た時に急いで撮影
  3. 美味しそうな食事が運ばれてきていただきますという直前に撮影

 

 

さて、上記3つの状況を満たすのに必要なカメラ機能はなんだろうか?

 

スポンサーリンク

サイクリングに必要なカメラ機能(その1:ファインダー)

太陽がキラキラ輝くということは逆光撮影になりやすい。カメラ自身の性能が求められることはもちろんだが、液晶画面では眩しくてよく見えない。

そこでファインダーを覗いて撮影することで、構図がみやすくなる。

 

https://farm6.staticflickr.com/5705/20418850678_b20114fcec.jpg

↑こういう状況下での写真はファインダーがないと撮影しづらい

 

サイクリングに必要なカメラ機能(その2:オートフォーカスのスピード)

オートフォーカスとは、シャッターボタンを半押ししてから焦点が合うまでのスピード。これが遅いor不正確だとピンボケ写真となってしまう。オートフォーカスが速い&正確なカメラを選ぼう。

カメラには位相差式(いそうさしき)とコントラスト式という2種類のオートフォーカス方法がある。位相差式は断然速い!

 

https://farm6.staticflickr.com/5786/20418868000_552fb25cab.jpg

↑「山武市」という看板にフォーカスが合っている(^o^)

実は、走りながら撮影した。オートフォーカスが速いのでぶれないで済んでいる。

 

https://farm1.staticflickr.com/695/19985954013_2fc05f9cb1.jpg

↑しかし銚子電鉄はブレ気味(-_-)

慌てて撮影した。カメラ設定をミスした自分が下手くそ。

 

サイクリングに必要なカメラ機能(その3:ISO感度が上げられる高感度okなカメラ)

ISO感度という設定値がカメラにはある。この数値が高ければ高いほどブレにくい。しかし、ザラザラしたノイズがたくさんになってしまう。

一般的には一眼レフ→ミラーレス→コンパクトと小さくなればなるほど、ザラザラになりやすい。

また、新型のほうが、カメラセンサーが新しいのでザラザラになりにくい(画質が良くなりやすい)。

 

https://farm1.staticflickr.com/616/20580577106_9598dcee12.jpg

↑イクラをみてほしい。ザラザラは少ないが手ぶれしてしまった(撮影者が下手)

 

まとめ

  • ファインダーつき
  • 位相差式でオートフォーカス
  • 高感度でザラザラノイズにならない

 

全てを満たすのは当然、一眼レフ。しかし、いうまでもなく重い。どれかは妥協が必要だ。

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。私はNikon 1 V1を利用していることが多いです。(たぶん)つづく

スポンサーリンク

シェアする

フォローする