真夏のサイクリングで熱中症を避けるために水分以外に大事なこと

暑い!これ以外に適切な表現があるのだろうか?というくらいに暑い。

暑い時でもサイクリングをする。だって私たちはクレイジーですからねw 今週も気がつけば100km以上走っていますねw(バカですとも)

走りながら思うことは、水分補給と同時に塩分補給も忘れてはならないということ。

 

↑水だけを飲んでいると血液の体液濃度が薄くなってしまう(大塚製薬さんより)

 

スポンサーリンク

水以外に必要なもの:その1

水だけ飲んでいてはダメである。塩分が必要なのだ。発汗した汗を舐めると塩っぽい味がしませんか?これは汗で塩分も失っている証拠である。

よって塩分補給をするためにタブレットを舐めることにした。

千葉県市川市界隈でいつも興味深いサイクリング&グルメな記事を提供してくださるGibsonさんも推奨されていた。

参考リンク→『自転車で熱中症にならないために

 

DSC 3686

↑こんな感じのもの。効果はイマイチ感じていないw

 

水以外に必要なもの:その2

「タブレットいいですよ〜」と記事にしようと日に、なんと熱中症でダウンしてしまった(-_-#)

前日にお酒を飲みすぎ→睡眠不足になる→炎天下で1時間ほどサイクリング。その後、2時間くらい動けなくなってしまったのは昨日(2015年8月6日)の話。

睡眠こそが最大の熱中症対策!

 

水以外に必要なもの:その3

服装。もう本当にいろいろと嫌だけれど、アームカバーを買ってみた。このアームカバーは体を冷やしてくれるという高級品。たった今、購入したばかりなので、レポートは次回以降w 詳細は、フッフッフッ……。

 

まとめ

  • 水以外に必要なもの=塩分
  • 水以外に必要なもの=なによりも睡眠
  • 水以外に必要なもの=アームカバー!?

 

今日もdahondego.comnにお越しいただきありがとうございます。サイクリング計画もとても大事です。

参考リンク→『熱中症を避けるために夏のサイクリング計画で気をつけるべき意外なこと2つ

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする