超軽量の携帯用空気入れairboneを購入してみた

DSC 3392

今日は、自転車アクセサリの購入報告。軽量マニアがよだれを垂らして喜びそうな話w

 

スポンサーリンク

自転車重量はどのように計測しているのか?

メーカーの公称値はどのように計測しているのか?例えば、Tyrell Fxは8.9kgということになっているが……。

あれってずるい。総重量じゃない。自転車業界の暗黙の了解で?ペダルは重量計測に含まれないことが多い。

それに自転車だけで走ることはできない。手荷物21点セットをはじめとして、持ち運ぶべきものは多い。

参考リンク→『夏のサイクリングで携帯するべき21の必需品

 

ペダルと手荷物を含めれば2kg以上プラスになるはず。

自転車を袋に収納して、輪行することを想定すれば、手荷物を軽くすることも考えるべきだ!

 

新しく購入した携帯ポンプairbone!

そこで、手荷物を少しでも軽くしようと、軽量携帯ポンプを購入した。商品名はairbone!!!

DSC 3402

↑今日まで利用していた Lezyneのポンプ103g

 

DSC 3398

↑airbone 63g

 

差し引きして40gの軽量化を達成した。たかだか40gと思う人はいつまでも手荷物を軽くすることができないであろう。

あれ?写真にフレームに固定するパーツが写っていない?付属はしているが、このコンパクトさなら、他の小物と一緒に袋に入れることができるので、フレームに取り付けないことにした。取り付け台座分も軽量化!♪

 

しかし、このポンプには落とし穴があった。

 

airbone購入の注意点(というか私の失敗)

なんと!airboneは多種類あるーーー!!!

当たり前といえば当たり前だが、airbone 7 seriesだけでも数種類あるようだ。型番でいうと、

  • ZT-702S
  • ZT-702P
  • ZT-702W

末尾のアルファベットはS=Schrader(米式、主にマウンテンバイク用)、P=Presta(仏式、主にロードバイク用)、W=Woods(英式、主にママチャリ用)を意味する。

また、ブラケットもフレームに付けるタイプとハンドルに付けるタイプとあるようだ。

さらに、703シリーズ(大きくて130psiまで対応)、705シリーズ(さらに大きくて160psiまで)などいろいろとあるみたい。

自分が頻繁に利用したいバルブ形状に合わせてポンプを購入するべきだ。アダプタは5gで、かさばってしまう。

完全にバルブ形状無視で購入して失敗した。家にある自転車はフレンチバルブに統一してあるが、購入したポンプはアメリカ式だった涙


webサイトにそんな記述はなかったぞ???(-_-#)

 

ここで、200回ポンピングをしたらxx気圧まで入ったということを記載するのが一般的なレビューだが、どうせ、たくさん入らないのはわかりきっている。高気圧を入れるのは汗かいてタイヘンだからパスw 軽量化を目当てに購入したので、重量を伝えるだけで十分でしょ!?

むしろ、これから購入する人は、バルブ形式を確かめるのが良いと思う。

DSC 3410

↑何はともあれ、携帯用自転車バッグに収納することができそうだ。


携帯用空気入れairbone 7 seriesのまとめ

  • airboneは軽い63g。
  • バルブ形状が決まっているので注意!
  • きっと高気圧を入れるのはタイヘンw

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。パンクしてairboneを使わなくて済むと良いですが……。

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする