噂のDAHON EEZZ D3が見当たらないのはなぜ?

2015年に発売される予定だったDAHON EEZZ D3。私の調べに間違いがなければ、未だに手に入らない。

【2015年8月22日】ぞくぞくと入荷がはじまりました。

 

 

スポンサーリンク

DAHON EEZZとは?

折りたたみ自転車DAHONの将来を託された!?簡単に折りたためる新しいタイプの折りたたみ自転車だ! 16インチタイプのDAHONの中でも異彩を放っている。

 

 

↑今までのDAHONとは違う革新的な?折りたたみ方をする

 

新しい折りたたみ方で鮮烈デビューを飾ったが、ホイールベースが短くて安定しないこと、16インチであること、なによりもシングルギアであることが課題だった。

その走行性能についてはハクセンさんのブログに詳細が報告されている。

参考リンク→『シングルギアのDahonのEEZZで、川口市から赤坂までジテツウしてみた ( ;∀;)

 

このタイプの折りたたみは未だに試作段階なのだ。しかし、DAHONの弱点であるヒンジをゴツくしないでもすむという素敵な利点がある。

DSC 2555

↑ヒンジはDAHONの弱点。ここから故障が発生するし不恰好に目立っている

 

DAHON EEZZ D3とは?

なによりもシングルギアでスピードに乗れないというEEZZの弱点を克服するべく、外装3段を搭載して2015年に衝撃的なデビューをする予定だったのだが、1月頃に発売延期を聞いて以来、今日に至っている(^_^;)

 

DAHON EEZZ D3が発売されないのはなぜか?

公式サイトではなんの通達もないので、全て推測であることをはじめに断っておきたいw

 

理由その1

16インチでホイールベースが短いことで安定味が悪すぎるのかも?そうじゃなくても、ふらつきやすい16インチ。それでいて、ホイールベースが短いと安定味は最悪では?

公式カタログでは121cmとなっている。ちなみに同じ16インチのDAHON Curve D7は140cm。

こんな安定しない自転車販売できるかーーー!!!」と偉い人がいっているのかもね。

 

理由その2

それとも、外装3段ということはチェーンラインが変わるわけで、結果的にチェーンがフレームに干渉してうまく折りたためないとか?折りたたもうとしたら、チェーンが当たるとか!?

 

理由その3

それとも、チェーンラインが極端で走行中にチェーンが落ちすぎるとか???これはミニベロの宿命だけれど、それにしても落ちまくるとか???

内装3段でよいのでは?と思ってしまう。

 

いずれにしても、このまま発売されないで幻となりそうだ。

2016年モデルはツールドフランスが終わった頃から少しずつ発表されて、秋にはだいたいそろう。もう、DAHON EEZZ D3を発売するタイミングを逸しているのだ。今出すなら、2016年モデルとして発売されるだろうw

なお、2015年モデルは2014年9月に発売されていた。

参考リンク→『DAHON Curve D7 2014年モデルと2015年モデルを比べてみた

 

まとめ

  • 未だに発売されていないDAHON EEZZ D3。
  • 折りたたみ方は斬新なのだが……。
  • 走行時のバランス悪い?
  • 折りたたみ時にフレームと干渉?
  • チェーンが落ちすぎる?
  • どちらにしても、このままフェードアウトして2016年。

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。昨日は館山まで輪行サイクリング。やっぱり輪行は楽しい。今日も筋肉痛なしです。

 

【2015年8月14日追記】その後、ぼちぼちと販売店入荷情報が上がっています。

【2015年8月22日追記】橋輪さんのブログでレビューが上がっています。

橋輪 : DAHON EEZZ D3 入荷!【橋輪Blog】 - livedoor Blog(ブログ)

 

【2015年10月18日】DAHON EEZZ D3 2016年モデルに試乗をしました

DAHON EEZZ D3に試乗してみた!

DAHON EEZZ D3に試乗してみた!
DAHON EEZZ D3に試乗してみた!
DAHONの2016年度モデルは16インチが賑やかだ!おなじみのDAHON Curve D7、復活のDAHON Presto SL、そして...