DAHONに乗る私がロードバイクTyrell RXが欲しいけど買わない3つの理由

いきなりだが、ロードバイクが欲しいw

 

別にレースに出場するわけじゃないし、だいたいからして物の扱いは乱暴なので、カーボンなんてナイナイ。

クロモリ(つまり鉄)で軽くて格好良い自転車が欲しいなぁ〜〜〜〜〜〜っと、ずっ〜〜〜〜〜〜と思っている。クロモリの細いフレームに憧れてしまいますよね!?

 

Tyrell RXが欲しい!!!

 

スポンサーリンク

Tyrell RXとは?

Tyrell RXとはミニベロで有名な讃岐(香川県)のメーカー、アイヴエモーション Tyrellが制作したクロモリ自転車だ!!クロモリとは思えない軽量化をはかっていて、DURA-ACEで組み上げれば7.5kgを切ることもできるらしい!!!!!

台湾製、中国製が当たり前にあるこの時代において、なんと日本製!!!

 

すごいぞTyrell!!!

 

さっそくgoogle先生に聞いてみて、物欲を高めていく。京都の自転車屋さんが上位にヒットする。

参考リンク↓

TYRELL RX フレームセットが入荷しております~

TYRELL RX +9000DURAACE オリジナル完成車

 

ご存知カドワキコーティングにより、フレームはさまざまな色で美しいスプレー塗装がされている!

クロモリにしてはフレームが細身ではないのが残念だが、それでも興味がつきることはない!

色はやはり、標準の白と赤の組み合わせか!?それとも真っ黒にするか???シルバーも捨て難いよ。

コンポは105でもいいよね!?DURA-ACEはダサい。ULTEGRAもあるねえ。

「ぐふふふふふ。」と、思いは尽きない。でも、待った!!! 購入に一歩踏み切れないのは……。

 

問題点その1

折り畳めない。もちろん輪行はできるけれど、ロードバイクなので嵩張ってしまう。軽いけれど嵩張ると運びづらいのかなあ!?

ロードバイク輪行をしている人の意見を聞いてみたい。

輪行できない(またはし辛い)ということは、走った分だけ戻ってくる必要がある!

 

DSC 2456

DAHON Curve D11v2のコンパクトさは魅力的ですよ。 

 

問題点2:スピード

で、その自慢のスピードをどこで発揮するのか!?街中で飛ばしたら危ないし。

30km/hが限界のDAHON Curve D11v2だが、そのくらいの性能が安全でよいのではないか?

都会では自慢の性能を活かすチャンスがあるのだろうか……

 

問題点3

最大の問題点は値段。フレームだけで200,000円近くかかる。ということはホイール、ハンドル、タイヤ、コンポ一式で300,000円超えは確実。

我が家の人たちはok!でも、自己規制中。そんなお金がどこにあるのだ!?

 

さあ、困った、う〜〜〜ん(@_@)

(と、悩んでいるのが楽しいんですがw)

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。例に漏れず、20,000km以上もミニベロで走り続けるとロードバイクが欲しくなってくるのも事実ですw

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする