DAHONで行く輪行しないサイクリング【気がつけば利根運河と利根川編】

P1060702

今回は少し感傷的な記事。梅雨の雨が切れた!予報では本日はずっと曇りで久しぶりに雨が降らない。(予報はウソツキ)

こんなwetな日にサイクリングをしたからか、ストレスを抱えすぎているのか、それとも昨晩見た弱虫ペダルの影響か!?

理由は不明だが今日はいてもたってもいられず、サイクリングに出発した。よって感傷的記事になっているのは百も承知。共感を求めているわけではないと開き直ってみたり(強がってみたりw)

梅雨が終わって夏になれば暑さとの戦いになる。梅雨で雨がないときは絶好のサイクリング日和になりやすい!

カメラも手にしていざ出発!!!仕事?そんなものは現実逃避でさようなら!?w

 

スポンサーリンク

準備編:服装

とにかく「ガンガンいこうぜ!」とサイクリングするので、途中で力尽きたら輪行する可能性もある。いろいろなパターンを想定した装備。

 

サイクリングスタート!

江戸川を北上。ペダルをガシガシと踏んでいく!昨晩遅くまでhuluで弱虫ペダルを見ていた影響かもしれないw 気分は時速55km/h。でも実際は27km/hくらいしかでていないのがDAHON Curve D11v2の良いところ(^_^)

参考リンク→『huluで「弱虫ペダル GRANDE ROAD」がはじまったよ!

 

P1060676

↑気がつけば小雨舞う中、流山まで来ていた。

 

江戸川サイクリングロード一部閉鎖

流山橋から高速道路の高架下までの5kmくらいの区間において、サイクリストは土手下を走ることが強制されている。

 

P1060675

↑よくわからない掲示板が出ているだけでは徹底されないと思う(^_^;)

こういう意味不明な規制が何になるのだろうかよくわからない。歩行者と自転車を分けるのはとてもよいことだと思うけれどね。

 

サイクリング再開。いったい人はなぜペダルを踏むのか?そこに道があるからか!?自転車よ、ありがとう!!!みたいな意味不明モードでガンガン進む。

P1060677

 

サイクリングは続く!

利根運河に到着した。これ以上、北上すると戻ってこれなくなってしまう。よって、大人の判断で利根運河にはいる。(本当は松戸くらいで曲がる予定だったw)

 

P1060684

↑利根運河入り口にて

 

利根運河南岸を走り抜ける。

 

P1060688

↑江戸川近くの最初の1kmくらいはオフロード。しかし白線の上だけは舗装されている。ここをバランス良く走ってこそ、一流のDAHON乗りだw

 

P1060690

↑最高の利根運河!

無心にペダルを回していると、数年前、灼熱の中走ったことを思い出す。弱虫ペダルみたいな回想シーンが頭をよぎるのは昨晩の影響だw

あの頃は今よりもずっと若かった。5年前か?それとも6年前か?それとも??? ついこないだの気がするが、ずいぶんと前のこと。DAHON Speed Pro TTに乗って飛行機輪行などをしていたね。

参考リンク→『【DAHON Speed Pro TTの想い出】折り畳み自転車DAHONを選ぶ理由

 

P1060699

↑思わず利根運河終点で写真撮影

 

P1060707

↑利根川でも写真撮影。完全にノスタルジー。

 

P1060719

↑こういう何もないのが利根川だ!!!

 

P1060722

↑ここで利根川離脱。

 

この先を90kmくらい進むと銚子に着くんだよね。今年の夏もあの漁港まで行こう。今年こそは犬吠崎に行きたいな。

参考リンク→『DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【灼熱の銚子編その1】

 

 

 

P1060727↑気がつけば手賀沼。ブルーベリーソフトクリーム美味。

 

さあ、がんばって帰路につこう。走行距離50kmを超えたあたりから意識朦朧としてくる。エネルギー切れなのか?いや、このDAHON Curve D11v2の限界なんだろう。

 

どんなに改造しても16インチでは50kmが限界なのか!?


最後までペダルを回し続けて自宅到着。推定70km走行。今日も仕事で明日も仕事。そんなに走って大丈夫なのか???ストレスって怖いな。

 

 

 

今日もdahondego.comに訪問していただきありがとうございます。こんな無茶な走り方ができるのも輪行バッグをもっていていつでもリタイヤできるという安心感があるからだろう!?